蝉の声を聴きながら

Category: 自然のなかで  



朝の夜明けが早くなり
自然と一日が短くなるようで寂しい

ながれてるんだぁ・・・
夏がどんどんと遠ざかり

そして心が夏から置いてけぼりになってゆく
この寂しさわ・・・

もう、二度と逢えないという恋人を想うことに似て
そうして、・・・
同じくいつかしら輝くような日々がよみがえってくる


静かに静かに
感じるままに・・・

どんなに現実がままならないとしても
こうした自然のうつりかわりや
ひとの遠近が現実としてあっても

夏の魅力のひとつかしら?
ゆったりとみつめるじぶんがいたりするのわ?





P1180838_20120826120828.jp






なんてすてきな瞬間たちよ
わたしわいつまでも感じたままで
あなたを愛し続けます

たとい
あなたが過ぎ去ったあとであっても
ずっと
あなたを思い続けるよろこびよ


うぅ・・・
そう思っただけで
なにかしら胸の奥のほうで
こみ上げてきてわたしをなみださせようとする


「正直な気持ちを言え」といわれたら
ひとつ、遠ざかれるのわいや・・・

無理にでも愛を感じるのなら別です・・・・


関連記事
スポンサーサイト

 2013_08_03

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.