となりのこころ

Category: こころ  

となりのわんちゃんわ、小っちゃいとき捨て犬だった。
兄弟で爽やかに遊ぶ姿にほほえんだ。

うちでかわいがってやろぅ!
どっちも。

本家のおっちゃんが繋いじゃった。
あぁ・・・。


毎日慟哭。
哀しそうに。

お散歩・・・。
おさんぽ・・・。

って。

ひとり死んじゃった。
独りぼっち。

慟哭。
(こわいよぉ)
・・・だれかぁ~
って・・・。



おばちゃん、入院。
おっちゃん、死んじゃった。

糞とりだけのむすめが17時に来る。
どんなもの食べさせてあげてるんだろ?


わたしたちを見るとめっちゃ吼えるの。
いく~~~って。

お散歩することに集中してた。
どんなにかどんなにか一気にお散歩って感じ。

そんなに行ってあげられないんだよぉ???
ごめんね。

たったの人間というやつの暗黙の常識。
ごめんね。




死んじゃった。

「もういちどお散歩してやりたかった」
「わたしもそう思う」

・・・
うち、強引に連れ去ればよかった。


かなしいなって思った。
悲しすぎるって思った。

ねこちゃもわんちゃも
みんないっしょだよ?ニンゲンと。

ごめんね。
これで兄弟とあえて、、、いっぱいお遊びしなさい。

ほんとにごめんね。
関連記事
スポンサーサイト

 2016_01_08

web拍手 by FC2



09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











応援してね?


ランキング競争でわないです。
励みになるから。
うれしいって
思うことあると、
あかるくなれそうな
そんなきがするから。

にほんブログ村

応援お願いします


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.