2015/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
ひとり                              でも

おさんぽ。

そこにひとのいない独自のあなたがいる。
わたしわ、トコトンそのさりげないふんいきについてゆきたい。
なぁんもいらんよ。
やさしい肌ざわりのかすかなかおり風よ。

ほんとのけがれなきなみだしよう。
だれにはばかることのない。

わたしのうれしなみだ。
なんでもないときのなんでもないできごとのなか、
とめどないなみだしよう。

あなたがみててくれてる。
どんなだって!
さらけだしたわたしのはだかそのものをたしかめてほしい。



あるとき、
あることばの末に、
ありえないにぶいにくしみを感じてしまう。

それが、ひっついてひっついて、
わたしを狂わせる。

それがわたしを
ずっといぜんの大胆なしにものぐるいをめざめさせ、
・・・なんてことのないなみだをわたしになげつける。

へっちゃらじゃないのに
へっちゃらもどき。




おーい
なつ

・・・すきだよ
おまえのかなしみ

そぐわないとしても
ぜったいにへんだなんておもってあげない

きっと、ふかいふかいとこの













剣道でわ、「心気力一致」とある。
静のなかの動。

丁寧にこなすことでひとつひとつを克服す。
みのがしてわいけない。

どんなに「低脳児」と言われてきたわたしでも、
一寸の虫にも五分の魂。

為せばなる。
為さねばならぬ。








愛するものがあるかぎり。
負けない。




















スポンサーサイト
こころかがみ

お写真にろまんてっく
そこからじわぁって
ううん、自分にとって、だ・け・だ・と・し・て・・・も
それが「張り」
 
だれもほめてくれないのに
だからこそ、好きって
 
ふたりっきりにでもなったような
もとめてやまないじぶんのとき

きれいごとなんていい
本音で来い
うすぎたなくけがれゆくわたしの内こころよ


・・・どこにぶつけよう?
にくしみににたちゅうとはんぱなまよい

もっともっとこどもでいたい









じぶんもて
つかんでて
はなれちゃだめ
じぶん、つかまえて
 











どこにもいかない
ここ・・・にいる

ここ、がいい


じぶんえ問いかける
じぶんにいいきかせたい

ちゃうよぉって
いっぱいいろめいてるよぉって




ここにいる
あと
・・・





なみだわかくご。
もう、まけていいんだって防御。

なみだわ、あなたえ。
ううん、とおくから。




どしてひとわひとをこうげきする
ほしん

世界のみなさまのへいわとこうふくを祈ってる
だれもじゃないの?

・・・もう、げんかいかなぁ
こどもんときのめっちゃきついこうげきとわ
すこし、ううん、だいぶちがう



なみだがとまらない






ほんねが言えるところがない
まったくなくなったらどうしよ

あんのん
いかされることのわかってるつもり

失望
できなきゃあしたわない


で なくても
あしたわないさ

みりょくわかもしだすもの
こんなにもつまんない「よのなか」に
ひとつひとつしだいにほんろうされまどわされ
・・・もう、








思い出と感謝とやさしさと


あなたの「ふい」なおこえがけ
もっともっと大切に脳裏にきざみこめばよかった

でも、しっかりとおぼえてるわ
やさしいことば

どんなにくらくて苦悶ばかりでも
あなたわことばにやさしかった

あっちのことに染まってるのに
「ふい」をつかれたように
そこじゃないとこのよさにきづかされる

いつまでもいつまでも
わたしわ、あなたが大切だ









P1220880.jpg












ほんと、いつまでたっても訪れるおひとの少ないブログです。
けど、わたしわ、だからこそみなさまを大切に思う。

ながくながく。
こころのよりどころにしたい。


わたしの表現わこども。
いたらないところがいっぱい。

ありがとう。








愛するものたちえ愛してくれるものたちえよわきものより


P1220872.jpg








ほんとわしあわせだよ
なにが?
愛されてること・・・

だからこそ、もがくのさ
もがいてもがいて
ないてないてないて・・・

おっつけない・・・
ちっちゃいじぶん



それでも
愛してくれて・・・

なんで?
なんで?
・・・なんで?

いちばんかなしいって思った
こんなやつ!って
じぶん、みんなを思う
ごめんね
でも、じぶんよがりで生きてない
それだけわかってて

















P1220882.jpg











ずっと、・・・しにばしょえらび
生きてることよりも
みんなのしあわせ空想

そこまできたか?・・・
なつ・・・
力なき弱気なやんちゃぼうずさん













P1220879.jpg













きこ?
やさしい歌

すこしでもふんばる・・・ふんばる気持ちをたずさえるために
勇気をくれ
前方仰角15度をにらみつけるための
どんなことだってふてぶてしく打ち砕くこころに
わたしをいざなえ











P1220869.jpg












やさしさわ
わたしをむくちにさせ
わたしを孤立させる

わたしさえ
わたしをなくせばみんなわ生きられる

じぶんをころし・・・
信じがたい堪忍をうけいれる

愛に愛でこたえる
精一杯のわたしより
なんにもしらないみんなえ











やさしい歌を聴こう
わたしのかたちもなんもないメッセージ
つよくつよく発しながら

つい、、、、、、、、、、
でることばって
ごめんねばっかしやん。。。。
ごめんね










時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示