見上げればひとり

Category: さりげない風景  


う・う・ぅ~♪
う・う・ぅ~♪

愛することと憎み合うことが
隣あわせと気づいてしまう・
・・









恋についていまさら、ちいさなひとつの例えを
ちいさく、もっともらしく吼えることわよそう

恋って例えのない
時とこころと身体のかけひき・・・

それわ・・・ふたりでいるかぎり
飽くまで続きゆき

きっと、最期まで強き愛の真実を
まるでそのままに伝ええないだろう













想いの果てを、存在を不確かにして
なので、ひとわ
語り、ささやき、限度を超えた言暴をあてつける

そのたびにふたりの間で傷つき葛藤し
まるで憎しみにも似た思いの高ぶりをみる

まるで、もっともしあわせな世界に
浮かびそよめき、そのちいさな命さえも
この一時にささげようともする



ながいながい時につつまれて
ふたつの魂のふれあいわ
ある一定の間合いをとりながら
そのことが「愛」っていつまでも信じて













いつか思いの端になんの気づきさえ感じないとき
なんで?
それが、「間合い」の礼儀のしわざとわ

ぶつかれば離れゆき
一寸手前で無口でいることの礼

ここちよくもあれば
命さえも下落させ失墜させ失望させ


時に傷つけようと
思いをぶちかませなければならないときがある

ううん
一歩踏み込んだじぶんえの侵害
そのことが、じぶんを一歩歩ませる因となりうり



いま
次第にそのわだかまりわ
その存在さえも透明色に意識させてしまう












ひとりでいるということ
まさに
抜けた形骸ってつぶやったゃない


ありきたりのやさしさがほしいんじゃない
ありきたりの決まり文句のごあいさつ
ありきたりの・・・なぐさめ


思い知るがいい
ふたつの魂の途切れた瞬間を

畏怖れ、目の前がまっくらになって
なにがなにを、愛ってって・・・

けっして・・・
泣いてるふたりのひとりの涙の前で
笑顔をみせないで

『限度』ってそのひとの
ありふれた苦しみじゃない
そのひとのもの
恋がふたりのものであり
悲しみだけ ひとり・・・?

しにたい










関連記事
スポンサーサイト

 2012_05_27

web拍手 by FC2



09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











応援してね?


ランキング競争でわないです。
励みになるから。
うれしいって
思うことあると、
あかるくなれそうな
そんなきがするから。

にほんブログ村

応援お願いします


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.