ほんとわ

Category: さりげない風景  


思ったことにその流れに沿ってくれるお写真
そのことが好き

そのときのわたしの思いがすぅって
やっぱり・・・みたいな

ふしぎね?
言葉をとおりこしてことばになる

それを感じるおひとがいたら?
しょぼいテクニックにこころ感じるということ
なんか・・・わかる気がする



わたしの周囲のおひとわ
みんな、そう
なにしてもどんなだって
にこっってする


その「にこっ」に・・・
めっちゃ弱いよ
これでいいんだぁ~って思わせないで・・・
いつまでもあまえるでしょ?

ねっからのあまちゃんなんだからぁ!
くすっ^^









P1200672
posted by (C)なつ







いつもいつだってふにゃぁ~って生きてないよ
決めるときわすっごいよぉ・・・(おどし)


けどさぁ~
笑うのが苦手なの

めっちゃ面白いのに
・・・笑ったらだめって

なつのもうひとりのはずかしがりやさんが言う
でも、きっと、笑ってるの感じてるんだろうなぁ・・・

好き勝手にエスカレートする
しかたないから逃げます
だって~いまさら笑うのって負けたような気がするもん








P1200677
posted by  (C)なつ







その、しあわせを
あとで・・・・
かん・じ・る

しまった!・・
ばかね


くやしいよ
信じてくれてる空間があて
ほんとに、ほんとに素直なら
そこに笑顔していいよね



だって
あまりのしあわせな風景
わたしにわふにあい

・・・






P1200661
posted by  (C)なつ





ほ、ほ、ほぉ~たるさん!
って大手をふって夜道をお散歩してると
みんな笑うんだもん

いっぱいのおうち前のせせらぎおほたるさんわ
らららぁ~って飛んでるし・・・



「おうちかえれぇ~♪」
手のひらのほたるさんに

ありがとう
ってこころにひめながら
言葉とちがったことばでにこっ







P1200683
posted by  (C)なつ




関連記事
スポンサーサイト

 2014_06_09

web拍手 by FC2



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.