FC2ブログ


厄払い

Category:  

日記

36歳の時に大学ノート1m束を焼き捨てた。
じぶんのこといやだったから。

20年が一瞬で終った。



その後もまた綴り続けて、でも、
還り読みわしない。



あるだけでイヤな部分があるのに、
3年日記の最後と最初。
2冊を焼き払うにわ、
ただ、そのイヤさより、外の書き込みを重視する。
でも、今年のわ、12月までを切り裂いてすてる。

新年わ、大学ノートにするの。
過去にしがみつくのわいや。

抹消したい日々と、その匂いのする物を一切棄てる。
感じた時、
何の躊躇なく廃棄する。

傷痕さえも残りませんように。
心を元に戻せますように。





スポンサーサイト




 2019_11_30


web拍手 by FC2





ジッポのすてきな贈り物
お別れの2カ月前

あと4カ月すればもっとわたしだって。。。
あとの2カ月で・・・

なんもかもすてきによみがえってくる

贈り物探しっていいものね



 2019_11_28


web拍手 by FC2

葛藤

Category: 日記 > 日記 2019  

しばらく調子が良くなってて安心してた。
二日前、息もできないほどに苦しみが襲ってきた。

9時半に早退した、
続けることできなかった。

その後、ずっと暗闇。
何とかしろよってじぶんに強くする。

苦しみわ、いつまでも苦しみとありて。
占めるじぶんの心にいかでか。



負けない。
負けてなるものか。



蓮華と比呂
















 2019_11_26


web拍手 by FC2




明日の今頃わ、独りじゃない
そのことで、こころが最高に盛り上がる

いつも独りだもの
”誰かがいる”・・・どんなものかって・・・

明日のことに楽しみっていいなぁ・・・
この時が好き

こんなこと~
あんなこと~~

どんなこと??~
いろんなこと~



お魚のタモリを料理しちゃった
ぁ!
「しらな~い。そんなおさかな」
って、言ってたよなぁ…

ぁぁ・・・
なんで食べちゃったんだろ!

いいじゃない?
ふたりでもっとおいしいもの探しすれば

計画よりも
ハプニングが面白いもの



だね~










DSC03528.jpg







徳島の剣山に連れてく。
お友達がすてきなとこだよって。

高松から2時間ちょいかかるけど、
思い切って行こうとおもうんだぁ。









ひとりじゃない。
ひとりじゃない。

うれしい。
わっかるかなぁ???
いぇ~いっ!~♪(ふるぅ)









 2019_11_21


web拍手 by FC2


前の「風にのって」からずっと「恋愛詩」に所属してました。
不具合から心訴えた。

7カ月になろうとしてるときの今、
もう、いいかな?
以前のように恋の世界に入ってゆけるかな?

辛かった7カ月を心から抹消するにわ、あとすこしかかるかもしれないけど、
どんどん前向きになっていたい。

だから、恋愛詩に帰ります。
心の詩 にわ、ごめんなさいお世話になりました。

素敵な詩を活発になさっててわたしわ、目が覚めましたよ。
ありがとうございました。


 2019_11_17


web拍手 by FC2





なんも考えなくって唄ってた
感情の波長がうまくいった

ただの歌として唄ってた
でも、明日、弾き語ってしまうと
もう、唄うことない


アカペラでもない
スリーフィンガーでもない
あまり聞くことのないあのパターン
それで一曲一回唄う

この曲にお別れするわけがちゃんとできた
そのことで、ちゃんと説明する










やさしい繊細さが好き
しょいこむ哀しみ・・・好き

でも、天野さんわ、・・・

こころに響いてた
でも、経験がなかったのでただ、曲が好きだったのかな?

いま、ちがうよ
だから、さようなら








 2019_11_12


web拍手 by FC2

報い

Category:  




どうして?
なんで?
うっそぉ~!

そうじゃないさ。
じぶんにとって、のおはなしでしょ?

何十億の一。
いろいろあるさ。

そこに憑りつかれちゃだめ。
そんなもんさぁ~って流すのが一番。

苦悶わ、通り過ぎ行く。

一切を忘却せざるを得ないの。
どんどんとじぶんを奈落に堕とすわ。








DSC03447_20191110122829d33.jpg






身体に及ぼす鬱わ、
少しの間、数年続く経験があるの

でも、
その原因を追わない
4年かかるところを2年で治してみせる

哀しさわいつまでもこころにに残るわけないもの
残念さわ、じぶんにおきかえることによって苛む

割り切らなきゃ
そんなふうな世界もあるよって








DSC03460_20191110123553f43.jpg








哀しみわ
いつか悟りとなってゆく

もう、二度とそのような哀しみに陥ることわない
わたしが原因な子でなくってよかった

もっと、じぶんを責めたんだろって思う








DSC_0798.jpg









ずっと以前、
こんなことがあって
きっと、その果、報いが訪れたの

ずっと悩んでたさ
苦しんでた

覚悟わしてた
ほんとに申し訳ないことした

どんなにくるしんだんだろ?
愛さなければいけないものが
もっとも苦しめる存在だったとわ

一点一生の汚点
どんなにか苦しもうと
それって、自業自得
ただただ、ごめんねって念じつづけるしかない

ほんとにごめんね
陽子

やっと、報いを受けたよ
ありがとう







 2019_11_10


web拍手 by FC2



初めて知った
もっこくに実がなるってこと

うれしい
自然からの贈り物






DSC03516.jpg






ほんの些細にさえ敏感になっちゃう
救いを求めてこころが欲するのね?



涙わ渇れたの
ううん、涙ってなんなの?

幼いころ父に字が書けないって
ボコボコ叩かれた時の水?

じぶんだけがじぶんに向けて流した
おひとにためじゃない

って、憶えた
だから、泣かない

だから、おひとの涙さえ信じてない
きっと、じぶんだけに向けてるって思うから








DSC03450_201911091352469ab.jpg






闘ってる様子を現したい
形振りかまわないで

きっと、そこに涙の化身があるもの
泣きたくっても泣かない



涙って、なに?






 2019_11_09


web拍手 by FC2




2カ月半ぶりにお友達に会って
2時まで深夜、お話してた

え?2時?







DSC03521.jpg







今日は、あ荒れてなくって よかった。
そうね~。

もう、荒れないさ。ふっきれたから。
よかった。




ほんとわ、まだ疑問符を残してるけど、
もう、追わない。


愛されて
分かったよ。

追ってわいけないものがあって、
追わなくってもいいものがあって。



よくも荒くれてるのに見つめてくれてた。
りゅうのこと、だいたいわかった。

かぁ。


もう大丈夫!
昨日のショーツ、不愉快に思ったかも。
わたし、ぎりぎり。


あとわぁ~昇るだけ。








 2019_11_09


web拍手 by FC2





ううん、悪意ない。
さよならしたいの。

このショーツ好き。
好きだけど、悪夢がつきまとう。

こん晩でもう二度とはけなくなる。
捨てるの。

一歩の前進。
さよならだわぁ。

新たな世界に向かうから。






 2019_11_08


web拍手 by FC2



10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.