らんらんらぁ~ん♪

Category:  






恥ずかしいおはなし。
幻滅されたっていいさ。

どこかでバラサナイト。
どこに向かっていえるというの?




きっと、ここがわたしの居場所なら・・・。
ここで、始末する。






P1200798.jpg






そう・・・ひとにわ
そのかおりがする

そのかおりわ
どんなだってそのかおりのままだ

どんなにつくろっても
それわじぶんのかおり




リズムのように
じぶんにそなわって活き続けてゆく

おひとにわなんでもないことに
かたくなにいっぽさえゆずらない幼女のように

そのことをまもりゆくことが
さも・・・いのちさえもかけてしまいそうなくらい

・・・







P1200796.jpg






音わ
わたしのあとおし

その環境わ至福のとき
もたらす快感わ またおひとさえもよろこびに満たすだろう


禁じられたとき
わたしわすべてを投げ打って狼になる

そのこと、わるいですか?
たったのひとつくらいわたしのわがまま・・・

「変なひと」っていわれた
そのことをわたしの世界を汚された思いだった



わたしだって
無性に狂うことがある

そのとき、
幼いころからの「無」にかえる

夕飯のあかり
夕飯のわらいごえ

そのことさえ手につかめなかった
それがわたしにあるということでなんも怖くないよ



わたしわ悪い子
ただ、嫌いじゃないというわたしえの思い

みんなにも勇気をあたえることができる
みんなに夕飯の笑い声を望んでる



けど、おひとのこころわ
つめたい








1150660G_20140811172414b7e.jpg






なみだすることになみだしてきた
もう、まえをさえみることしかない

忘却わひととして一歩まえに出る勇気だ
忘却わ罪をおひとのせいにしない手法



多すぎる愚痴わ
だれもから嫌悪され、おひとの性根さえ麻痺させる

だから、わたしわ
憎しみをわすれ、「おひとのせい」をわすれ
すばらしいときのながれだけを追う
感謝とともに


ただ、、、
白を白といい
黒を黒と決め付ける
そんな狭いこころだけわもってたくないよ

おひとのチェーンのさびた一輪があったとして
わたしわそれさえもあいしてみつめるだろう









P1190587_2014081117362357c.jpg





暴力に耐えた
母をかばうことができた

独りで生きた
しのうとさえ思った



そのことで
ゆるすということにめざめた

たいせつなものって?
たいせつなことって?


わたしわ
むくちになった

こころを千里の先にとばせ
おおいそぎで分解し、沈黙を得たの








fromhiro_2014081117420238d.jpg





ひとりぼっちのなみだ
そのかわり
いっぽふみだせば
だれにもまけない笑顔


わたしわ
きみの言う

ピンチピンチ~♪
チャンスチャンス~らんらんらぁ~~ん♪




関連記事
スポンサーサイト

 2014_08_11

web拍手 by FC2



05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.