2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
狂気
だれもいない
しぶんもいない

感じるのわ苦痛だけ
なにかしらどこからかしら


不安
そのことで
憎しみがわきいでるのわなぜ

愛か憎しみか
とちらかしかないこと

深い憎しみを刻みこまれたこころ
責めるだろう みんなみんな

責めたいのわ
わたしのほう

無言でいることの限界わ
わたしを狂わせ
わたし自身の肌をえぐり
打ちのめし自虐し
それでもまだおしだまるだろう


憎しみを忘却させ
やすらぐ子猫にもどすにわ
みつめる瞳に揺るがぬ愛を感じた時
だけ









絶対に隠し通す
弱くあること
それがわたしのすべ


ひとわ
劣ってるとみらるれば
恥をのけてなら生きられる













ひとり
いちばんこわい

それ
こえたとき
もっとこわい












自然から遠ざかってると
忘れてゆくじぶんさえも











にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示