P1220872.jpg








ほんとわしあわせだよ
なにが?
愛されてること・・・

だからこそ、もがくのさ
もがいてもがいて
ないてないてないて・・・

おっつけない・・・
ちっちゃいじぶん



それでも
愛してくれて・・・

なんで?
なんで?
・・・なんで?

いちばんかなしいって思った
こんなやつ!って
じぶん、みんなを思う
ごめんね
でも、じぶんよがりで生きてない
それだけわかってて

















P1220882.jpg











ずっと、・・・しにばしょえらび
生きてることよりも
みんなのしあわせ空想

そこまできたか?・・・
なつ・・・
力なき弱気なやんちゃぼうずさん













P1220879.jpg













きこ?
やさしい歌

すこしでもふんばる・・・ふんばる気持ちをたずさえるために
勇気をくれ
前方仰角15度をにらみつけるための
どんなことだってふてぶてしく打ち砕くこころに
わたしをいざなえ











P1220869.jpg












やさしさわ
わたしをむくちにさせ
わたしを孤立させる

わたしさえ
わたしをなくせばみんなわ生きられる

じぶんをころし・・・
信じがたい堪忍をうけいれる

愛に愛でこたえる
精一杯のわたしより
なんにもしらないみんなえ











やさしい歌を聴こう
わたしのかたちもなんもないメッセージ
つよくつよく発しながら

つい、、、、、、、、、、
でることばって
ごめんねばっかしやん。。。。
ごめんね











 2015_11_04

web拍手 by FC2



だけが、すいてくれる
だけが、わたしのいのち

しぼりだすようなちいさなちから・・・
おしころすちから・・・

あなたえ







 2015_10_22

web拍手 by FC2

Category: わら  


わたしわ・・・おさないまま
まもられてばかりでなのにわがまま


かなしくどんぞこの景色をこどもに見せないほうがいい
そこの底わもうないと思わせてしまわないほうがい

雪道の待避所でおもいっきり急ハンドル急ブレーキかけて
そのすべりぐあいがリミットって確認しないほうがいい

いつまでもいつまでも
この先がどうなるのか「こわい」って思う程度がいい



わたしわ、こわいものがない
・・・そのことがこわい









P1220785.jpg





やっとお休みになってたのしひとときを
結婚記念日を・・・

そんな緊張のときにかぎってこころたかぶり
微妙なかよわさをたずさえてて
ひょんなことでそれがまさつする


真逆にじぶんじしんをさえきずつけ・・・
ふきあげてくるくるしみな自制の念わなみだとしてだけ現る

おもいの先と
めのまえの現象

どこかでなにかが狂ってる
いろんなことがいっぱいかさなって

わたしわたくさんいいことばかりをおもいうかべることを始めよう











P1220783.jpg






ごめんね
って言えたら・・・







P1220782.jpg







お散歩とお墓参り
そのときがチャンス

さぁまたはじめよう
けつだんのあとで







 2015_09_23

web拍手 by FC2






雨がつぶやき
ピアノがやさしく触れる

そこにいたいだけ







P1220736.jpg






気づいたの
ことばにしなくなったはじめに


そのつらぬくように不動なひとみ
不安・・・って感じた

みえるということの傲慢
みえないということの不安

わたしのなかでの葛藤わ
きみのひとみがそうさせた


そのときからわたしわ
あまり話さなくなってた






P1220732.jpg






不安わことば多くを発するって思ってた
そのこわさからしずかにじぶんえかえること
沈黙わ不安がってないみせかけ・・・
でも、・・・そばに不安をのこしたままに






P1220724.jpg







雨のつぶやきに耳そばだててみる
なみだに似たオトがする

発するものを感じるということが安心・・・なら
たったの笑顔でさえも?


なみだの先の安心?
それ、hope?







P1220725.jpg










もう、いっぱいの複雑が魂までも疲労させてるし
なのにのがれられないし

「よくもちこたえてるね^^」
きみわわたしをみつめてる











 2015_09_01

web拍手 by FC2







いっぱいわからない。
でも、一般常識にもつかれちゃった。

なんだろ?
そのめっちゃ一般。

そこにしあわせのひけつがあるにちがいない。



P1220496.jpg





車でとおりすがりに
にこってしながらバイバイ

・・・なんなんだ
その生きてることにすなおにできるわけ

なんだかわたしのこと
すっかりみきってるかのようじゃない?


あぁ・・・
いっぱいそれ以上にお手手振ってみたい




P1220489.jpg




どこまでが恋で・・・
そんなのどうでもいい

愛されることの
・・・そのふしぎ・・・

そんなのおさないころにわなかったこと
わたしのだいっきらいな血液型が
もっともわたしを護る・・・
それ・・・







P1220479.jpg




やさしくあれ
なつ?

そしたら、
絶対しあわせ!

しあわせでいていいんだ
こわがらなくっていい


しあわせをしらないからって
これからのしあわせまで信じなくなってわいけない










P1220488.jpg






 2015_06_05

web拍手 by FC2

Category: わら  

喧嘩になりそうになったとき
ふいにわたしのうしろから弾丸のように飛び出した人

・・・相手にとびかかって
・・・威圧した

考えてる間の一瞬のできごとだった
わたしわだれだろ?





 2015_02_17

web拍手 by FC2

愛の表現

Category: わら  




愛は心に描いた落書きさ


天野 滋さん














歌にある情景わ
いつも恋
いつでもあなたがいて
そこにひきこまれてゆく

過去?
時間?
ううん、そのとき

その空間の切り取られた
限定されたおぼろな風景

何百年も以前に描かれた絵画が
生き続けてるように
永遠に生き続ける

それわいたずらでのこした落書きに
こどもに伝える言葉の中をかいして
















愛してるおひとを愛してると言えるということ
沈黙の中の葛藤 愛の代償
護るということ

ゆきつくところの生きた証とわ
愛したひとのみぞ知る

どこかすてきな風景を
そのこころに閃光しておきたいわがまま
一笑に付されたくない・・・
ことばにできないほどにして
そっとなみだぐんでほしい















なにかしら伝えたくて
最もここちよき風景をさがす
そこにあなたにいてもらって


うらめしき無言のことばえらびよ
きっと信じてない証
ことばがどんだけたすけてくれる
・・・ほほえみを知ってほしい

それわ
「きみえ」
めったに・・・でないそれわ
最大の意思表示であり
最大の愛だ

だった、あはは
で、すまさないでくれるきみであってほしい



わら
・・・わら
愛をさずかることのなかったこどもの
すがりの「愛」

どうやって普通ですぎてゆけるのか
あたりまえとして

そんなあたりまえの灯りも知らない
愛され方にぎこちなく混迷す

沈黙にゆだねたかなしみ




 2014_12_07

web拍手 by FC2

ひとりの世界

Category: わら  


いたいところ、きみのそば。
いつだって言えないきもち。

こんど帰ったら言う。
ずっといたいって。
 2014_11_29

web拍手 by FC2




77168118_org_20141103025825d7a.jpg




あなたのすきなものわなに?
あなたのゆきたいとこってどこ?

いっぱい考え込んでしまう
でも、きっと、
あなたわ、わたしのすてきなことをって思ってる








P1210013.jpg







どうしてもすばらしいときをすごさせてあげたい
そのためにわ、いっぱいじぶんをしずめること
それだけ。。。







 2014_11_05

web拍手 by FC2



42615362_2113523965_41large.jpg


6年前のわたしのこどもと
どっかに行っちゃったお散歩好きの「れんげ」

子育てのとき
それわ、人生の長短にかかわらず
最高にしあわせなとき

そのつらさ・・・
たちむかってなをも生きてゆかなければならない

つらさわ
しあわせに
ひれいする







にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ












 2014_10_28

web拍手 by FC2



05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)





 

わたしの愛を止めないで▪▪▪




私の愛の深さ
私の次にわかってるでしょ
なつへの愛は絶対なの
















励   み

励   み


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.