そのままにいたいな?




ほんとのこと言うと
ここのお写真わ、わたしが撮ったものばかり

ハートのイメージ写真を除いて
著作権を意識しない



谷川先生も
ことばを「だれのものでもない」って

発せられたときから
ことばわだれものもの、みたいな

わたしも・・・
そう思う






P1190624_201308231921558a3.jpg







それよりも
しあわせな雰囲気があればいいな?

みんなで本気で笑ってさ
裏がなくてさ
かけひきがなくてさ
おひとのいいとこをみつめてるの

で・・・
いいとこをみつめられたい


こころわ
いつだって傷つきやすく

こころわ
いつだってやさしさに反応するの






P1190676.jpg






辛くしてることわはずかしい
おかしいひとって思われてるかのような

かなしみわ哀しい
みじかの愛さえもみのがしてるかのように



おひとを
褒めたり「あげ」たりしちゃだめ?

なんで?
おひとわ・・・こわい

「おとす」ことで保身しようとする
そんなめんどくさいこと・・・







P1190620.jpg






おひさでpiano曲聴いてます
やっと、苦しすぎるときだからかな?

おもってくれてるみんなに
ごめんね



おともだちができたよ^^
まっすぐな柔道家でさ
裏表がないの

すっごく心丈夫
お知らせね^^







関連記事
スポンサーサイト

 2013_08_23

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.