2014/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
求心

いろんなお話がしたい
いっぱいつもりつもってて、なんも言えないかもだけど

・・・わたしわ・・・普通じゃない
みんなわ普通を受け入れて
わたしのことばわ届かない

けど、きみなら通じる
やっぱ、きみといたい

おーい!
おーい。・゚゚・(o_ _)/[壁]


もう、たったの真実だけでいい
なんも知ってるきみと
おだやかな時間を無言であってもいっしょにいたい

きみえ
9年のきみえ

                        なつ





にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ
にほんブログ村


            
スポンサーサイト
ひとりの世界

いたいところ、きみのそば。
いつだって言えないきもち。

こんど帰ったら言う。
ずっといたいって。
39↑
FBでログインできなくなって、月曜日から奮闘中。
そもそも、以前試しに登録したものがあって、それがぐちゃぐちゃになってるって感じ。
ひとつわ消した。
元のFBに帰れると信じてるけど・・・。

PASSWORDがこわくなった。
だれにじぶんだって言えば
しんじてもらえるのだろ?

夜中でも玄関あけっぱの世界にいると、
こんなむずい世の中なんて・・・・
エイッ! |。・)ノ‐⌒ο イシナゲ!!













ただ、なつかしいおともだちがお声がけしてた。
東京の「なつ」、「みく」だった。

またログインできないかもって思うと、おしとどめた。
。・゚゚・(o_ _)/[壁]














甘い風景

『ずっとあなたが好きでした 』












なんもかんがえられなくなると
ぼくわあなたえ飛ぶ

そこで、あなたのほほえむようすをみつめてる
そこで、ぼくわまっしろになって宇宙の∞に

尽きることのない「夢」として
一枚の動かない風景にわ
旋律とかおりと愛のささやきがわきいでてゆく








P1210124.jpg






おとこまさりのあなたわ
舌だしではずかしそうにうわめづかいで
野の一輪をわたしにほほえむ

哀しき少女に
・・・いのち、ささげるって思ってしまう






P1210123.jpg






「愛してる」
そんなことばさえ言えないあなたわ
いつか
わたしのだいすきなお花をとおして
しだいに「おんな」になってゆく


さりげない野のお花に
「かわいいでしょ?」

(*゚・゚)えっ?
あなたのことば・・・?


やさしさを知るということわ
もとめていたそのやさしさをめざめさせる


やさしさにわやさしさが共鳴し
いつかしらすべてが物語に夢にそまってゆく

そのすべてわ
微動さえもさりげない美しさに現されゆく

なにもかも
なにもかも
あたたえ ぼくえ





P1210136.jpg




「ふたりの世界」
いつでもどこでもあなたがいて
いつでもどこでもぼくがいる

いつだって
世界の風景にあるのわ夢
小高い見晴らしでささやくふたりのおだやかな風景





P1210112.jpg





いつでも
どんなでも
ずっと、愛してるから

それ、だけわ
信じてて?











にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ




まちどおしい



ありがとう かけがえのない なつ   前と変わらず 大好きだよ 音信不通で ごめんなさい もうちょっとしたら そばにいかせて!?





ありがとう
かけがえのない popo
ずっと大好きだよ
音信不通わなれっこ
なんだか・・・・
いっぱいおはなしができる予感がする

popo


様子みしてくれてるんじゃない?
ねぇ?

連絡とれなくなって、「こころに」穴があいたよう」
いつもいつもいてくれるって安心してた
いなくなって、だれもいないってほどに

さみしいよ
連絡して



もらった曲のフォルダー聴くと
おもいだすことって
とことん語りつくしたようす

あなたわ、とことんどこまでも
どこまでもぼくを自信に満たした

かっこしぃのきみわ
どこか壁をつくってた
だからって、、じっとしてた
言いたくないことわそっとした

どこまでも友達だ
いなくなってわかったこと
大切ってこと

yumeiro






あの握手
いつものあの握手

普通の握手
平気な握手


もしも、
のもしもがないもしも

逢えてなかったなら





こころの片隅からちらちらとするもの
それが
ほんとのさよならのこと

さまよい
現実にかえるとき
もうそこにわいられないじぶんに気づいて

それ、
抜け殻?


恋わ夢色
なにもかもが夢色

夢うつくしければそのぶんだけ
みんないっしょに持ち去られてゆくような

なぁんもかも
なぁんもかも




一生分の愛のことばつかっちゃった
命の脈打つおはなし、
恋がからむと、ずかずかとこころのおくそこまで突ききって
そして
かなしみにみつめあう
それが共鳴したさみしさからの安堵



恋わ夢色
ことばのすべてが「好き」に飾られた夢



しぼりこんだことばの結晶
それをあなたわ
ただ、ほほえんだ

あなたに逢えて
やっぱりよかったって思う










よかったんだって
いまでも「そのことば」を胸に
そして、堂々として
そして、よわよわしくっても
・・・どんつきさえもこわくないって思う強さ秘めて

かなしいゆめとそのゆめ



うれしいの

なにが?
いっぱい

ねむれるの?
うん いっぱい
遅刻しそうなくらい

遅刻したの?
時半に偶然めざめてよかった
まにあった?
新記録だったよ 7時半事務所だったよ

よかったね?
やればできるさぁ~遠い星(みつめて)

お弁当わ?
20分で炊いておべんとうのかわゆいのつくった
へ~~
えっへんっ!






って・・・
夢。。。

ただ、そんな気がする
だから、生きてるのさ





カウント5



岡山に一年半いたとき、この曲に「ささえられてた」。









P1210069.jpg





秋のすてきな風景たち
精一杯の野のお花たち
いっしょにいてくれたみんな

まったくのひとりぽっちのとこえ行くね
闘うことしかイメージがわかないのわ
ひとりということが怖いから
それだけ







DSC_0136.jpg



あなたのやさしい笑顔
忘れない
ずっと描いてるから






DSC_0116.jpg






DSC_0138.jpg






行ってきます。




あなたえの思い


77168118_org_20141103025825d7a.jpg




あなたのすきなものわなに?
あなたのゆきたいとこってどこ?

いっぱい考え込んでしまう
でも、きっと、
あなたわ、わたしのすてきなことをって思ってる








P1210013.jpg







どうしてもすばらしいときをすごさせてあげたい
そのためにわ、いっぱいじぶんをしずめること
それだけ。。。






時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示