なつえ


P1220422.jpg





今?なんも考えてないの。
あとでのお散歩のことだけ。

ほら、雨もすぅって。
しぃずか・・・。


でも、きづけばことりさんがさえずって。
ぁ・・・なに?これ。
どこ?わたしわ・・・なにしてるの?
なにをうなってたの?








P1220418.jpg




真実かぁ・・・
もっとも尊厳で畏怖にあたいするよ

しっかりとしなきゃ逃げちゃうよ
でも・・・・・・・・・・・・・
ときどきにことばにしなきゃね

やさいいこころにだけに対して
そうでしょ?










P1220432.jpg




P1220434.jpg








あまぁい
そこにいるとあかちゃんになってやるど!

おひとが安心するのなら
そんなことで「低いなぁ」って思われたっていいよ

その低いとこ好き
じぶんらしいから

あまえたしぐさ、好き
だれでもできることじゃない
だから、えっへん!!

らららぁ~~~♪











P1220436.jpg







すこし離れてあっちからみてみた
漱石さんの頑張るさんって、失ってゆくものが多いのね?

字が固すぎ
半張るってすればよかったのに・・・・・















P1220421.jpg






つまるところ、生きてるよ
きっと、なんでもないことに右往左往してるにちがいない

じぶんだけが生きてるんじゃない
そこの整理を早くしなきゃ
ゆったりのために












P1220449.jpg








いっしょに生きてる
そんなことをうったえてみたい

いっしょだよって
「いいね^^」
って、いっぱい言ってみたら?

どんなだろ?

じぶんのことだいじにしたい・・・
そのために、そんな訓練をしてみよかな?って・・・

どんなだろ?・・・




なつえ






関連記事
スポンサーサイト

 2015_05_31

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.