FC2ブログ


決意

Category: 自然のなかで  




一時間前にわ晴天で
その一時間後にわ雷雨のすさまじき

でも、雨ってやすらぎ
こころの状態をなぜてくれて

もっと降って?
わたしのこころをお外に向かわせないで






きっと夏を見せてあげたかった
も一度わたしの夏を見てほしかった










DSC02967.jpg







わたしから離れてゆくいくつものこころ
責められ続けてなをも鞭をうち

なんも言えないでいるわたしを
これでもかこれでもかって




こんなにちっぽけなわたしじゃない?
責めてもなんの意味もないよ

こうしてちっちゃくなってるのに
なんで?



ここわ、わたしの居場所でなくなってた
さみしさをはっきりと意識しなきゃいけない場所

こんなにも攻撃されれば
結末も考えちゃう


08.18にひぐらしを聴いた後で
わたしを終わらせようと覚悟した

ひそかに念じた
生きててもしかたない
愛されないのだから









DSC02979.jpg






「ぼくって、ずっとさみしいの。なんで?」

「そうやなぁ~あんたわいつもそうやって悲しいね?」



「おとなしくしてなさい」

「おとなしくする。こんなにもだれからも愛されないのいや。」



「あんたわ、じぶんをじぶんで苦しめてるのよ?」

「うん。わかってる。」



「いいひとなのに。・・・にくったらしくなるの」

「わかった。なんも言わないよ。だから、3か月だけ夢をみさせて?
ちゃんと、家族として。」












DSC02974.jpg






ひとつを失えば、次々に失ってゆく。
そのこと知ってる。
こころが悶え苦しみ孤立したじぶんを
どうしてやることもできなくなってしまう。

おっきな苦しみをもっと大きくおっかぶせる圧力。
どこをみつめればいいの?
どっちを向けばいいの?

孤立・・・。慣れてるつもりだった。
今、わたしの魂までも迷い子。

なつをどう救うのか。
それしかないって思った。
冗談みたいな覚悟。







DSC02993.jpg










雨わ風のないしずけさのなかで振り続ける
怖いくらいの静けさ

大自然のお答え
いま、感じる

流れに順じます
こころのゆきつくとき
そのときをみつめて



  




スポンサーサイト

 2019_05_06


web拍手 by FC2



04  « 2019_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.