染まってた でも、抜いた

Category: さりげない風景  



来てくれたね。
ありがとう。
最初の記事、きみのもの。













嘲笑しいよな・・・。こんな恥ずかしい現実、そんな現実味、ときにわいいかも。
言われたとおりにしたはず・・・なのに。
その職員が、軽くぼくに言ってほしかったな。その上の係長クラスに言って、係長クラスのひとが目の色変えてみんなのいる場所で、ぼくにきつく罵倒しました。

父に似てた。鋭い二重のひとみ。整った容姿。かっこいいセンス。
なのに、ひとりよがり。なのに、自信過剰。なのに、さみしい。きっと、だれも怖れてともだちなんていないんだろうな?

職員さん、あなたわ、どういうことなのかを知ってるもんね?
そのあとで、「お時間ありますか?」ってデスクに行くと、うつむいてた。すぐににこやかに時間をさいてくれてぼくについてきた。
にやにやするなよ。あぁたのしたこと、お・ば・か・さ・ん~♪
仔細を記録した。協議内容。←これって、あとでの証拠?いやだな^^;。

居合わせた先輩わ、「あのふたりにわ気をつけたほうがいいよ」「みんなが怖れてる」って、教えてくれた。「気にするな」って・・・。
くすっ^^;~ずっと、ひっかかってるよぉ。

ただ、堂々としてればいい。そこに、誤解があって、でも、そこに、そうある原因がなにかしらあるはず。それわ、ぼ・く。きっとね。
恐縮して素直に謝っててよかった。勝ち・・・。

その日のうちに提出する際、係長級、うつむいてた。ほらぁ・・・。
・・・これで済むと思わないでくださいね?ひとをひとまえで駆逐するということ、その意味をゆっくりと教えてあ・げ・る。

あのひと、言った言わないって論するのを避けたんだろうな。でも、ちゃうやろ?最初に言ってゆくところをまちがえてない?その類のお弱いひと、脳裏から抹消。


「あんた、よく我慢できたね?おとなになったんだね?」
「おいおい^^;;;」



なぁんだ・・・すっきりしちゃった。
たったのそんなことだったの?
さぁ、きょうわ、充実するぞ。すっかりと忘れてね。






web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト

 2011_11_03

web拍手 by FC2



09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











応援してね?


ランキング競争でわないです。
励みになるから。
うれしいって
思うことあると、
あかるくなれそうな
そんなきがするから。

にほんブログ村

応援お願いします


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.