2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
どこまでもとどかず








天野さんの「さようなら」が流れてきて、こころわ・・・back fire。
眠れない、どこまでもどこまでも、どこまでもどこまでも。
『こころに描いた落書き』わ、その落書きでいっぱいになっていろとりどりに、めがまわりそ。 
 
こころによりそう「愛」があるだけでもしあわせ。
それだけでしあわせ。 
 
ひととして生まれ来て、なにがよかったの?
恋・・・恋だよ。
 
夢、とてつもないでっかいはてしもなく広がり、まだまだ広がりつ。 
 
愛されたことの「事実」わ、起爆質。
愛してくれたひとのために、じぶんわみじめでわいけない。
 
なにもかもが、そのゆえんであって、そのことで戦いがあるのなら、、、ほんまつてんとう。 
 
ぼくわ、あたたかい夢のなか。
そのためなら、じっとこらえることできて、
もっと、その世界にあそぶ。
 
 
 
そっけにした「適当」が傷みをかんじさせ、
それ以上に自虐的になって
「おまえなんて、しんじまえ!」
「ばっかやろう~!」
 
ちゃんと愛してくれてありがとう。
そのことで、一ミリ一ミリって、丁寧にすごすことにした。
 
そのやさしさと、そのいちずと、
そのかなしさと、その残念さ。
 
それを思えば、どんな苦もうけよう。
ごめんなさい。
ごめんなさい。



関連記事
スポンサーサイト
時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示