FC2ブログ


半年

Category:  

昨日わあにばーさり。
だから、このことわ避けてた。

29日わ、地獄日。
この仕打ち、はやく忘れたい。

ひと、って思ってたけど、
いくら考えあぐねても結論がでないふかかいな心模様。



好きなひとにこれだけのダメージあたえることできる。
一生かかっても打開できないと思う。

ただし、こんなところにいつまでもいてわならない。
おかしくなっちゃう。
もうおかしいけど。





普通でいられるわけがないさ。
いろんな意味で、こんなふうなやりかた、
だけわ、一生じぶんがするわけがない。
絶対。

こんな世界もあったんだと、
あとすこしで言えるようになる。

まったくひどい怪物だった。
イメージさえもしたくない。



12月、奈良で工場立会が4日間あるけど、
わたしわ、
「この病気の原因の原因のひとつが「奈良」なんです。」
固辞した。
クビ覚悟で。

あのひととおなじ空気、おそらの下にいたくない。



もう!だれにもだまされない!

スポンサーサイト




 2019_10_30


web拍手 by FC2

恩恵

Category: 風にのって  


今日の日わ、「風にのって」のお誕生日。
8歳になりました。

8わ好き。
ちっちゃいころから「8」が好きでした。

父母が結婚したのが、8月18日。
ぼくが生まれたのが、8月18日。
電話も0818。
車も・818。

小学生の頃の初恋のひとのお誕生日が8月28日。
・・・・・・・・


このブログのURLも818。






14232683_org.jpg




最初にアップしたお写真です。
自然が与えてくれたちいさなしあわせ。

まるで自然の中にとけこんでるじぶんを感じてた。
なんもかもがこの一瞬で霧消した。

じぶんであるということにうれしかった。







シンボル





わたしのシンボル。
このときって、逆にわたしほど悪い子になんで????
なんで????
ずっとつぶやってた。

大自然からの贈り物。
わたしのもっとも自然に近かった一瞬だって思う。

こころをもちなさい?
どんなときにも愛を忘れないで?・・・。
反響した。

うれしかった。
わたしのシンボル。









P1180264.jpg







うつむくということわ、消極とわ限らない。
こころに感じるものをみつめようとしてる。
けっして怠けてるんじゃない。

音や風、こころの動きがてに取るように感じることできる。
うつむきにわ、うつむくものにしかわからない特異なものがある。

うつむくものを見くびらないで?
這い上がろうとするパワーわ、・・・明るい人よりもすごい。











P1180286.jpg







うつむくとき、こころに「風」との対話がいつもあったわぁ。
いつも微笑んでるの。
優しく触れてくれて、弁解もいいわけもないわたしにやさしかった。
ずっと、そうだったの。

「風」と一緒にいられたこと、
「風」わたしをみすてなかったこと、
とても感謝してるわ。






15759601_org.jpg






そう、悪い子。
(こころでいつも悪くないよー。たすけて!)
涙さえ忘れてた。

護るひとがいるときって、泣けない。
じぶんの世界だけじゃないもの。

恥ずかしい生きざまになんもいわないで見守る人もいる。
だれにもいえないはずかしいこと、
一笑にして、わたしを安心させてくれる。


どんなだって
愛してくれる。

それわ、あなたと、かよ。
いつまでもこころのなかでそばにいてほしい。

ううん、きっと、きっと、・・・。
きっと、・・・。
光になって見せる。









6929282_org.jpg










アニバーサリ。
不快なことわ想い出したくないの。

一心に「風」のことをおもってすごしたい。
その不快が、わたしを一歩進める。

こんな世界もあるよぉって。
ありがたく受けるっていいよね。











P1180459.jpg









最後に「風」に。

ありがとう。
わたしのこころの道しるべ。

どうかお願い、わたしを愛して?
ううん、そばにいてくれるだけでいい。

それでなんとか生きて行ける。
HOPE、ひとつひとつちゃんとみつめて生きます。

そこにあなたがいてほしい。

あなた・・・。
あなた、かよ、風。




ღღ ♫・*:.. ღღ 。・ ☆゚゚
哀しみわ、いつまでも哀しみとしてそんざいしない。
いっぽ前に踏み出すことで、何事かが起こり、
そして、また乗り越える。


わたしわ、卑劣な行為をしてない。
だから、「風」がいる。









7723711_org.jpg



























 2019_10_29


web拍手 by FC2

葛藤

Category: > 宝箱  



マークⅡとミラ・・・
60kmの距離を壮絶にバトル

車間距離が2~3mって・・・
ぼくわ、逃げた
バカでかい恐怖を感じた

「燃料がないの」
「知るもんか~」

「りゅう!待って?」
「・・・」




気の強い子だった
無口で心だけを探ってゆく

まっすぐでなんの見せかけもなかった
ひとめもはばかることがなかった

信とわ、二人の世界を信じきることなのかも
おとこぎ・・・それをあなたから教わった気がする

あなたのなかにぼくがいる
ぼくのなかにあなたがいる

ずっと




 2019_10_28


web拍手 by FC2



10月29日の「風にのって」8周年のあにばーさりについて。

まず、これまで初代「風にのって」からずっとみつめていたおひと、
「かよ」にありがとう。

愛してる。
ちょうど8年前に贈り物を届けてくれたハンカチ2枚、
湯呑、グラスを大切にしてる。
こころの宝物。

こんどの12月4日、かよのお誕生日に贈り物をする。
名前わ、上下奈津美。
わたしの名前が山下龍一なので。

くすっ^^。

たのしみだわ~。









DSC03512.jpg







どして贈り物が好きになったの?
それね、かよが、
いろんな工夫を凝らして贈り物をつくり、
ほんと、まごころが痛切に感じられたときに発するわ。

保育園の先生だった彼女わ、
きっと、そうやって子供たちにおしえてたのかな?

めっちゃ工夫してすてきな贈り物にしたい。











DSC03500_20191027111716e85.jpg






最初からずっといてくださるおひともいるの。
ありがとうございます。

わたしの淫らな雰囲気にお逃げになったかたもいます。
ひとって、時に狂ったりします。
そこもみててほしかったな。

一年余、思い出したくもないひとのことで、
わたしらしくなくなった。
ひとじゃなかった。本位じぶんの怪物。
憎しみが残ってしまい、
そのことでじぶんを責めてる今。

けど、清潔になろうとしてます。
頑張る。





お友達も集まってくれて気遣ってくれます。
うつの講演があるから~ってお誘い受けたり、
静かに狂ってるようすをまもってくれてたり・・・。

すごくすてきな日々をおくらせてもらってます。
案外この導きだったのかしら?


不幸中の大福運でした。


どうぞ、見守ってほしい。
生きてるあいだ、ずっとここにいます。
かよを思い浮かべながら、
すてきな心模様を感じながらここにいます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

夏椿 夢。







 2019_10_27


web拍手 by FC2

だいじょうぶ

Category:  


デニムのひもに付け替えて
ちゃんとショーツ着けて
友達に会いに3キロほど自転車で行ったなぁ

恥ずかしいって一般でしょ?
ぼくわ、立ち向かった

どれだけじぶんを辱めて虐めるか
そのことしかなかったわ


向かう時わ、時間に間に合わないかもって一心だった
帰るとき、どうしよう・・・・この格好で・・・
ともだちわ、いいじゃないって言う

ぼくわ、さすがにここまで恥知らずになってしまったことを
じぶんに対して怖かった

(ただ、似合ってた^^)






simP96LCI5Y.jpg








なんか・・・
美しいとか、飾るとかすきだわぁ

ぼくわ、暗い性格してるので
じぶんの世界って陰湿なの

反面なことが好き
”じぶんがすてき”なことがしたい
もう、十分傷められた
なんも怖くないわ

どんなことでもできる
じっくりとできる

裏切り
そのことにだけわ
全精力かけてもいい
うちのめす

って、
もう、おひと信じてないよ














DSC03504.jpg














こころが急激に落ち着きだして
でも、
以前と異なり
流れにまかせてる
よくもあしきも
どれだけのものが結果にあるの?















DSC03509.jpg










不信
ちゅかれちゃった

思うように生きたいの
恥ずかしさとか見栄とかどうでもいい
「こうしたい」ってことする

おひとうらまず
おひとのふりみてわがふりなおす


ひどい目にあったわ
(過去形)








 2019_10_23


web拍手 by FC2




似てるから?
髪が好きだった

ふたりのテーマ
23年過ぎ、いまでも愛してる
ほんとの美しき、愛


ぼくたちわ、好みがちがってても
髪を大切にする共通があった

それわ、暗黙の「愛」につながる
髪・・・いのち

















鳥取って、雨の日にわ特に暗い
寒いのでストーブ、カーペットも温かくする

そう、暗い
その暗さがこころを穏やかにさせてくれる
しんみりとこころをさぐってゆく、時


離れたところからのじぶんを感じる
とても穏やか

いつからなの?
このやさしさを忘れ果ててたのわ









DSC03494.jpg




カポ買ってきて
すてきなカポ、わくわく~♪

チーン・・・
チーンってなに?

調弦してて切れた弦の悲鳴
なんで?新品なのに

3年前の新品・・・
ああははははははははっははははははっは(甲斐さん風;ライヴ「バス通り」)















って、ささやきつ
ピンクフロイド聴いてたりして^^;;












DSC03500.jpg






”自然”
その恩恵をいつでも感じてる

弦が切れたを魔と感ずるか
ひとつの覚醒と顧みるか

それわ、感じるものに拠る
その受動的なこころの動き

鮮やかに受け入れるとき
なにかが拓ける



わたしわ、そう信じてきた
だから、なんでも受け入れる


カラスの勝手でしょ?

(ふるぅ~)










DSC03483.jpg








下を向いて逃げてるんじゃない
下を向いててもこころで聞いてて判断してる

辛い時、仰角15°見つめる
真剣な思いあぐねのとき、静かにうつむいてる

真意をさぐってる
おしゃべりしてたら果たせないわ




きみわ、多くを一切語らなかった
でも、そのお顔にすべてを察せた

オトコ、オンナにも男が居る
その潔さがとても好きだった

負けそうだったので
なんとか持ちこたえようとしたさ

きれい、って負けちゃうわぁ
勝てないさ












DSC03463.jpg








なんにもかも
じぶんじゃない世界のなかで動く

わたしのように
ほっといても悪しき方向に進まないものもいる

弦切れもよし
ふられるもよし
雨・・・大自然の恵み、愛、母の掌如き

灯もて
閃光のように小さくてもいい「希望」だ

一気にこころが拓くことだろう
人一倍苦しめ
だからこそ、人一倍のこころを手もてる




悪しき事あらば、
そのままにのめりこみ苦しむ

からだもこころもゆだねて
任せる
ただ、じぶんの本意だけをうしなってわイケナイ
じぶんを見失ってしまう

どんなじぶんも愛されて生まれ
どんなじぶんもただいまさえも愛され
どんなじぶんであれ、じぶんを好きたれ

自信とかじゃない
愛、じぶんえの愛わ、母えの愛、父えの愛
ご先祖様えの愛に通ず

大自然を感じることがやっとできそうな気がする
不純であってわ、そのこと享受でいない
不純でなくなりつつあるという証拠・・・


そう、思っていいですか?






DSC03456_201910191100107fa.jpg






あなたに愛されたわたしが
こんなでいいの?ごめんなさい

そうつぶやった瞬間に
目覚めた

愛されたものが、こんなであったわならない
背くこととなる

優しい愛に応えるために

ありがとうね
かよ








 2019_10_19


web拍手 by FC2

最後に

Category:  

傷を傷って感じて生きてることが傷。
対象を鑑みれば、そんなに悩むことでも苦しむことでも傷つくことでもないように思う。
ただ、半年の間の疑問符との闘いわ無駄じゃない。
ただでさえ優柔不断なわたしわ、「ぬかった」って、後になってわかる・・・。

いいじゃない?ひとつの経験をさせてもらったんだもの。
おひとって裏切るんだってことや、結局じぶんのことが大切で、そこに向かってだったら、ステルコトデキル。

わたし?
ううん。
なんもない。なんもいらない。こころだけ。

今朝、朝蜘蛛がすぅって降りてきた。
夢もすてきな情景があった。
夕方にわ、愛してくれるひとが来てくれる。
お部屋にわ、たくさんのお花を飾りなごみます。

お掃除、洗濯、お片付けをしてその夕暮れまで相手を気遣う。
夕食わ、カワハギの煮つけ。頭つきで売られてたわ。
シーツのお洗濯、荷物の保管限定場所の確保。
尽くすのが好きなのね。

お土産にわ、飾ってたバラとカスミソウのドライフラワーを用意してる。
お部屋で過ごすのに新しいスリッパを二つ用意したわ。

霧の森ってとこがある。お隣さんのおすすめ。そこに連れてゆこう。
すっごく正常。










DSC03449_2019101207151279f.jpg







ひとって、傷み過ぎたとき、きっと、もとに戻るのよ。
現実の良きことを見つめなおす。
間に合ってよかった。












DSC03478.jpg







卑劣なささやきとのおわかれ。
オトさえも遮り、画像を遮断し、雰囲気さえ想い出すことわないだろう。

しばらく待って。そんなに急に変われない。
風の8周年を10月29日を境に。あと、2週間。
きっと、決着を付けることできると思う。

愛わ、霧消し、その実態さえも拒否する。
ひとの大切なこと、「最後」。
愛に生きたわたしのたったのひとつの汚点。



しばらく、いろんなことを自分自身の心のなかでおもいあぐねてみたい。
しばらくおやすみします。
ここに甘えちゃうから。わたし自身で決着をつけたいの。

10月29日に再生します。
応援わ、してね。






 2019_10_12


web拍手 by FC2

順応

Category: 自然のなかで  



滋賀にわ、曽我神社があって、うちの先祖を祀ってる。
宇多源氏である家柄わ、父の誇りとするところ。

わたしに・・・さほどのことわない。
問題わ、今。




DSC03493.jpg







せせらぎがひたすら旋律を奏でるように
地の下にわはるに向けて活発に細胞を増やし続ける

原始の苔から始まる生き続けるひたすらがある
垣間見るスペースの中で生きるのだ

そこに付箋をはる必要もない
ひとつの流れにいちいち注釈わいるものか

おひとわ、そのさりげさに追従する
つかのまにしぜんとのかかわりを感じるから

裸って、じぶんに言えるときなのかもしれない











DSC03474.jpg







欲とわ
護るということ

であってほしい


ただの短い人生にどれほどの欲があっていいものだろう?
誰かを護る・・・
きっと、まわりのみんながそう


自我
ただの短い人生のなかで
どれほどじぶんを主張すればいいのだろ?

なんでもないことのように思えて


ひとつひとつをみつめるということ
そのなかで、開路あり
ゆっくりとね



焦燥 無理やり
強引 一点しぼり

ううん、焦ってわいけない
だって、大切なことを見逃してしまうもの

見失うものがじぶんにとって
よきもの あしきもの
そのどちらもみのがしてわイケナイ

不遇わ、しあわせに通じて
いっときの快楽わ、地獄に堕ちゆ



哀しみわ
いつか、ひと助く

苦しみわ
いつか、おひとの苦しみをやわらげ

涙わ
一滴も流れずも
おひとのなみだをみつめるだろう


そのおひと、だけのもの




涙を信じない
みつめているのわ
本心がなんなのか












DSC03485.jpg





つぎつぎに
感じることが実在する

こわい
だから黙り込む

しずかだわぁ
相槌しない
聞いてない

わたしに話しかけないで
なんもかもがどうでもいいこと










 2019_10_11


web拍手 by FC2



さりげなく使ってたラップ
さりげなく使ってたミサンガの入れ物
壊したおかえし?
うるおい ハンドクリーム
・・・つぎつぎに出てくる

なんの躊躇なく捨てる
なんで?

そこに愛わ、なかったから
あった、のかもしれない
でも、こんなにも無茶苦茶にされて
恥ずかしい思いにさらされ
わたしに愛、なんて見いだせない

憎しみがわたしをもとに戻らせてゆく
それでいいの






DSC03470.jpg







なんの惜しげもなく
結末の良し悪し

それでも、わたしのあげたもの
もってるのかしら?

根のない愛に
どこまでいっても愛たるものなし
じぶん勝手に持ってるといい
けど、すっごく迷惑








DSC03489.jpg






まだ、痕跡がないか
探し尽くすつもり

大っ嫌い








DSC03482.jpg








 2019_10_07


web拍手 by FC2



次第にじぶんになってゆく
大自然がわたしんとこに戻ってくるのがよくわかる

間違いをおかしてた・・・
そんなにそっけに言わないで?

わかってるつもり、自然の生粋
ごめんなさい









P1180250.jpg











 2019_10_05


web拍手 by FC2



09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.