お花の精霊

Category: 日記 > 日記 2014  



大好きなお花がずっと気がかりだった。
数年ほったらかし・・・。

おもいきってこてを手にとった。
その姿を中学にあがる子に見せておきたかった。


母のかたみ。
その名わ、「都忘れ」。


みんなでいっしょに作業。
こころわ、慣れないことに困惑し不安定だった。

口を閉ざした。
なんにもいわないことで、みんなのことばを聞きたかったから。



プランターが15くらいになるかも。
あとわ、だれかにあげるの。

玄関が都忘れの海原に化す。
とても楽しみにしてること。





P1200289.jpg






かすかなしあわせ
びび~っんてひびく

もっと、ことばのあるわたしなら
もっと、みんなしあわせなんだろうな?



いちばん快感に思ってるのに・・・
さみしいね?表現のへたくそって

「キッスしてあげる」
腕を引っ張られて、でも逃げちゃった

やさしさやしあわせに違和感
ごめんね






P1200261.jpg





きっと約束!
今晩、にこっってするの

きっと約束
「ありがとう」って
ひとこと言う

約束








にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

 2014_03_22

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.