FC2ブログ


浮かぶ瀬

Category: ご挨拶  

おめでとう。
こうしてまみえることのおめでたさ。

ひ・と・つ、ひ・と・つ。
ちゃんとみつめることのできることさえ。

・・・しあわせ。
おおくないのに比重がでっかいの。

そう感じることさえ、うれしいの。
ありがとう。


すこし、ほんのすこしだけなのにかかわってるということ。
それって、重く重大に感じてる。

さみしいやつのひとりよがり。
愛を、心遣いを感じるってすてきなことね?


DSC02074.jpg



みなさまの闘いのなかにわたしもかたすみにおいてほしい。
きっと、分かち合える気がする。

派手じゃない。根本的に拓けるわけじゃないかもしれない。
でも、そこにいたいの。いるだけ。

ひとつひとつに。
なんの論もするひつようわない。
そこに在る。それだけ。

いいでしょ?
かげの薄い、つまんない存在。

でも、なみださえ持ってる。
でも、前にいっぽ踏み出す迫力をわたしわ持ってる。

・・・








DSC02059.jpg





深くわきかないよ。
笑顔を送ろう。
子供じみたようちな笑顔。

その笑顔って、奈落のリミット。
だからこそ、感じるの。

だいじょうぶ・・・・・って。
どんなことでもどんなことにだって立ち向かってゆける。
ううん、せいだいな派手な立派なことでじゃない。

ほんのそこ、ほんのちっぽけすぎるつまんないともおもえるちっちゃな狭い空間に。
そこにこそ、ほんとのしあわせがあるような気がする。
ううん、それがたいせつ。いっぱい、そこにいたい。

やさしすぎるいっぱいよ!
わたしをかなしみをしあわせの思いにさせて。
そのかわり、、、
わたしのいのちわ、なんでもない一過。
そこにいたいの。

わかるよね?







DSC02024.jpg







どうにかする、じゃない。
今をみつめていたい。
しっかりと今を。

だって、もう、二度とこの喜びや悲しみに接すことさえないんだもの。
たいせつなくるしみ、かなしみ、
そして、よろこび、あふれる愛。

わたしわ、身をゆだね、ままにそこにいたい。
どんなに苦しくっても、そこ も わたしの居場所なのだから。






きっと、みなさまが、動物としてのじぶんをはつらつとして謳歌なさいますように。
そこにわたしもいさせて。

きっとね。

スポンサーサイト

 2019_01_02


web拍手 by FC2



12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.