そのものでいい 好きに唄う

Category: 風と旋律  


FBわ、休みます。
昔、ミクシーをしてたけど、どうもあの訪問とかっていう履歴わいけない。本筋から外れてしまう。FBも同じ。苦になればいけない。
ともだちわ少なくしてできるだけ訪問する。
逆に思いをもってもしらんぷりんもあったり、更新のいくつを数えても姿がみえなかったり、来訪しても足跡残さなかったり。
もうややこしい。ややこしいのわいや。

感情の低迷わ、リアルの精神にかかわってくる。
そんなときわ、時間をおくか、やめてしまったほうがいい。







235234144_org.jpg







なぁんて吐いたら楽になった。ふぅ~。

わたしのようなくらぁ~いひとわ、ここのようにひとりでいるのがいいかもね。
だぁれにも迷惑かけないもん。

真綿でつつまれた世界。
わたしの世界・・・。












たとえば、このへたっぴ~な弾き語り。
これ、じぶんにとって、わ、好き。
なんでって、そのままなわたしだから。

うまいひとわ、いくらでもいる。
ただ、そのままにじぶんであることがどれだけここちいいか。


かけひきもない。
みえもない。
はずかしさすらない。


「恋愛詩」わ「夫婦愛の独りよがり」になってたり。
それでも、愛にかわんない。

どんなに愚でも、ブログ村もFC2もわたしを蹴飛ばさないだろう。
そのなかで、ひとりよがりなひとりあそび。
だれにも迷惑かけないから。






P1230563_20170124045800a9a.jpg







好きにできる。
ここわ、わたしのお部屋です。

 
関連記事
スポンサーサイト

 2017_01_24

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.