あなたえ

Category: ご挨拶  



えみちゃんえ。
編み物たいへんだったね?
いつもそばにいてくれることを最大のよろこびって思ってます。

おーちゃんえ。
あなたの詩的感性と接してくれるときのやさしさと
好きです。

ののみさんえ。
またひとつ年を越えます。
ゆっくりでいいけど、ときにわ更新して?
心配になるじゃない?

テリー先生え。
おしゃれなご趣味をあこがれます。
あなたのちゃくじつなやさしさに恐縮してたり。
でも、ちゃんとわたしを見つめててくれてる。
そんなとき、素直に(・o・)ノ はーい!! って言える。
がんば!!!!お祈りしてるから。

レオ・クラのママえ。
愛ってなんだろ?
ほんとの愛って。
どこまでも愛・・・。
わたしもそんなでありたい。



閉鎖的なわたしのぶろぐで来てくれるおひとのこと把握できません。
けど、たしかに応援を頂いてます。
ありがとう。


みなさまの一年のわずかを楽しかったりやさしかったり、癒されてたり、
おつかれさまでした。たのしんでね?
あなたがたのおかげでなんとか続けることのできたブログです。
ほんとにありがとう。

すてきな大晦日と新年をおすごしお迎えくださいね。
来る年もいっしょにいさせてね?





スポンサーサイト

 2016_12_31

web拍手 by FC2



おひさまの照らす陰と陽の風景背景に
ぼくときみのことばの風景を重ねよう

静か過ぎるなんのへんてつもない流れに
もっともすてきなまじわりを認識する

それわ、きっと「信」
そうとしか表現のできないもの


ことばの考察にやさしさしかみいだせないのわ?


 2016_12_25

web拍手 by FC2





流れるピアノ曲がわ
たしのおくそこをかいまみさせてくれる
ささやかなほんのありふれたお花の一瞬がわたしをみつめさせてくれる
いつかゆめみた世界と
直面したあえぎの世界と
それをおもいださせてくれる世界がある



いま、そこにいて
新たにじぶんんをみつめることのできるふしぎ
さも、過ぎ去ったこととわかってても





こんなにも同調してしまう世界わはじめて
波長のふるえがわたしのそれを激震させるのわ?





P1250443.jpg





気づかないほどの風に色づけするなら
薄紫のブルーがかった色

尾をひくように
赤紫に淡い白っぽ
い灰色がかすめてゆく



わたしのすきな色








P1250447.jpg





だれにもきづかれないで
そこにいよう

ことばの旋律に
わたしのはなれていったことばたちをさがそう


ほんとに望むわたしがあるのなら
すなおにうけいれよう

ほんとのわたしえ








 2016_12_24

web拍手 by FC2

Category: こころ  


弱いものの
さいごのとりで

こわがらないこと



 2016_12_21

web拍手 by FC2





そのとき、もう見ようとせずに
目をつむるの

見えにくいものをおっかけない
五感・・・

そんなことが多くなった近頃
ずっと、瞑っていられるのらそうしたい


なにも話せなくなったわけ
そんなことにもあるのかな?














P1250424.jpg




P1250425.jpg






あなたのかげるとき
わたしがみえますか?

あなたがひなたのとき
わたしがみえますか?



わたしわ、いくつものあなたをしってて
いくつもの世界であなたをみつめることができる

かげるときも
ひなたのときも

そこにあたながいる
それがうれしいの
















P1250410.jpg



P1250415.jpg








はなれてても
わたしわそこにいる

こころがそこにいる
どんなだって



そのやさしさに
すなおにだかれてるだろう

もとめて
だかれてるっておもいこみながら生きるだろう




わたしわ、
そこにいるのだから生きるのだ

どんなにとおくても
わたしにわ見える









P1250409.jpg





ほんとに生きてる




 2016_12_19

web拍手 by FC2

ばくろ

Category: こころ  



きっと、すてきなひとがたくさんいる。
みようとしてないだけ。

みても・・・じぶんのなかの「不信感」わ拒否ってて、
素直になれないでいたり。

この「こぶ」のようなものってなに?
じぶんでわわからない。

でも、だれも言ってくれない。
みんな知ってて、でも、言わない。

それって、じぶんのせい。
ほんと、さみしい性格って思う。

「あんたは、ひとが近寄ってきても拒んでる」
「なんでそうなの?」
そしてなみだぐんだ。

ごめんよ。
ごめんよ。





P1210545_201612170806216c4.jpg












どうしても、みえちゃっていけない。
それもひととひとのなかで必要なんだって・・・。
でも、みえちゃう。そのことで、そのことに勝てない。

これまでも、これからも、
ずっとそうなのかも。

ほんとわ、じぶんがいちばんうそつきじゃないのか?
にこにこあいそよくなんなく生きやがって。









P1210547_201612170818004a5.jpg









すてきな風景にであえたの。
そこにわ、やわらかな、しなやかな、理性的な、
・・・。
詩人さん。

逃げ込んでる。
夢。
「ほんとわ」・・・なんてせんぼうをもってその世界に浸って、
できもしないやさしさにじぶんをいちづける。











P1230149.jpg











じぶんの内面わ、「女性」。
そのものをはずせば、なんてことなく生きてゆける。
そのことじたいをじぶんとみとめないがため、
まったく違う言動に。
理想としてのの「侠」にじぶんをおき、
1+1=2とだけ生きたきた。

内面をそのままにすれば、きっと。もてもて。
わかってるんだけど。

だからこそ、反逆してるんだよね。




ひとり、その全てを知ってて、
それでも愛してくれるひとがいる。

そこでいっつもあそぶの。
まるで天使のように。

その風景を夢みてる。
オトコを精一杯に張りながら。







P1180459.jpg




ううん、なんでもないの。
つい、すてきな世界にこころがやわらいだだけ。

 

 2016_12_17

web拍手 by FC2

その先

Category:  



恋を描いてるときって
なにもかもが恋色で
ほかのことがなんも目に入らなくって

まるで夢描く天使となってゆく





P1250405.jpg





微動さえもみおとさず
その意味にさえのめりこんでゆく

おなじ苦しみをひたかくし
それぞれがかすかな切り口さえもいたわり
前え前えといざないあってゆく

個々の波わ
おたがいにせせりあいぶつかりくだけ
そのその修復わ永遠にありえないとおもいきあと

静的なのにそのパワーわ砕け散ってゆくかと思われたものよりも
ど太くおだやかでやさしさにみちてゆく
 

ことばの必要でなくなったひとときを
ちいさな微音わ破列的にこころのおくそこにとどろき
混迷したふあんにエイッ! |。・)ノ‐⌒ο イシナゲ!!

愛してる
って・・・








P1180459.jpg











なんでもないこどもじみたおあそびとしかとれない
冗談なしぐさやおおっぴらな笑顔が
大地と宙をつつみこむかのようにすいこんでしまう

どんなにどんなだって
ぜったいにしあわせのかけらがある
なんでもないことによってかなしみを圧倒するのだ

そうやって生きてゆく
たったのふたりなのだからって










P1180408.jpg






ちいさくちいさくほんのそこだけをみつめて
・・・
かなしみやくるしみわいっぱい

でもたいせつなことだけわなによりもじっくりとみつめ
そのことを最大に夢思い
そのほかのことわ・・・
射られたものを盾にてはねかえし
そしらぬふりしてなんもなかったんだってしらんぷりんして
またその夢の続きをたどってゆこう

ややもすると
すねぼんをつきそうになる
それじゃぁ夢わにげちゃう
ちゃんと夢見るとき
ちゃんと大地にふんばってなきゃね
仰角8度のさきにある莫大なしあわせをみつめて










 2016_12_13

web拍手 by FC2

ひととき

Category: > 恋ひとえ  


もしも、どんなことあっても
いつものように
「好き」っていってくれたら

ううん どんなことあっても

そこからひとつの勇気をもつだろう






P1250406.jpg






・・・くすっ^^
思うさ
なんににもまけないすがた
それわ、あけっぴろげ

すてきだね
きみ
大好きだよ

次第次第に
これまでよりもしだいにしだいに


きれい・・・
(だれにもいわれたことないから・・・)
 
 




っていいながら~~~
どっかいなくなっていないんだよなぁ~~~
いっつも




P1250404.jpg







しあわせだよ
きみがいる、それだけで

ただ、ちゃんといてくれよ
き・ま・ぐ・れ・さん~~~




あははははははっははあはははっははははっはははは








 2016_12_10

web拍手 by FC2

追憶

Category:  

ふたりのテーマを贈ります。
まるでふたり、そのもの・・・。








1204
きみのお誕生日
(ぼくの数字)-13=(きみの数字)

ちっぽけな贈り物にほほすりしたきみ
なんてけなげな


きっと、笑顔の贈り物がきょうの日にありますように
おめでとう





P1230370.jpg





どした?



なんだったんだろ?
気をうしなってた?



おどろいたよ。動かなくなったから。



りゅうちゃんが強く抱きしめすぎて・・・。



あぁ・・・ごめん。
つい、感情がちからになってしまう・・・。




強くは、もうやめてね^^。
くすっ^^。







P1220525_20160618195649cd9.jpg





ふたけたの数字が
ひとつ超える前から、ひとつ超えたときまで
そのときにいっしょにいてあげる

その”時”の流れわ
永遠にぼくのもの
けっしてわすれない




憶えてるかい?











 2016_12_04

web拍手 by FC2



11  « 2016_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











応援してね?


ランキング競争でわないです。
励みになるから。
うれしいって
思うことあると、
あかるくなれそうな
そんなきがするから。

にほんブログ村

応援お願いします


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.