FC2ブログ


なつのこころと

Category: こころ  

お話をするようになって3か月。ほとんど毎日の日課としてあるかのように。
孤独を感じながらすごす2か月があって、その2~3分だけが「ひと」と接するとき。

どんなお写真ですか?
ブログがあるんですよ。

こんど、自然をさがしにでかけます。
いっしょに行ってもいいですか?


ふみきりのどまんなかでの番号つたえ
その日わお互いがルンルン気分で笑顔笑顔

次の日、朝わたしがお洗濯おそくなっちゃって逢えなかった
どうしてもいつの何時にまちあわせって伝えなきゃ・・・
でも、いつおでんわしていいのかわからない
定時になって、おしごとほったらかせてとにかく出なければならなかった
うすぐらい6時をすぎたころおでんわすると
あかるすぎるほどのよろこびが伝わる


なんども携帯に留守電があるかどうか確認してました
でも、ないのでご迷惑なのかなって

失礼があってわいけないので女性の定時が6時とすればおでんわをそのときにって


淡路島、そこわお花のいっぱいあるところ
海の景色がうつくしい

なんども迷子になって
そのたびにそれなりに得した気分でお散歩

ごいっしょいただいたのだから、いっぱいたのしんでもらう
だから、いつもよりもたくさんお話をした
のどがかわくほどに

ごめんなさいね。準備をしたつもりだったんですけど不十分でした
いいえ!たのしかったです


吹田まで帰ってくると急に下を向くあなた

一か月すれば、朝にいたあなたがいなくなる
そのギャップのことを考えると
思い出をつくるのは・・・
姫路だったら行けると思ってました
池田だと行くのは無理です・・・



(そんなにたのしく思ってくれてたんだ…)
そのギャップをさみしいものにしないためなら
一か月に一度帰ってきます 約束します




そのあとで、振り返るとなんて身勝手なことばかりしゃべってた
そう思った
お考えを優先させようって覚悟した
「こうしてメールで伝え合うことだけでもしあわせです」
そう結んだメールを送ってわたしわ眠った


かなしみのお顔が吹っ切れたように
これまで以上の笑顔が朝にわあった

遅れたけどってチョコもいただき
おきをつけて!
いってらっしゃい!


「メールでつながってる・・・」ってメールが来てた
逢うまでに送ってたんだ・・・









なつ
そのなみだ知ってる

あのときのとおんなじ
なんにも言えない言えるとこもない

おくふかくからのかなしみわ
その笑顔をもってもおさえきれない

ゆがみ震えるくちもとから
こころのありようがみえてくる



ここにだれもいなければいいのに
あのどうこくをなつにさせてやりたい

そのあとで
またえがおするがいい
非力なあかごがはきだすものをぜんぶはきだしたあとのように
ほうしんしてまたわれにかえるがいい

なつ
すこしおやすみ?
つかれたろ?あんなにさみしがりをおさえきり
ひとりぼっちで生きてる
そっと、ひとりになっておやすみ?
そっと、そのこころをあらたな宝箱におさめたなら
ゆっくりとおやすみ?

ぼくわ、
なつをみてる
ずっとそばにいる
ぼくだけわ、。









関連記事
スポンサーサイト

 2018_02_26


web拍手 by FC2



06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.