2014/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
沈黙のわけ
P1200610
posted by (C)なつ





じぶんのやさしさが
あなたに負けたとき

どしてもわるぶってしまう
ひとつのじぇらしー





理詰めにわかなわない
理路整然とした風景

恋歌わ
つきつめない不安定さに色づくような






P1200604
不可思議のなかの共有 posted by  (C)なつ






あなたがなみだぐんだとき
すこしく安堵するのわなぜ?

堂々とそこにいられるから
すがりつかれることで安心するから



うそでもいいから
あなたにわよわくいてほしい・・・





P1200600
髪かざり posted by  (C)なつ






励ませることばわもたない
(ここにいるよ?)
思いがあなたに届きますように





スポンサーサイト
ふたつとひとつ



普段に気を張り詰めてるからかしら
いごこちのいい場所で恍惚になってしまう

相反する世界の情景が繰り返され
そのことにあきらめてしまい追うことに疲れたみたい





P1200586.jpg





「ひとのこころの動き」を追い続けてきたけど
今にいたってわ他の置き所があったのでわ・・・?

学をもって現実を解することできないがごとし
そんな疑心暗鬼、おひとみてて不安になってるこのごろ


ただ、恋の夢の中にいるときだけわちがってた
それわ、正直にじぶんの他のために生きてるかのようだ







P1200584.jpg






いくら寛大そうにみえたとしても
つまるところそのうそっぱちわ見破られてしまう

画策があるから
・・・たぬきわ・・・だ・め

なぁんだ・・・ちっぽけなんだぁ
感じたとたんに理解することをやめた

もう、そのさきに立ち入ることやめた
だって、色気ないもの




それが恋の世界なら
開いた口がふさがらないみたいな

やっぱ、誤解をもろともしなくて口先だけじゃなくって
真剣に笑顔できる姿ってすてきだな









P1200578.jpg







ナイショのつもりだったんだろうな。
耳にしたこと一文一句を告げられたわたし。

すぐに確認すると、
「だれに聞いたの?」って。

どこかに正常でない部分があるかもって確認しただけで、
べつになんてことなかったのに。

あんまりびくびくしてたじろいでるので不審に感じた。
あれ??


やっぱ、口数の多いおひとってすかん。
頭のなかでそこから先を放棄した。

悪意の先をたどれば、そこに染まってしまう。
わたしにわ、きれいなすてきな世界がある。だから。




どんなでも、どんなときだって
こどものようなわたしでいよう

それでいいの





「お昼からお休み」の伝言



TSUTAYAの半額クーポンに当たったの。
6/8まで。

いっぱい借りたい。
えっとぉ・・・
「博士の愛した数式」
「それから」
「アバター」
「少林寺サッカー」
・・・「風の谷のナウシカ」
「もののけ姫」
etc.

いまを逃れたい。
きれいな世界にいたい。





 







「ごめんくださいお花のお写真撮ってもいいですか?」
「あぁ~どうぞどうぞ」

「かわいいですね」
「いっぱい増えるんですよ」

「満天桜っていうんです」
「・・・なんとなくわかります」
「そうですか」

「あげます」
「え?」

ざくざく
「ぁ、歯抜けになっちゃいます」
「いいんですよ。花がお好きのようですから」

「ありがとうございます。
『都忘れ』お好きですか?」
「大好きです」
「お花がもうすぐ終わります。そのあとで株分けします。
おもちします。」

奥様が奥から「わぁ~大好き大好き」って・・・。

今の状態でもいいからさしあげたいっていう衝動。
早くあげたい・・・・。
















あと、10日で母の命日。
28日水曜日、お休みしてお墓に行くの。
そこで、やさしい風景をみんなですごす。



ぁ、春蝉・・・。
なぁんてすてきないまだろ?
こんなひとときのためになみだもし、傷つきもする。
なぁんでもないって思えるから。

かけがえのないこの時に、ありがとう。



こども、陸上部やサッカークラブで疲れたのかしら。
きのうからお休み。
今日も明日も。(~ラッキー~~♪)(ぉいぉい・・・)


みんなでお散歩。
いつものお好み焼でお食事。
DVD鑑賞。
・・・きゃぁ~~~~~~わくわく。





ららららぁ~~~♪






夢ってここ
わたしの風景
そこにきっとあなたがいて

お話するきみわ明るくて
ちょっぴり気づかいめいて

うん
それしかことばないのかい?みたいなわたし







P1200551.jpg





認めるって知ったのって
あのころからかな?

じっと
お話聞いてる

やっと、笑顔で「うん」
いろんな思いを含めて『うん』


すこしお飾りしてことばにすればよろこぶかも
そんなじぶんを想像すると・・・きもい

・・・それ、知ってるにちがいない







P1200538.jpg






ふしぎ・・・
ふしぎ・・・


愛って
・・・ふしぎな雰囲気をかもしてよみがえる


だれにはばかることのない
いばった愛

そのこと自体がすばらしいって
思った

そのことに恋してるのかしら
ほんとわ、あこがれだったにちがいない・・・






P1200529.jpg





おともだちのみんなにありがとうね
みんなにそだてられた

そうでしょ?




春蝉




葛藤でわなくって
いごこちのよさ

かけひきじゃなくって
思うこころ




じっとみまもるということ
みちづれ・・・

感じた愛におどろくということ
恋の再発


そのことわ
だれにも言えない
どっかに消え去ってしまうから










P1200561.jpg






なんにもない
そう感じたときだからすがる?ようなきもち

てまえかってね
でも、気づいてよかった

すこしわひとらしくしてたいもの
もう、あとわ、無言でいい

最大のことばわ
すこしのそぶりから









P1200530.jpg





だれでもがききとることのできるわけでわない音
きみにきかせてあげたい

だれもきづかないことで
ふたりのもの



たよりなげなその音わたくさんの要素をふくみ
その一音でいなくなってしまうかもしれない

星に願うことよりもずっとやさしい
でも、余韻をながく感じているということで
またも春わ終わりを告げる












P1200532.jpg








よろこび、ひとりでないことの



先週に体重を量ると5キロ針が狂ってるって思った
今日、量ると6キロ針がおかしい

お家に帰って量ると、それが間違ってないことに驚く
歩いてると、ジーンズが勝手に脱げてきてしまう




ただ・・・
なんかきもちいい

身体がろまんてっくになってゆく
髪をカットして爽やかになりたい衝動














最近、お薬に頼ってない状況が続く
ただ、眠れなくって寝ない夜が続く

いつか眠るさぁ
脳みそ壊れかけみたいな
















ずっとひとりじゃなかった
ずっといっしょにいてくれた

なんにも話さないわたし
よりそってくれて屈託のない会話


まだわたしに魅力がある
なのかな?って考えてただけ



ここにあなたがいて

もしも?
いただいて欲しいお料理して
・・・失敗したときの夢切れ

きっと?
笑うでしょ?きみ




笑顔が好き





P1200506.jpg




うそ・・・
むかつくし・・・




くすっ^^










P1200518.jpg






きっと、なによりもよろこばなきゃ
しずかなひとみ

どんなであっても
それでも



風を感じるということ
陽射しをゆったりと感じられるということ
お花をみつめててどこにも滑稽さがないということ











P1200526.jpg







akina聴いてる
どこか愛してる、愛したおひとに似てるのわ?

楽しいこと想いうかべて眠ります











にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村


猫生き

小さいことが好き
おひとにわおだやかに
でも、繊細したい

それも、できたら滑稽な雰囲気が好き
それも、いたづらっぽいのが好き



そこで、小さいことに微笑むと
それも、こどものように

きっと、だれもこころのなかで
くすっ^^





甘え上手わ
生き上手

















どんなことでもする・・・
なんでもする・・・

みんなの上手なこと
それ、へたっぴ~♪

半々なとこで
ナルになる



おひとにできないこと
それができるから、ま、いっかぁ~みたいな


恋・・・だって
だれにもできないことしてきたもの

それ、なつ、
ほめて、あ・げ・る

(・o・)ノ はーい!!










黒真珠~東郷池







いっぱいのおひとにわ好かれてない気がするよ
めっちゃ深い好かれ方がひとつでもできたなら
金メダルだよ

きっと、
じぶんさえも知らないところの
ありあまる愛があるからさ

葛藤や苦しみさえも
だから



















ねこちゃんみたいに
くすっって笑って好きにしたら
そっと微笑む笑顔があった










にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

















すこしのおこえがけ


しあわせもとめ
しあわせ感じ

しあわせ確信
しあわせあたえ











わたしにさえわからないこと
おひとのこころの動き

ひとつだけ知ってる
耳をすませるということ



そのことで
おひとわつぎからつぎにことばを発して
鎧兜をとっぱらってゆく

「コモン・センス」の微たりない空間
そのとき、あなたとわたし



深いやさしさが芽生え
深い思いやりが芽生える


その機知わ
いつでもどこでもありわしない


そのとき、
あなたとわたし、
だから、こそぉ・・・



どんなに堕ちても?
そのことだけ

ずっとずっと愛してたい
堕ちるということわ
つおいってことだもん


^^
うれしい
ほんのすこしのことがうれしい




わたしも
ほんのすこしのうれしさ
おひとにあげるの
こ・れ・か・ら・
!!!


















時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示