2014/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
そのちっぽけのなかにいたいだけ


くすっ
ダイソーでちっちゃなお弁当箱3段

いただいてみたら
ミカケとちがってどっしりといっぱい

おもちゃほどのなかに
なにかしらわらいごえ

ききまちがい?
そらみみ?







P1200818.jpg








さみしいきもちからにげようと?
みないように、そむけ?

もう、なみださえ新鮮に感じちゃう
どんなにか形容詞をつけるがいい



でも、つまるところ
さみしい

どっかににげみち
どっかにいいわけ

でも生きてることのちっぽけってすてぜりふ
おかぁちゃん・・・


そうやったん?
ひとりだよぉ
ごめんね








P1200814.jpg







日記帳、大学ノートに1m
焼いたの

永遠のこころの葛藤
不二のいみとわ



















ちいさなものにつまってたもの
ミカケとちがってるかとおもえる世界

不信にとがったするどいわたしのこころよ
ちっちゃいせかいのひとこまに
そこにつまってる明るい世界に

たったのそのことに
すこしでも『明るい』ものと接したことに
おしころそう
もうなんも
なんも

もう、いらん子だけ




スポンサーサイト




こころがおいてあるとこ
お散歩道

恥ずかしがらない山村のひびき
永遠にわたしのこころのなかにあるだろう


ながれのなかで
もうひとつのうらぎらなかった情景

わたしわこのことを愛した
信じた・・・






P1200812.jpg






独りがにあうのね?
独りのときのゆめみる笑い声

それを追憶というのなら
追憶をえらぶことができないのなら
前をむこう


独りわいつだってひとりじゃなくって
ゆめと希望にみちてて
ときめいて・・・きっと実現させて・・・・


現実のおいろけなしに
眩当して半歩さがれば
もう、おしまい

ゆめわそれでおしまい
独りのゆめわわらいごえにみちてるというのに











P1200815.jpg








ずっと







ゆうちゃ

がんばりすぎないで?
つよがりさぁん~~~

ぎゃ


わたしわやわらかです
いっぱいこどもで
でも、

つい、おはなしができなくなります
ちょうしのいいときって○

かくしちゃう
そんなのおもしろくないから

みんなにめいわくかけたくないから
ゆうちゃががんばってる
それがうれしいの

ことば
なくってもさ
きっと・・・

























































あざぁ~~~っす

くすっ^^;
ほっとこぉ









しあわせのいっぱいって


ううん
なんでもないこと

好きなときにお料理して
好きなときにおべんとうつくり

すこしくらいの音楽だって
すこしくらいの食器の音だって

だれのせいにもしないこと
だれのせいにしなくってもいいこと


真にだれかのために
だれかおもって
ほんで、しずかにおもいやってて



そんななんでもない
なんでもないことが
めっちゃすきやったやん?・・・

なんでもないことの
・・・感謝します

ありがとう



回想


L'Arc~en~Ciel
   ~・~・~・~・花葬

そのフォルダーにわ
「もらいもの」って

たくさんの曲で
そのひとつひとつ
だれからってわかる






14232671_org
posted by (C)なつ





きみわどうしてますか?





みまもられ お誕生のお祝い


なんにもいわない
「よかったね^^」って

なにしても
にこっ






P1170241
posted by  (C)なつ





かなしいことよりも
ずっしりうれしい

まだ、
これでもいいんだぁ?・・・

それなら
このままにいく!

なぁんてあまえてしまう







P1170416
夏の夢 posted by  (C)なつ






じぶんもだいじにしろよ
ごめんね







ゆくえふめいの快感

おひとおもいからのエスケープ
じぶんの時間ってなんだっけ?

電源カットの携帯を忘れてしまうほどに
じぶんにやっとなれた時間とわ




P1070099
posted by (C)なつ





あまりの人恋しさわ
そのことで傷の因をうませてしまう

ひとり勝手でいいのよ
それでちょうどいい


怒りにも似たなげせりふ
くりかえしたむなしさよ






P1070040
posted by  (C)なつ








言わなきゃ通じない
だからだまってしまうだけ

言っても通じないかもしれない風景
その落胆がこわいだけ




わたしだって
じぶんのために逃げることができる










といいながら
たわむれもつれあうなかの夢をみて




すたこらさっさ~♪


逃げること
それだってわるくない

なにも真実を急がなくっていいから
不必要な誤解だって望まないから



ともだちのおうちで
いろんなお話してた

二十歳のころからの親友
そこに逃げてたの

たくさんのなかの今のこのとき


さわやかな希望の朝よ
このときが一番好きだ

フェイドインのひぐらしさん
止まった朝の風にのり

さりげない炊事からの旋律わ
生きてることをおもいださせ
まして愛に満ちている


先をみつめすぎてしまうと見逃しそうになってしまう風景
今を感謝できることがしあわせさがし






きょうこそ、ゆっくり・・・


8日、京都転勤が決まった。

そのほかのことのひとつだって言えそうで言えない。
だれにも。


反動でおうちまわりやお墓、わんちゃ・ねこちゃのお墓掃除・・・。
毎日が一生懸命だった。


ぬぐえないもの、「異世界」。
記憶の抹消。



なんか・・・お客さんがごったがえして、
じぶんがじぶんでないような。


ちゅかれた。。。







時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示