さよなら 夏

Category: 風と旋律  



 



ずっと、ピアノ曲の中。
一律のひびきに吸い込まれて、
まるでこころとからだが引き離されてゆく。


なのにおたがいの感覚をひもとくような驚きたち。
ここ、わたしのお部屋での奇跡。


夢としての現実と思い込むようないざないのなかで、
わたしわ、恍惚となってゆく。 
 









あと二週間ほどですこしづつにぃにぃ蝉さんの声がfade-outしてゆく
そのあと2週間であぶら蝉さんのかすれ声わ、つくつく法師さんに消されゆき
みんみん蝉さんの一時の張りきりが見えた頃法師さんもいつのまにか居なくなる
忘れかけた頃にみんみん蝉さんの孤独なさえずりを聴くだろう

わたしもしだいに伏せこみ、雪の舞い散る頃まで無感情なひととなる
夏を中心に生きるものにとって、夏の後姿ほど不安なものわない














わたしの風景万億分の一の瞬間
わたしの微音気づけば爆音になりこころ打ち
わたしの風かすかな肌触り母の掌

そのなかに溶け込んでしまう前に
その感触と自然な生き様を伝えたい

なんでもないことなんだよぉって
独りを欲しないかぎり、独りじゃないよぉって

笑顔して恒久のせせらぎになれ
愛につつまれて、それわ、愛をいざなうことだったんだって

・・・だれかにことばとして伝えることでできればいいのに
不安わおひとを不安えと
安心わいっぱいの本筋を押しのいてでも享受しようとする



精一杯・・・
かなしいことば
底辺の処世術・・・

勇気出してそこに笑顔を導き出す
己を棄て正直に

・・・それも、たったのしあわせたち













関連記事
スポンサーサイト

 2012_08_12

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.