おうちの前にあるせせらぎに咲く子
わたしたちがきたないことを知ってるかのように


DSC00061.jpg




ろまんてっくになれないの。
忙殺の「ぼう」わ心なくすって書くのね。

ただ、わたしに一生懸命なおひとがいる。
そのことで、なんとしてもクリアしなければならないの。
 
そんなものでしょ?
恩義って。(ふるぅ)

やるっきゃない戦いにグチわない。
できないものが、なんとしても不具合無くこなさなければならない。

それを辛いといえば辛い。
じぶんとしての結晶を光らすのかくすぼらすのか、
それわ、前をむいているのか横をむいているのかの差、でしかないよ。
 
ロマンわ、きっと、そのなかから芽生える。
一歩半歩の苦しみが、最大級の愛えの憧れを夢見させるの。

苦しいのってだれでもわかるよ。
ひとつひとつこなしてゆこうという哀しい姿がやがて愛の贈り物を賜るだろう。
ちゃんとみてるひとがいる。

けっしてむりなことじゃないし、むりっておもっちゃだめだ。
じぶん、じしんの闘い・・・。

ろまんてっくが訪れたら、まじで泣こう。
最大の感謝を伝えよう。
そのために、われを・・・捨てる。

応援してくれるひとたち、亡くなったみんな、
こころゆるした愛するひとたちの前にはずかしくないようなまえのめり。


母が、・・・
生きるため、子供の為に恥を捨てた。

お前にできるか?
もてる力の数倍のちからをもてるか?

不出来なじぶんをどこまで「普通」にできるか。
小さな世界さ。とんでもなく小さすぎ。

そこにいる愛してくれるものわ、「すぐれたもの」をもとめてない。
どれだけふんばれるか、だと思う。
「帰っておいで」って言う。
爆発できないものが帰れない。
なぁ~んのろまんてっくもないから。

ちゃんと、執着し、真摯であれば、
突破できる!





DSC00068.jpg






自然のなかにいたい。
あそこのお花わ、みれない。
きっと、咲く。咲いてる。

求めて止まない風景とかおりと、ほほをかすむ風の優しさよ。
わたしわ、そこを夢見る。
母のまわたにくるまれるかのような。
自然なたったとの動物として。

愛えのこだわりわ、わたしを孤独ににもしよう。
きっときっと、真実が判明する。

ひとつだけお願い。
わが愛するふるさとの大自然のさりげないちいさなものたちよ、
わたしに力くれ。
大自然よ、宇宙の倫理のなかでわたしをゆるしたもう。
わたしわ、いい。クリアできることを証させてくれ。

そうだね・・・「アバター」
自然にまっちしなければ破棄されるよね。
だったら、前を向く。それっきゃない。

 





スポンサーサイト

 2017_05_13

web拍手 by FC2



04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











応援してね?


ランキング競争でわないです。
励みになるから。
うれしいって
思うことあると、
あかるくなれそうな
そんなきがするから。

にほんブログ村

応援お願いします


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.