あなたのそば

Category: さりげない風景  



風。ちょうどのいま。
風わ、かおり。

つむったときの風。
そよぎを感じるときの風。

でもわかるような気がする、
風のようす。

具体的に科学的に分析してしまえば、
わたしの血わすぅって消えちゃいそうな・・・。



ただ、なにかが訪れ何かが去ってゆくときみたい。
そのひとときを深く拘らないでいるときが好き。
その雰囲気。

そこにきみがいれば、
そのことを 「 ゆめ 」 という。













おっきな夢を描かない。
なんだかちっちゃ過ぎる夢に微笑んでるの。

ううん、ごく自然のなりゆきみたいな、
その自然の動かぬ強さみたいな。


たとえば、きっと、
次第に白む夜明けのよう。
「こうありたいな・・・」
そんな羨望。そんな強さにすがってる気持ち、
好き。











みんな、わたしを笑う。
肌で感じる。なにか異う笑い。

きっと、ふわぁってしたいんだろうな?
おつむの優れないことの特権。わたしにあり。


・・・笑顔ですませることのできること、
ばかりなんだもの・・・。

そうでしょ?
すぅって、風がほほにすぎるときの感触。
気づかないだけなの?それとも・・・。


自然のなかのふんわりでいたいな?










かしげて、
「どしたの?」

言われたい。
でも、言いたい。

じぶんさえ楽だもの。
抜け穴がほしいもの。



その行為がおどけなら、
それでもいい。

さげすまされても?
うん・・・。


苦しいこと、いや。
あとで、
ちゃんと、大自然にご報告します。
なみだでね。
それで、、、すむじゃない?











・・・夢のなかにしか存在しないわたしの自然。
遠く、ずっと、遠く。

なんだか・・・そこであまちゃんしてるじぶん、
見える気がする。

笑顔の源。
?・・・・・・・・。





関連記事
スポンサーサイト

 2012_06_30

web拍手 by FC2



05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.