2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
万華鏡
ぼくわ、ほんとの愛をみいだしたので、
もとにわかえらない。

なのにここにいるのわ、
恋してるからだ。

その恋からみちびかれるもの、
「じぶんをも愛して」っていうメッセージ。

いつでも「無」にしてしまいそうなきゃしゃなこころわ、
たったの「励まし」によって生きようとする。



恋に生きた。
最終章で、じぶんを律するという異世界に突入し、
そのことが、・・・・・「応えること」ってはじめてしる。

自然に溶け込み、なんにもかもをうけいれてゆくその姿勢に感銘し、
その自然にはだかになる。
まっぱだかになって、「素」「結晶」となる。

それわ、・・・まるで、恋におちたときに似てる。



愛って、「とことん」愛する持続性のなかにこそ発現し、
まっさらな恋がはじまる。

恋とわ、ゆたかなこころの交錯のながれをさし、
ひとこと、ひとことに風景がこころにやさしくなびく。
 
そこに、大自然のさりげないまっさらな風がかおりとともにほほをさする。
その、、、たったの、一瞬こそが、しあわせの結晶。

こころに刻みゆき、
その重なりが生きた意味なの。







だれもいないから、はずかしげもなく、
本心とともになみだしよう。

あったかいなみだに、
そう、うん、『すきだよ』?こんなじぶんも。

あなたが、そこしれぬ愛を発するかぎり。








おくそこに、あるもの


『もう会えないけど
           ・・・』




思い出って、いいね。
つらいことをそっちのけで描いてみる。
信じてもらってることが、しだいに背筋をのばさせて。














しくしくするかも。
そのとき、すこしがんばるときに決まってる。
はいあがるとき。
信じられるということに。


もしも、おとこであってもおんなであっても、
思うことにおなじこころもちならうれしい。

みえなくても、しあわせ祈る。
しあわせなんだって描き想う。



しくしくする。
近すぎて、遠すぎて。

いつまでも、そのときのままなあなたわ、
いつまでもやさしい。

それで十分にいいの。


ちいさな宝箱。
ちいさな魂。

ちいさすぎるでっかい不動のとりで・・・。
活かされてる。






IMG_6481.jpg







『思い出いつの日もきれいすぎて・・・
         だからつらくなるの・・・・・・・・』







ふゆにつぶやく恋のうた

春のまえをして
つらい冬・・・

そのつらさが好きだ!



あなたわ、夢色なあったかさが潜んでて
さも・・・希望として感じて
でも、・・・冬のあったかさに比べると・・・







IMG_6466.jpg






目をつむることが多く
すぐにつむっちゃう

なんでもないのにつむっちゃう
みなければそれですんでしまうから

お耳さえもつむるってこと知った
・・・でも、かなしいこと







IMG_6455.jpg




正直ね?
面とむかってしまえば
よくわかる

冬のあったかさが骨身にしみて
しずかななみだをにじませよう


とてもそんなばかげたこと
思いもしなかった

なんで?
どしてわかってあげられなかったの?








IMG_6454.jpg








よっつの灰色のあしあとならびのつづく風景
いっこいっこにそのつどに
思いをのせて

ときにふりむきそのちょくせんの意味をさぐる
そのときの思いとわ


雪の哀愁わ
とても気づくものじゃなかった

もう、のうりに映し出された陰影にのみ




どこまでもとどかず








天野さんの「さようなら」が流れてきて、こころわ・・・back fire。
眠れない、どこまでもどこまでも、どこまでもどこまでも。
『こころに描いた落書き』わ、その落書きでいっぱいになっていろとりどりに、めがまわりそ。 
 
こころによりそう「愛」があるだけでもしあわせ。
それだけでしあわせ。 
 
ひととして生まれ来て、なにがよかったの?
恋・・・恋だよ。
 
夢、とてつもないでっかいはてしもなく広がり、まだまだ広がりつ。 
 
愛されたことの「事実」わ、起爆質。
愛してくれたひとのために、じぶんわみじめでわいけない。
 
なにもかもが、そのゆえんであって、そのことで戦いがあるのなら、、、ほんまつてんとう。 
 
ぼくわ、あたたかい夢のなか。
そのためなら、じっとこらえることできて、
もっと、その世界にあそぶ。
 
 
 
そっけにした「適当」が傷みをかんじさせ、
それ以上に自虐的になって
「おまえなんて、しんじまえ!」
「ばっかやろう~!」
 
ちゃんと愛してくれてありがとう。
そのことで、一ミリ一ミリって、丁寧にすごすことにした。
 
そのやさしさと、そのいちずと、
そのかなしさと、その残念さ。
 
それを思えば、どんな苦もうけよう。
ごめんなさい。
ごめんなさい。

続きを読む

こころの中








・・・









P1160555
posted by  (C)なつ











なみだわ
かえってきたもの

だからって
そっけにしたらかわいそう

おなじ
おなじ
いつもいっしょ
いつだっていっしょ

わたしのなみだ
 




金曜のわくわく



いつもの「予定」

【土曜日】
髪切り
ヘミング・ミサンガ
業務スーパーにお買い物
淡路島を観に海岸えドライブ
お掃除・模様替え
 

【日曜日】
和歌山城お散歩
ヘミング・ミサンガ
鍋をいただきながらの「ナルト疾風伝」鑑賞
「笑点」鑑賞




鳥取の雪わどうなったかな?
帰りたい・・・






IMG_6408.jpg










あとすこし・・・風待つ「望み」


生きるための生きる術を知ってて
そのうちに、生きてるという感覚をさがし彷徨う

水平線のかすかに見え隠れする希望の有無をさえ
ただの「あえぎ」とたしかめようとしない





知ってた
けど、こんなにもあじけないものだったなんて

ちいさな世界でそこにうずくまりひとりあそびして
ほくそえんでいたかった











by 夏夢









DSC_0282.jpg






希望とわ
うすい望みっていうことなの?
それともまれな望み?







恋の原点
『いつまでもいっしょに・・・』

そんなところから深まってゆく愛
どんな思いがめぐってそんなことばとしてあらわすんだろ?

21歳で覚悟したその思いをたどりつ
恋の軌跡もたどりて





IMG_6448.jpg












いまわ、ただ、
後悔だけわしてほしくない

でも、それわ、
やさしさにたよるしかなく
ただ、精一杯に生きることをみてもらうしかない

恋のその先
リーダーの宿命を背負うことか

清潔な愛をひもといてゆくにわ
生活に圧せられすぎた

このにごり、いつ解き放とうか

 






焦点


恋わいつでも命がけ。
でなきゃ、だれもほれない。

あなたを真っ先に・・・。
それが恋。

護りたい。
もっと、思うようにしてあげたい。










IMG_6400.jpg








ちいさなじぶんかってなしあわせおもい。
それがどこまでつうじるというの?

でも、それでも・・・。
 
・・・ちょっぴり、愛してることが通じてて・・・って
過信?



いいの
それわ、いつか判明する

そしてじぶんにも
本心のばろめーたの針さきとわ









IMG_6405.jpg







いつでもいのちがけ・・・
そのことを全うできたなら
きっと、それがそのことがしあわせにちがいない
なによりも

おとこって恋、愛に生きるものなのね?
 














笑顔描いて


たぶん、絶対まちがってないもの
こころにだれかの笑顔をたもつこと






16388063_1641873629441986_7233381373683212632_n.jpg







編み物 縫い物 ござづくり 
リース 生け花 お料理

そこにだれかのお顔
そんなふうに無我夢中になるの好き

てばなしでよろこんでくれるの夢に








P1210313
posted by  (C)なつ




くすっ^^
いたずらぼーやです

いつまでたっても







時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示