めざめて?




視界にあるだけでこころに痛みを感じるわたしを
わたし自身がくやしい

こんなにもこころをぐちゃぐちゃにする雰囲気がある
そのことから逃げたいのにどんどん追っかけてくる怖さ


毎日毎日続けば
狂うのって不思議じゃない

解釈のしかたを模索中
なんとか脱却しなきゃ







P1220367.jpg






・・・ただの、ことばじりのセンスに嫌悪してるだけ?
・・・どこか似ててそのことを嫌悪してるだけ?
・・・まったくなんもかもうけつけない?

こころがあばれるの
脳裏からはなれない

あなた・・・狂ってたよ
憶えてる?

抑えよう抑えようって
じぶんを殴りつけてもことばとしてでてこない葛藤

・・・狂ってるようにみえたのわ
わたしが狂ってるから









P1220373.jpg





ベッコなんだぁって
あっちわあっち
こっちわこっち

おもいこんで?
なんどもなんどもいいきかせて?

みないで
きこえないで
ふれないで


冷たいって思われてもいい
これ以上わたしを悪にひっぱりこまないで!

「けがれ」をじぶんにみる
そのようすがめっちゃくやしい












P1220375.jpg







ほんとわ・・・
まじでおひとがらがいいのだったらどうしよぉ?

いつもほめてくれてて
いつもきづかってくれてて
かばってくれてて

なのになんで?
じぶんのほうがおかしいんじゃない?



ほんとにためされてる気がする
どっかで突破口がみつかればいいのに・・・





関連記事
スポンサーサイト

 2015_05_16

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.