ひとりでいると、いつのまにか
だれかとひとりごとしてる

「ぼくなぁわるいこだけど、ときどきいいこだよぉ~」
「えっとなぁ~ぼく、ねむい!ねるもん!」

その気になってると、ふと、ひとりを気づく



楽天レシピで作る最中わ熱中するけど
いただくときにわ、あまりの量にたんのうしてちょっとだけ
料理って、じぶんのためにつくるものじゃない・・・

アイロンをプロ並みにしてみても
だれがみてくれるの・・・



ひとりで生きることわできる
生きようとしてる限り


このままにこのままだと
どうなるんだろ








 2018_01_28

web拍手 by FC2



好き・・・って思った


IMG_6777.jpg







なんでもない風景のふるさとのよさ
それわ、そのひとしかわからないかも

長い間、ずっといっしょだった
「全てを知ってる」
って、なかなか言えないよね

「よく知ってる」
って、ひかえるよね

だから、いいのかな?
つぎつぎにはじめてのことがうきでてくる







IMG_6789.jpg





知らないとこで
ひとりぼっち

だれもみてくれない
だれにもみられてない

でも、自然にだけわあいたい
あって、ふるさとのじぶんのようにさらけたい



ここには、くうちゃんって白鳥がいるんだよ
十年以上ここにいすんでるよ。
みんなのアイドルだよ


自転車ひっぱってひかれる・・・って思ってたら
白鳥のくうちゃんが
ぜんぜんおそれないそのやさしさ

あっちからちっちゃい水鳥がせっせとこいでくる
どこいくんだろ?
こっちだ!
あらら・・・とおいとこからおいでやす~







IMG_6799.jpg








孤独なとき、
それでもなにかにひかれようとする
なにかをほめたいんだ

ほめたとき
こころがちかづいてくる

なかまだよって








 2018_01_22

web拍手 by FC2

Category: こころ > かなしみ  



たいせつにすること
そっとしてあげたい

わけ、がある
そうね、きっとわたしにもうしろめたいこといっぱい

さばいてわいけない
だって、なんもこうむらないんだから


小室さんにながいことありがとう
おしあわせに


 2018_01_20

web拍手 by FC2




「けんいち」
「え?」

「りゅういち」なのに高校生になるにもかかわらずいつまでも。
おじぃちゃんがつけた最初のぼくのなまえ。変えられちゃったみたい。

けんいちくんだったら、どんなこになってたんだろ?
みんなとなかよくできたかな?
いつもえがおだったかな?

わるさをしないふつうのこどもだったかな?
ふつう・・・。・゚゚・(o_ _)/[壁]









P1230039_201801191906040fa.jpg






山から帰ると、すぐそこに酒ダルがあって、勺でコップに一杯

きゅぅ~~~~~~って、一気
きゃぁ~!うまそ~~~~!

けんいち、呑むか?
(あのぉ・・・高校生ですけど・・・)
うん!(^^)
(おいおい~)

あてわ?・・・
あて・・・

あらら、にぼしをてのひらにのせてぱくぱく
(え~~~?まじ?)
ぁっ!うめぇ~









P1210636_20180119192209034.jpg






「おかぁさんは、たっしゃか?」
「うん」

「がんばったにな」
「いまのほうがしあわせ」

「そか^^」









P1210597.jpg















 2018_01_19

web拍手 by FC2

Category: 日記 > 日記 2018  



自然とかかわるときのしあわせ
真逆な緊張な日々
そこから感情がわきいでるもの

なんにもない
なんにも感動さえない
そこからわなんもうまれないよ

自然からのえなじーが、いま、
いる・・・









P1210374.jpg






 2018_01_19

web拍手 by FC2


十何年になる村です。
一昨年の12月にこんなことがありました。

こんなこと信じられなかった。
だから、すぐに残しました。

三つわよくあること。
四つわ初めてで、でも、二度とないことだって思ってます。




そうね~十年前わ、数値を追っかけてた。
そうじゃないってわかった。
いろんなお友達に出会ったよ。

いまでも、やかましいおひとがいつもそばにいてくれてる。
そのことがうれしいの。
(やかましくってもがまんできる・・・)
えへへ^^。



ぁあ~
めっちゃさみしい気分が何週間も続いたけど、
ひとって、順応するのかな?
時間って解決マンってほんとかも。




生きなきゃ・・・。
かなしくっても。








DSC_0196.jpg

 2018_01_09

web拍手 by FC2




ひとりまたひとりと、ブログ仲間が去ってゆく。
応援が足りなかった。

きっと、大きく存在してたのに・・・。
ごめんね。




P1120200_20180108135141be4.jpg





そうね・・・、哀しみわ哀しみ誘う。
もいっかい、ちゃんとひとつひとつにむきあおっと!

小さな世界しかない。
少ない世界しかない。
それでも後悔しちゃう。

ことばなき毎日。
でも、いいことわしゃべっていいんだよ。
だまってちゃなんもわからない。進まない。
よくもわるくも、それがかかわりやもんね。








P1120198_2018010813534137f.jpg









過ぎ去ってしまったとりかえしのつかない夢。
振り返ってたら、どして大切さがわからなかったんだろ?って。

でも、
でも、だから、今だって、
たったの今だって大切なんだよぉ?

うん。
やさしくなれる突破口がほしい・・・。

いつまでもやんちゃぼうずくん・・・。
しずかすぎるやんちゃぼうずくん。

[竜]_・。)







P1150775.jpg
 














 2018_01_09

web拍手 by FC2

孤独

Category: わら  

ひとりになるかもしれない
こわいの?

なんにもなくなってしまう
あら?最初からなかったじゃない?


ううん、つくりあげた
・・・つくりあげたものわこわれるよ?

まごころがあると信じてたのに、ない、なかったってこと?
あなたのまごころわ、不信からきたおびえ

不信・・・最大にいやなことばだ

ひとって、自由なのよ
自由をじぶんのものって思ってる
そこに入り込むとき、拒絶する

思いやっても?
そう


わかった
じぶんを棄てよう
それでいいんだね?

・・・


 2018_01_03

web拍手 by FC2



あけまして
  おめでとう
    ございます

ご訪問を感謝します。
みなさまのブログ活動が末永く続きますように。

創作がみなさまにとって、そのものが励みになり、
糧となり、こころの葛藤に力を添えますように。



われわれわ・・・、
ささいなことでショックを受けたりもします。
また、だれにも言えないことだって。
あまりにも表現がムズカシクなりすぎ、ややこしがられたり・・・。
いやならいや!って言えばいいのに、ついおひとを思わんばかりに、
つい、本意が通じなかったり・・・。




「善意」ってあるじゃないですか?善意識って言えばいいのかも。
わたしわ、なんとかいいとこみっけをしたい。
からぶりでもいい。静かに感じたことを信じてみたい。

みなさまのブログに対するとき、いつもそう思いながら理解しようとします。
リアルでもそう。
わたしわ、どこかこころに疾患があるのでしょうね。
口が足りないのもあって、真意が伝えにくくってね。
少年時代にのめりこんだ文学が影響してるって感じるときがあります。
ある意味無責任な表現わ「うっとうしいよね」。
ちゃんと文章の規則にのっとって、伝えなきゃいけないよね?

そんなわたしなので、むかつくこといっぱいあると思う。
それでも、『善意』でみててほしい。
なんもへんなことかんがえてないから。そんなかしこくないから。

いろいろあっても、みつめてて。
よろしくです。
ことしも相変わらず一緒にいてくださいね。






 2018_01_03

web拍手 by FC2


こどもに苦しみを抱かせない
おとなって護るひとだから

じぶんの言動に気をつけよう
ちょっとしたことでひとを鬼の鬼にしてしまう

やさしくやさしく
みんなにできればいいな

そしたら、
どんなにかくるしくっても
なんとか生きれる


こどもわ
そんなようすをみてて
どんなにかびんぼうでも
そのなかから
しあわせをみつける達人

ほんのすこしのよろこび、そんな予感さえも
莫大に

どうか、
だれもがすこしでも幸せをかんじることのできる瞬間を
おねがいです

じぶんのことば
じぶんのにこっわ
尊いいのちさえも活かせるだろう

だれもがやさしさにつつまれてほしい
だれものしあわせのために





きみの清らかないのち
きみの疑問をくちゃくちゃにしない
いまから、だれもにやさしくする
だから、やすらかに


ごめんね



 2017_12_26

web拍手 by FC2



01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











励   み

励   み


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.