かくご

Category:  




「わたしの愛を止めないで・・・」

「私の愛の深さ 私の次にわかってるでしょ  なつへの愛は絶対なの」
 




18636932_org_20130308080230.jpg





愛えの不信。
その壁がどれほどなのかわからない。
ひとつひとつを苦悶とかなしみにつつまれながら取り除く。

ひとつひとつの取り壊しのなかでまっさらなおどろきがあり、
そのたびに愛が深まってゆく。

取り除けないものがあったなら・・・。
くじけてひきさがるか。
愛のちからで突破するのか、できるのか?


すがるこころにわたしでなければならないのなら、
このままに闘ってゆこうと思う。

またじぶんに犠牲をしいてでも。











 2018_03_19

web拍手 by FC2

わたし

Category: 日記 > 日記 2018  

なにわだめ、これわだめ、
お願いわだめ、すこし答えるのがおそくなっただけで叱られて・・・。

じゃぁ~わたしわどうすればいいの。
って言えば、泣く。

わたしわだれ?
わたしわなにもの?

どっだけちっぽけなん?
わたしわ、どこ?
  



 2018_03_16

web拍手 by FC2


なつのこと。
なつ、ひとり。

もう、なんもわからないです。
ひとりって、
どんなとき
ひとりってなんで

どこかにいってしまいたい
いまなら、死ねる

さみしい。
どこみてもひとり。

なんで?
どこかにいきたい。
ううん、もういいでしょ?
もういいでしょ?
もう、いいでしょ?

いまなら、死ねる。


うわぁ~~~ってさけびたい。
みんなきらい。

 2018_03_15

web拍手 by FC2

あいたい

Category:  

愛をかんじてたい。
ずっと。

恋のなかでうもれたい。
くるしみわわたしをいっそうくるしめ、なのにあったか。

あなたがわたしのこころのなかにあるということ。
それだけでもすてきなことなのに、ずっと、あなたをみつめていたい。

もう、いくにちも食べ物をいただかないのに、
このうちからの炎わなに?

あなたを思うだけで・・・。









P1170060_20120329184643.jpg





「あいたくてしようがない」
「ぼくもおなじだよ」

「おそくなるけど、いくことできるようにするね?」
「今日中にあえればいいよ?」

「くすっ^^」
「^^」






P1170037.jpg






たくさん泣いて・・・
そのおなじくらいに笑顔して

しだいに深まってゆくおもい
わたしわ、そっと、そのままにみつめてゆきたい









 2018_03_11

web拍手 by FC2


 
もとめゆく描く風景ってどんななの?
なつのいちばん安心できる風景ってどんななの?

どしてそんなにもかなしいの?
どしてくるしむ?

なつが街を歩き下を向いてた
なんにも見なくって目先のアスファルトばかりをつたうの?

なつわなぜ、じぶんのことをかんがえられないの?
なぜ、おひととじぶんをきりはなせないの?
そこまではいりこまなくっていいよ。






P1180522.jpg









なつ、雨が降ってる。
なつの大好きな雨。

言ってごらん?
なんもかんがえんでいいから、そのまんまを。

おもいの以上のことばなんてないことしってるよ。
もうきづかったばかばなしわおやめ?


なつ?雨にぬれよっかぁ?
いっしょにおそとにでよ?

なみだをなみだにさせない雨にとけよう?
着てるものわ、また大好きなお洗濯しよ?
雨にぬれよう。









P1180516.jpg






風さん。
ぼくにわ、そばにいつもいた自然があります。
自然からはなれたら生きられない。

はなれたまんまに時がすぎゆき、
わたしのたったのすがることのできる真実がありません。

ぼくのひとりが、とてもはんだんのできることじゃないことばかりを
ひとりでむかうなんて、。

ぼくにじゆうにおひとをいしきしないで、じぶんかってにおもうようになんて、
あめのなかにまっぱだかになって大の字になって、
もうなにもできないってこころにつぶやきじっと仰向けにたおれてるようなもの。

風さん、そんなでもいっしょにいてくれるんですか?
のたれそうなぼくをそれでもやさしくできますか?









P1180550.jpg










ちゅかれちゃったの。
じぶんにひかりさえもあたえられずにいて、おひとにひかりをあてようなんて、
笑っちゃう。

とざされた扉。
そこにきっと深いわけがる。

じんりきをまさに超えたあるものが必要だ。
そのあるものとわなんだ?

もしも、そのあるものを放棄せざるをえないとしたら?
風さん、ぼくわ、
ひとりでいられない。
いっそ、ひとりでいたいって思うとき、なんにもからいなくなりたいとき。

風さん、ぼくわどうして愛に飢えてるのですか?
どして、愛ってそっぽむいちゃうの?








なつ?
しっかりみつめて?

だれもあなたをひとりになんてしない。
かなしまないで。

いつでもそうしてひとりぼっちとたたかってゆくのよ?
その中にいてでもそれでもおひとのことをなつが愛すことできてるのなら、
あなたわあなたそのものよ?

苦しみとして分類しないでうけとめなさい?
すこしでも一歩半歩15cmのあゆみをするの。

わかる?
いつでも前向きにいなさい?

愛わ、なつをそっぽしてない。
ううん、愛が助けを求めてるのよ。

わかる?
なつ?しっかりして?

もすこし、もすこしだよ。
真実を垣間見るためにも。

なつのおもうようにしなさい?
風わ、、、、信じてるよ。なつの本心。

わたしわ、なつのなかがいごこちいい。










 2018_03_05

web拍手 by FC2




立ち入ってわいけないところがあって
尊重するこころをわたしがもってしまったら
そこで終わってしまう

愛の証?
愛の確信?
どこをさがせばあるの?
どうすればそんなのがあるの?



え?
それ・・・むごいかも






 2018_03_04

web拍手 by FC2


くすっ^^
いつもありがとう。
絶対浮かばれないって思うほど勇気をだした更新でした。

それを大切にしてくださって、うれしいです。
だれもみむきしないだろうなぁって思ってたのに。

ほんの数人のおともだちがここにいて、十分満足なの。
そのうえ、村のみなさまがいてくれてどんなにか助けていただいてることでしょ?
ほんとにありがとう。こころから、感謝させてくださいね。





77168040_org.jpg





 2018_03_03

web拍手 by FC2



んんんんんん・・・・・・
ずっと、なやんでました。

いつまでたってもじぶんじゃないとこでいること。
はじめにじぶんをだしちゃって、それから進んだほうがよかったのかしら?なんてね。

すっごく幻滅かもしれないけど、
でも、こっからはじめます。

よくその顔できざな・・・なんておもってもらっていいですよ。
これからわ、じぶんでいます。






28577302_1782507805378567_5587690493323519838_n.jpg

 2018_03_03

web拍手 by FC2




どうみてるの?
じぶんのものでなくなったぼくみて
おこる?

それがりゅうちゃん?
って

もう、おしゃべりしない
じぶんじゃない世界にかたりかけてるようなもの

もう、なんも話したくない
ここにいるぼくわ
せかいのちがうきもいやつ

肩だいてぎゅってちぢこまりたい
なんでもないふりしたじぶんのかげで

どしてみんなって
そんなにうまく理にもとづきおはなしができてるんだろ?

ぼくにわわからない
どこをどうしてもふつうじゃない

ふつうにしたいってねがってもふつうじゃない
なんであんなにたのしげにおはなしがとんとんぼうしになってるんだろ

なんもはなせない
はなそうとする
はなせば、あまりにばかなことがわかって
すっごく軽視され

それがふつうって知ってて
でも、さみしい

いっそ、なんもおはなししない
なにもおこらないもの

わたしわ、
どこかをみつめて
ひとりのせかいにいることがいいのかも
溶け込もうなんて
もっとふかいとこでできないのよ
きっと
  






 2018_03_01

web拍手 by FC2


なにもないよ。
なぁんにもないよ。

愛がほしい。
めだたないちっちゃなわたしに。

なんにもふかくがわからない。
ただ、生きるというときの
たいせつなものわ?ってじぶんにといただすように。


自然がわたしのまえからいなくなって2ヶ月半に。
わたしわ、ぬけがら。
たったに街をあるくだけで、かなしくなっていばしょがなくて苦しいです。

ちいさな自然わ、いつだってわたしをみかけるとささやいた。
だめだよとか、ここにおいで?とか、
それでいいんだよ?って。




おっきな大自然におあいして
そこで
はずかしさなんてなんもおもってなくて
地に大宙に樹肌にほほをすりつけ
むせびたい

これでいいんですか?って。





どんなにしてもかわれない
  
 





 2018_02_28

web拍手 by FC2



05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)





 

わたしの愛を止めないで▪▪▪




私の愛の深さ
私の次にわかってるでしょ
なつへの愛は絶対なの
















励   み

励   み


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.