2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
自然のお顔~バロメーター


ここに、いるのが好き
ピアノ曲をいつだって聴いてて
感じる夏が目の前にあって・・・

ここにいるときが好き
子供のように素直で正直で
哀しみさえも忘却せんとするけなげさ・・・

ナルと言われてもいいの
そこに逃げ込むことでしか
どこにも言い訳のできるとこがないもの


ここが、好き






P1070174
森の静けさ posted by (C)なつ







哀しみわ、きっと、通り過ぎるもの
それわ、哀しいのがじぶんだけじゃないってこと

それに、哀しみって
おひとわ、感じてるもの

だから、平気にしてなきゃ
オトナわ、知ってて分ってて
そのことをみてて、判断して・・・

だから、平気にしてなきゃ









P1070156
夢のあじさい posted by  (C)なつ





^^
ここが好き
こうしてるのが好き

5年前の風と雰囲気がちがっちゃってるけど
でも、
わたしのお部屋に変わりないから


わたしのたったそのまんまがそのまんまだし
・・・そんな空間のあること
そのことだけでも しあわせ。。。






8779373_org.jpg
posted by なつ from mypage蔵Ⅱ





ポッターの「ふしぎちゃん」っているね?
すっごくあこがれてたりして

なんか・・・堂々としてて
魅力にのまれてしまいそうで

なんなんだろうね?
・・・




「そうありたい」
まねなんてできないけど
すっごく、救われるような気がして

じぶんのこと知ってる?・・・
そこのところ?

ナルって言った
言ったけど、じぶんしらないくせに
勝手にじぶんのことナルなんて言えないよね?

やっぱ、じぶんをみとめて
そして、おひとをみとめることのできるわたしになれる


・・・いいとこみっけ
わたし、うまいの

攻撃の場にでくわすと
わたし、弱い
次第にうつむく癖


大手を振って
らららぁ~♪ってにこっってするの好き


笑顔が好きなのかな?
笑顔わ、合わせてることじゃないよ?
まごころからだよ

そんなことありえないって
そういう世界にいると狂いそうなほどさみしいよ



いいの
いつも力いっぱい

それ以上を望めないし
それ以上ってわたしにとって
ウソ・・・きっと





バロメーター;自然のお顔、風景、かおり
わたしが、違ったことすると怒るの

・・・
関連記事
スポンサーサイト
時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示