FC2ブログ



・・・辛くなきゃつづれないの・・・
いけないことばかりじゃない辛いってこと

辛いときって、奮い立てようとするじゃない?
その”力”が好き

哀しいっておもうことから始め
その哀しみの度合いを推し量ってみる

過去にさかのぼり
その苦悶にたどり着いた時、安心する

そして、なら、イケるっておもってしまう
まだイケるっておもってしまう

その機知が好き
そしてまた、歩んでゆくの


よかった・・・辛くあるときがわたしに存在してて
ありがとう








DSC01873.jpg





まだじぶんより経験もないじぶんが
耐えたんだもの

負けられないの
そのじぶんのためにもね

そのひと
「いつかしらきっと・・・ゆったりな日々が来るにちがいない」
って、きっと信じてたのよ

そうね~
どんなことにぶちあたっても平然
それが答えね?
きっと、まじめに辛さと葛藤したと思うの
どんなにちっちゃくってもそのひとにわとても辛かったんだろうなぁ・・・

辛くて泣くって、貯金ね?
なんかのときにつかうの
なんかのときに「信」と「勇気」として換金されて
それが「魅力」変身させて
ひとびとを勇気させる

そんな気がする・・・
いい?そんなふうにおもっても






DSC01845.jpg








なんもだめ
なんもだめなの
恥ずかしいことばかり

でも、そこが好き

・・・そのほかの世界にじぶんをおいてあげたい
そんなのって自然じゃない
野生にわないもの

だから、
いいの
それで

ららら~♪
ってさせたい
いつでもどんなときにでも
ららら~♪って


・・・
・・・
ららら~♪って闊歩させてやりたい

だれもが落ち込んでるときに
太閤笑いできるほどに苦しみからの申し子に

あなたえ





DSC01853.jpg










涙が止まらない
苦しみのなかにいて

・・・うれしいの


そのことを
しあわせっていえるじぶんに驚いて
ううん、ちっちゃな経験のなかでのおもいこみ

すてきなおひとって
すべてを着実に克服した
・・・それを「苦労」と名付けた

じゃぁ~そうでなかったものわ?
「裏街道」
そうなの?

じゃぁ~、裏街道ってすてきじゃない!
いろんな世界の余韻のこして

あなたえ









DSC01782.jpg












なにもいいとこない
だから、好き
だって、そこが苦しいもの
苦しみから発
着わ?
涙をともなうろまんてっく


流れのままに
身をゆだねたい
強引に修正しないでそのままに

そうして生きたいの
そうして生きたってあっちで
はっきり潔くはつらつとおっきな声で天に向かっていいたい

夢の端々・・・くすっ^^








スポンサーサイト

 2018_09_22

web拍手 by FC2



あなたわそこに
いた・・・

わたしのブログのはじまりとおなじときにはじまって
7年をとてもすてきに生きた

旅立ちなさい?
そして、復っておいで?





DSC01813.jpg






7年でおひとの細胞わ
その7年活動した細胞わ
すべて一新されるという・・・

変われる・・・のじゃなくって
変わるの
いいもの、事だけをのこして

そうでしょ?







DSC01822.jpg






教えて?
その、ながれのまんまを
そのこころもちを

ことりさんが
パクッてあなたをのみこむかもしれないのに
それでもへいきでうけとめることのできる理を

かなしいです
そんなことも、なんもわかれないことが
いかにも自然の申し子きどりしてて
なぁんもわかってないから

もっと尊大な理が知りたい
ううん、そのこころもち、こころがまえを教えて?

毎年毎年あなた、たちわ、
わたしに一瞬のさびだけをのこして
ふくみわらいでどっか行っちゃう

その勇気と覚悟と
ううん、その自然さがとてもはがゆい



おしえてなんてくれないよね?
ニンゲンになんて









DSC01840_20180910154141edd.jpg








わたしがかってに決めて
この何月何日にわあなたわいるわけがないって・・・
決めつけ焦点を定めた
なのに、そこにまだあなたわいる
うれしい、かなしい
どんんだけなみだすればいいんだろ?

夏が好き
夏が・・・きらい・・・
わたしのやさしいひとときをくれた
・・・夏、好き・・・
でも、さみしさを残すとこ、だいっきらい!
でも、好き・・・
好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き

好きです大好きです
わたしのあなたがいちねんのひとつです
それだけをたのしみに
生きてます
そんなつれないあなたを思って












DSC01830.jpg







あなたのお空わ蒼い
潔いすみきったお空
でもわたしのこころわ、闇・・・
あなたたちがいないことで
この沈黙なしずけさにどうすごせばいい?

悲しいです
わたしの夏、こんどやってきたら、
もっともっと、あなたたちのなかのなかの中のめっちゃなかのおくまで入って
絶対に満足してやる
ひとつなんだよぉって
いっしょだよぉって







DSC01846.jpg







さよなら
またね!

きっとね
きっとね
さよなら
大好き!























 2018_09_10

web拍手 by FC2

予感

Category: こころ  


お弁当とお洗濯、後片付けで朝わドキドキ。
今朝わ、煮物をタッパにいくつかにしてみました。
いつもの炒め物がないので早かった。

朝の余裕・・・いいねっ!!



DSC01750.jpg










自然からの愛につつまれる、予感・・・。
愛にくるまれる、予感。

二週間が夢をみるような日々にちがいない。
とてもすてきな贈り物。

だれからなの?
どして??

もしも、それが贈り物なら、・・・。
なんだかそっとじぶんを振り返っちゃう。

「あのこと?」
「あのつらさを抑えきったこと?」
「やさしくすべてに接したごほうび?」

だいじょうぶ。
ぼくってつおいから。

でも、ときどきやってくる贈り物、好きだよ。
だから、すこし泣いていいよね?










 2018_09_05

web拍手 by FC2



08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

励   み


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.