FC2ブログ


Category: 日記 > 日記 2018  



DSC03183.jpg










傷・・・それもひとつのロマンなの
ううん、くるしいよ~
でも、~きっと開けるからね
ナイショだよ

どんな辱めあっても
どんな土壇場の瀬戸際のがけっぷちにだって
この苦しみがまさるとすれば、
最高じゃない

あとわ、~悠々としてればいいんじゃない?
どんなことがあってもいいじゃない?~って

ちびっと、いま、この、今が苦しいの
いろんな要素がじぶんにあって、
それぞれにひとつ何かが加算されゆく

どこにそれが現出されゆくのか・・・
きまってるっしょ?










DSC03186.jpg













いつもうつむいてるわぁ
おひとの言ってることもちゃんときけないわぁ

ささえ、生きがい、安堵な一時の予感・・・
そんなもの、一切なくなったんだもの

あるのわ、(うらぎり)
・・・だめね?こんな表現
じぶんを下げちゃう





ふぅ・・・
くるしんだわぁ~
もう、なんも怖れない

わたしに非があるって言ってほしかった
悩まずに済むもの
くるしまないで、じぶんを責めたのに

じぶんだけが決心して
わたしわ?

むしけらかよ
(むしさん、ごめんなさい)








DSC_0515.jpg








早くじぶんとりもどしたい。
よわいものね~こころって。









関連記事
スポンサーサイト

 2019_06_20


web拍手 by FC2



06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.