FC2ブログ



こどもに苦しみを抱かせない
おとなって護るひとだから

じぶんの言動に気をつけよう
ちょっとしたことでひとを鬼の鬼にしてしまう

やさしくやさしく
みんなにできればいいな

そしたら、
どんなにかくるしくっても
なんとか生きれる


こどもわ
そんなようすをみてて
どんなにかびんぼうでも
そのなかから
しあわせをみつける達人

ほんのすこしのよろこび、そんな予感さえも
莫大に

どうか、
だれもがすこしでも幸せをかんじることのできる瞬間を
おねがいです

じぶんのことば
じぶんのにこっわ
尊いいのちさえも活かせるだろう

だれもがやさしさにつつまれてほしい
だれものしあわせのために





きみの清らかないのち
きみの疑問をくちゃくちゃにしない
いまから、だれもにやさしくする
だから、やすらかに


ごめんね


スポンサーサイト

 2017_12_26

web拍手 by FC2

 表 現 

Category: 高校生  


ひとわ
また じぶんであろうとし
じぶんわ
またいつまでもそのままなんだって
信じていたい

まって?って言えないままに
その残照わうすれゆく

野生というものがそうなら
ひとって、野生

ただ、ひとわ
つぎからつぎ
おわったらつぎって
そんな野生じゃないように思う



ひとって、
こんなにさみしいものだなんて
思いもよらなかった





編んだミサンガが
みつめて
って言ってるの

きづいて






DSC01220.jpg




 2017_12_25

web拍手 by FC2



早く帰りたい
でも、帰ってもだれもいない・・・


みんないるよ~。ひろもいるって。
わたしも、土曜日のために今日のお仕事にでたんだよ~。

「(*゚・゚)えっ? 」

ღღ ♫・*:.. ღღ 。・ ☆゚゚

。・゚゚・(o_ _)/[壁](うれしい)





みんなといたい
そのなかでくるまれていたい



                   ・~・~・~・



「さみしい!」
って・・・おとなのくせにだだをこねたよね。

だからかな?

いいとこあるじゃん!(ごくせん風)
がんばって、安全運転で帰る。

たぁいせつなひとときのために。

なぁんにもない。
なぁんにも。

たったの望むことって、家族といたいの。
それだけ。

だから。








  
                   ・~・~・~・




あまぁ~いひととき。
こんなぼくにいただく最高の実証。


ひろの彼女とおそろいの
ふたりえの
ミサンガを
ひとあみひとあみあみこみます


かぁさんが~
よなべを~して~

みたいに

  
                   ・~・~・~・

イヴにお買い物したら高いので、
ミサンガ・・・でごまかそうというの?

うん!(^^)
だって・・・・おかねっていっぱいいるもん。

ほんとの気持ちが通じるの?
わからない。

やってみるしかない。
そこで、ちっちゃな感激があったとすればうれしいな。
なんもかんがえんで、とにかく、
じぶんらしく、ありのままにだすしかない。
それっぽっちしかないのだから。


 
                   ・~・~・~・


すこしでいい。
すこしでいい。
ほんとに、「にこっ」ってしたい。















 2017_12_20

web拍手 by FC2



さみしかったよ
さみしかったよ

(だれもがさみしいよ)
(だれもがいっしょ)

でも、さみしかったよ
だれもがいっしょでも、それでもぼくのさみしさじゃない




P1020927.jpg



おとなだから
助けをもとめてわいけない





DSC_0055_20171216191328719.jpg






こっからここまで
ぼくんとこ

はいったらだめだよ
ぼくんとこだけ

ここならだれにもみえないし
だれにもこうげきされない





いつまでたっても
みんながすてきで

じぶんにわなんもわからない世界
ずっと劣等性





P1010322.jpg






どこか
いなくなりたい

ずっと、いいことなかった






 2017_12_16

web拍手 by FC2

輪廻

Category: 高校生  


のびのびと、
自信をもって、
、、、それが青春

苦などない
前進あるのみ

あまりにもちいさい壁
それが青春の特権だ

おっきな壁さえも
ちいさくしてしまう


青春わ、
神様にあたえられた
宝箱

たいせつにしろよ
すべてが鳥肌たつほどに
・・・


そう、
自由だ
わすれてわいけない
その自由を

そして、
その秘められてる「礼」をみつめよ

お話しても「わかんないだろうな」
それが青春









DSC01058.jpg









愛されてたことを
あとでしるほどみじめなことわない

だって、
どうしようもないから・・・

ただただ、
より自由な世界にだけでもいさせてやりたい

そのとき、
じぶんをじぶんのことを一番になんて思ってなくて
いつか、いつか、そのことがいちばん大切に思えて

愛しつづけてくれたことに
命をすくわれてたことに
・・・われ、いのちをかける・・・

「どんなに愛しても足りなかった」








DSC01094.jpg








小事にこだわるのでなく
もっと、もっと・・・

そう、もっと
ひとに自信と勇気と
「自然な野生としての生きかた」・・・
伝えたい

ちいさな気遣い、愛というものを
まるで狼のおとうさんのような

・・・
ぼくにできたならいいな・・・











 2017_12_15

web拍手 by FC2




なさけないやつのこころそこ

高校生なのに結婚を考えててもいいさ
愛で鍛えた子なのだから
ちからいっぱいにすごせばいい

けど、
親わみてる

そして、まだいっぱいいっしょにあそんでほしい
そばでいっぱいおはなししてほしい

愛わ盲目
それ知ってる


じぶんの歩んできた道だもの
いまさらに母の思いをさぐってる

ごめんね



じぶんたちの考えで生きようとしてること
そのことになんも言わない

ただ、そこにわ
これまでいっしょにすごしてきたひとの思いもあるんだよぉ


親、だけど
はっきりと言った

みんなでお散歩、みんなでお祈り、みんなでお食事
それだけがぼくのたのしみ

さみしい!って
こどものように訴えた

彼女にはずかしさなんてない
精一杯だからだ 本心のぎりぎりだからだ

いっしょに、あゆみたい
なんでもはなしてほしい

独りにせんで





 2017_12_11

web拍手 by FC2



帰るところがあって、
そこを夢みて。

このときのことを
希望・・・っていうにちがいないよ。


ほんのちっぽけなものなのに
最大のもの・・・。


かなしさよ、かなしみよ
おいで?
さみしささえおいで?

きみたちわ、天使だ。
そう、天のおつかい。

励まし?
うん!!!!
そうなんだぁ~?

けど、
もすこしゆるやかにして?
って、おもっちゃう。

わかっててもね・・・。
でも、だいすきだよ。

こんなにもなみだふりはらってでも、
そこが・・・あるってことと、
そのときのよろこびを万倍にしてくれてるってことと。


チュッ ღღ ♫・*:.. ღღ 。・ ☆゚゚
(天使さん、ごめんなさい)
(ぺっぺっしていいよ?)








DSC01072.jpg







あかん・・・。
ともだちの刺激を受けやすいの。

あの「ゆうちゃん」のへんてこりんがうつっちゃった。


でも、ちゃんと芯があるよ。
だから、好き。

 





 2017_12_06

web拍手 by FC2




12月4日
お誕生日おめでとう


DSC01076.jpg





20代から30代え
たいせつな時・・・







DSC01081.jpg







きみわ
憶えてますか?

時から時え










 2017_12_04

web拍手 by FC2



いくつPWもってますか?
周囲にわそれでいっぱい。

以前、このブログより早いこと一年以上に始めた「そこの猫」だけど、
こんがらがってしまって永久に入れない状態になりました。
携帯から入れるうちにって、ブログ名とIDだけ残して全て削除しました。

罪なことしました。
だって、ののみさんわそのころのおともだちなんだけど、
いまだにブロ友のまんまにリンク貼ってくれてるの。

おいとけばよかった。

今、そのことで手続き中です。
無理やり記事を書けって言われても・・・。
この記事わ、処理が済み次第削除します。

お騒がせしました。





 2017_12_02

web拍手 by FC2



11  « 2017_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

励   み


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.