FC2ブログ


to Kayo from Ryu

Category: > 宝箱  



12.04
8年前の贈り物について
おかえし・・・
お誕生日おめでとう







DSC03441.jpg







「大台の時、一緒にその時間を過ごそう?」
「(´ー`*)ウンウン」

0時を一緒に過ごし
30歳のお誕生のお祝いをした


・・・
これが「風」の起点

きみのことを想うことが
ここでのわたしの居場所













DSC03510.jpg






6年の間、この上なく愛した
わたしの理想であり
とてもかなわない底力が好きだった

でっぱ、メッシュの直毛、スリムなスタイル
梃子でも動かない意地っ張り

・・・ღღ ♫・*:.. ღღ 。・ ☆゚゚

よくケンカした
絶対に折れなかった

しかたないから
結局おれたのわぼく

だって・・・愛してた











DSC03424_20191202222935c78.jpg








2年間、どっかに行ってた。
なのにここにいた。

それ、おかしいよな。
以前のじぶんとしての思いが思い浮かばない

支障、汚れが邪魔する。
少しづつでいいからもとに戻りたい。

で、また、ここの本意で愛をたどっていたい。
きっと、、、。










スポンサーサイト




 2019_12_02


web拍手 by FC2



11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.