Category: さりげない風景  




ハンバーグを作ったら、お菓子になってるし^^;;;;
サトイモ煮たら、フライドチキンになってるし
でも、やさい炒めでぐっとおいしかった

なんでもいいのさ
全部じぶんのせいであり
「しかたないなぁ」って


なんか・・・
やさしくしてみたくなったんよ
じ・ぶ・ん に




いっつも・・・ごめんね
こんな性格のわたしについてきてくれてありがとう

でも、、、かわいいよ?
もひとりのわたしが思う
『いい子』















スポンサーサイト
 2016_01_28

web拍手 by FC2


話したくてしかたないときにきみわいない
そのことがおかしくてほくそえみながら「あぁ・・・」

ままにならないことにもなれて
ひとりで解釈して解決につなげてしまえば
あじけないあたりきの結果だけがおおいかぶさってくる
 
ひとりじゃなんの変化もみいだせない
なんの印象もそこに存在しない






18722379_org.jpg





ほめてほしい
つまんないちっぽけなかげのうすいわたしを

どんなにかよろこぶことでしょう
そのほめことばに世界をひろげて
きっとなみだぐむことでしょう

あなたがうそつきでないことをよく知ってて
すなおにうけとめるよろこび
あなたにいてほしい














P1200113.jpg








きついひとことがめのまえを真っ暗にする
けど、あなたのきつさわわたしえと浸透してゆく
原動力になってゆく

こころにぶあつい盾をかたくなに
そんなわたしわだれのことばをも信じない
「うそ」ってわかる『うそ』を深くよみとる努力をしない

ダイレクトが好き
たったのうそって感じたとき
どんなすばらしいうそも拒否ってしまう弱さ

あなたをききたい
あなたの真実








P1200117.jpg






きみがいまここにいたなら
ひとことでよかった

ながくにありがと
いとおしいひと









 2016_01_25

web拍手 by FC2




来客にわ、手作りのお料理でもてなします。
きまって驚いたような顔してみつめてきます。

なぁんにもしないでいいように、
ゆっくりとしてもらえるように。

きっと、そんなの好きなのかな?


お掃除や片付け、めだかちゃんたちのお世話、
そんなのすきなのかも。

質素でわあるけど、
それなりにたのしみかたってあるのよきっと。

なんかいいことありそう・・・。
なんかそんな気がするんだぁ。





 2016_01_18

web拍手 by FC2

宝箱の結晶

Category:  

ぼくの大好きなおともだちが
すなおでやさしくて夢ふくらませてあったかで
きゃわいい~おはなしをした

なんだか・・・いっしょになって夢みたくなっちゃった
くすっ^^

えっとぉ・・・










いつも笑顔なかっぱつなおとこの子がいました
なんでも「いいよぉ~^^」っていう子でした
みんながきもちよくなってくれるのをうれしがってました

あんまりちっちゃいことにこだわることができない子なのかな?
それとも・・・



ある日、いっぱいちっちゃくなるおんなの子が泣いてました
おとこの子わ
「どうしたん?」
おんなの子わ
「・・・」

そしてある日、ほかのおとこの子たちからからかわれてました
おとこの子わ、まるでおかぁさんがいじめられてるようにみえてしまい
いたたまれませんでした

めのまえがなんもみえなくなって
おんなのこのまえでたちはだかりました

もう、・・・なによりもこのことだけしかみえてませんでした
ここ・・から引いたらもう、最低な子になると思い込んだ




気付いたら、だぁれもいませんでした
だぁれも
おんなの子もそしらぬそぶりでした

ひとり
ひ・と・り

「やけ」わいけないよ?
おとこの子わにこっってした



その後、半年のあいだ、、、
だぁれも口をきいてくれない
ひとり


おとこの子わ
いつかしら「これでよかったし、これでなければいけなかった」
ってこころにつぶやった






好きだった園芸のクラブで育ててた菊が
いっぱい入賞したの
いっぱいだよぉ~♪

教頭先生が
「りゅう」
「ううん?」
「さわってみぃ?」
「・・・」
「あったかいか?」
「うん」
「それはな、おまえがただしいからやぞ?」

菊を大切に育ててた、育てることことができたのわ
ひとりぼっちだったから
いつもおはなしをしたの
そしたら、おはなしが返ってきた
やさしいことばしかきこえてこなかった

ううんほんとのおはなし
おとこの子わふしぎな世界を実感した
ふしぎでわなかったのかも

おとこの子わ
もいちど苦しんでもいいからおはなしができればなぁ
なんて思った

けど、二度と菊とのおはなしわなかった
おとこの子わ
でも、いっつも語りかけるの思ったことをささやくように
・・・「自然」を愛し始めた瞬間だよ




なんもわるいことがわるいことじゃないよ
どっちにころんでも
いい方向にかえることができるのわじぶんだし
その基本わ「やさしさ」でいいんだよ?
ほんとに思い込んだやさしさでいいんだよ?

きっと、どんなでも、
きっと、愛されるよ

その愛で生きることできるよ?




って、
そのおとこの子
また、らららぁ~って大手を振ってどまんなかの歩道を
にこやかに歩いてるよ


いっつもいっつも
どんなことにでも
「いいよぉ~」って言ってる子に返ってるよ

たったの愛されてるという閃光の希望にささえられて
たったのそれだけの人生だったとしても






おともだちのかわゆさにくらべればけったい
けど、こんなちっぽけなおはなし、すきだな

ありがとう








 2016_01_13

web拍手 by FC2

Category: こころ  




しずかにしずかに目をつむろう
そこにわ大好きな曲がながれ、とてもありふれた風景

「とてもありふれた」
そうつぶやくとよろこびと哀しみの交錯

生きてるんだ
とんでもなくはずれたコトバを念じた

『生きてるんだ』
そのコトバのなかにじぶんだけじゃない世界ってつぶやる

その『哀しみ』わ、ひとひとのかかわりのなかにあって
その『よろこび』わ、『哀しみ』のなかではぐくまれ
いつか・・・自信に満ちた愛にまみれたひとことえと

ぼくだけが哀しいんじゃない
哀しみを抑するように威を発するところに
その種があるその起因がある

なんも欲もなくなんの見栄さえもなく
ただ、ぼくのもとめてやまないものとわ










大山







あなたが哀しんでるのなら
いますぐそこにいよう

あなたが楽しくてしかたないのなら
そばでみつめよう

あなたが突き進むとき
ぼくわ、なんも言わないでみまもろう



そのとき、
すこしでいいからぼくのことふりかえってみて?

ここにいるよぉ?
ずっとここにいるよぉ?










P1210547.jpg













いっぱい信じる
そのことでなんもだめなのに
たったのそんなことだけがじぶんなんだって・・・

あほや
かっこわる
そういくらぼくにたくさん言ったとしてなに?

ぼくのもとめてやまないものわ
もっとずっとあっち・・・











P1210565_2016011109315813b.jpg









しずかに目をつむろう
じぶんにかたりかけるように
じぶんを信じてるって言い続けるために

じぶんがじぶんをままにできないことさえも
じぶんじしんのことって疑わないでいよう



このままでいいんだよぉ?
そのまんまでいいんだよ?

いつもならこうなのに
いつもならこうしてるのに

けっしてひとことでも
『いつもなら』なんて言わない
じぶんのせいにしてるでしょ?

なんもだめでも
たったの、じぶんを信じることだけわやめてわならない


いつかはっきりとするときがくる














 2016_01_11

web拍手 by FC2

好きな箱のなか

Category:  

幼い頃、せまくってくらいところにいるのが好きだった。
そこに信頼する妹がいたらどっちも安心・・・みたいな。

だれもここにわ入られない。
護られてる。



いま、こうしてピアノを聴きながらなんも描いてないとき、
ここにわだれもいないということ。
じぶんからどっかに行かないとだれにもあえないということ。
さみしさよりも、なにごともないことの安心。

日記をいつもよりもやさしく丁寧に書いてみたり、
予定表に未定のたのしいことを書き連ねてみたり。




「ほんとのこと」わわたしに沈黙させる。
でも、『ほんとのこと』わ、わたしを苦悶させてる。
どうしてなんも言えない子になっちゃったの?

はだかになって大手を振って道のまんなかを
はだかの王さまのようにららららぁ~♪って。
したい・・・。

「あの子・・・変」
って言われてもいいよ。
でも、しずかに笑顔でみつめるあなたにいてほしい。
だったら、なんもこわくないよ。




あなたにだけ『安心』してて、
そのときを夢みてるときが、
わたしの世界。

こどもにたちかえりあっちむいてすねてみせる。
ちゃんとみつめてくれてるのを感じながら。

そんなちいさな世界にいることが好き。
なんも起こらないことが好き・・・。












 2016_01_10

web拍手 by FC2


となりのわんちゃんわ、小っちゃいとき捨て犬だった。
兄弟で爽やかに遊ぶ姿にほほえんだ。

うちでかわいがってやろぅ!
どっちも。

本家のおっちゃんが繋いじゃった。
あぁ・・・。


毎日慟哭。
哀しそうに。

お散歩・・・。
おさんぽ・・・。

って。

ひとり死んじゃった。
独りぼっち。

慟哭。
(こわいよぉ)
・・・だれかぁ~
って・・・。



おばちゃん、入院。
おっちゃん、死んじゃった。

糞とりだけのむすめが17時に来る。
どんなもの食べさせてあげてるんだろ?


わたしたちを見るとめっちゃ吼えるの。
いく~~~って。

お散歩することに集中してた。
どんなにかどんなにか一気にお散歩って感じ。

そんなに行ってあげられないんだよぉ???
ごめんね。

たったの人間というやつの暗黙の常識。
ごめんね。




死んじゃった。

「もういちどお散歩してやりたかった」
「わたしもそう思う」

・・・
うち、強引に連れ去ればよかった。


かなしいなって思った。
悲しすぎるって思った。

ねこちゃもわんちゃも
みんないっしょだよ?ニンゲンと。

ごめんね。
これで兄弟とあえて、、、いっぱいお遊びしなさい。

ほんとにごめんね。

 2016_01_08

web拍手 by FC2



哀しみのなかで迎える新年
猫のちょこをこころにずっと存在させ
どうにかしてほほえましいことを追い求めようとする

それだけでなく
今、このとき、ここに愛があるんだということ

そうちょこわ訓える
ちょこ・・・ありがとう







P1220982-2.jpg







なにが大切なのか
いま、なにが大事なのか

もう、よこみちにそれないよ
もう、・・・こだわらないよ
[竜]_・。)








P1220963.jpg









みんな生きてる
それわ、戦いじゃない
「護ろう」としてるにちがいない


なつわ、もっともっといっぱい前に
自然のなかで感じてじぶんを律した
それわ、川の流れにつまるところ逆行した

それわ、・・・ただのわがままだったの?
愛した自然に反してたとしたら・・・

溶け合わないんだ
自然がそっぽ向いてる
強く感じてしまってる

だから?
うん、じぶんを変える











P1220964.jpg






じぶんわ護られた
もう、いいでしょ?

これからわ
おっきく護るひとになりたい

強く強く惑うことのない強さで
あまりにつおいわたし、なつ

それを「いい方向」に照準をあわせる
それがわたしのつとめ

いい方向?
うん
みんなに安心を感じさせること

そんなに急に変われない
一念をしっかり確認しながらすこしづつ
また泣こう
いっぱい泣こう
隠れて泣くなつから
ちゃんと話せてわかってもらえるように泣こう

涙わ再起の力
涙わ・・・








 2016_01_02

web拍手 by FC2



12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.