さぁ!
ひととして大切なことのひとつ
「最後のとき」

一年の計わ終焉にあり
堂々とやんわりと笑顔で過ごそうじゃないか



感謝すべきわ丁寧にご挨拶しよう
雑談に花を咲かせ別れを惜しもう











愛し愛されてることを胸に
愛されてるものらしく

はずかしくない一日にします
行ってきます






スポンサーサイト

 2013_03_29

web拍手 by FC2



富山の職場の先輩からお電話いただいて
「たのしくあそぼうね?」って・・・

2年ぶりの再会が楽しみ
知り合いがいるってだけで
なんだろ?この安堵感わ


岡山の先輩がおっしゃった
「技術よりもひとがら」って

いま、過ぎ去ろうとするとき
また、迎えようとするとき

つまるところ、笑顔していられるということ
このことがとても大切なことなんだって思える








いろんな傷みわあるさ
そのぶん、たくさんのおもいやりも感じるよね?

あと、三日間、そのこころこころに
素直に接したい


最後までムードメーカーとして
部屋を明るくさせたいと思う








 2013_03_27

web拍手 by FC2







だれもにやさしさあって
どこでつまづいちゃうんだろう

だれもに愛するおひとがいて
その思いがつよくて


あのこもそのこも
愛されてるおひと

でも
だれかを愛してて
それがどこかで無理してて・・・




パジャマになってゆったりしてるとき好き
ゆ~ったり

つい、かっぱ口して
「だれかに愛されてる」予感

ちゃんと動物らしく正義でいようって思ってしまう
どんなときどんなことがここってとき大切なんだろ?って

愛してくれる人に
「いいよ^^」って言われますように


毛布を前に
しだいに胎児にもどってゆく

にこって胎児がしてるように
なんだかわたしもにこってしながら眠ってゆく








 2013_03_26

web拍手 by FC2





だいじょうぶ
かえっておいで?

どんなあなたでも
いっしょだよ?


いつも
い・て・あ・げ・る









 2013_03_25

web拍手 by FC2






その真実のことばの先の
言えないもどかしさ

そこまでしか言えないすこしのらしさ
そこに好かれてるのを知ってて

無口にならなくっても
ちゃんと言えばいいのに・・・


こころで・・・
真実言ってしまったら
何にも言えなくなっちゃった









村でどんなことがあるのかわかんない
少なくとも、「うれしい」


なんか・・・励まされてるきがして













今日、孤独にかえるの
いっぱいの見えないとこ

奥深くに、強い愛を感じながら


ふだんならできないことも
じぶんでする

やっと、強さを表現できるばしょだから
さみしくっても頑張る



とっても楽しかった鳥取・・・またね.....(/_・、)/~~





 2013_03_24

web拍手 by FC2











わたしの・・・
こころのすみか・・・

全ての全てを
ここを全てとして

わたしをまるでこどもあつかいにする・・・
ちいさくほほえみながら
こきざみに腕を振って歩きながら甘える


なに?どしたの?
いっぱい嘲笑っていいよ
わたしわわたしそのものでいる
なんのおきまりごともない

わたしわ!野生!











「ぼく・・・もしかして(1)がふたつあるかも・・・」
「(*゚・゚)えっ? 」

「・・・にがてなんだもん」
「ふたつもあるの??}

「(2)のほうが多いよ」
「そっかぁ(ん?)」


いい考え方だ・・・
洋のように前のめりに進んでる
で、3段階のような気がするけど・・・


大空の下で
小さく「6年生からがんばるからいいもん」

大空の下で
こころで『楽しければいいよ』












ちがう・・・
ひとりでお散歩してるときと

なにが足りてないのかがはっきりした


こころを開くひとがいなければ
どんなにすてきな場所にいても
わたしわ、ただ苦しんでるんだって・・・・・




さぁ、オオカミの洞窟に帰ろう
そこで命をそのままに
生きてる証を感じよう
















 2013_03_22

web拍手 by FC2



いま、目の前の窓際で
目をつむって手を丸めこんでなんも考えてないちょこ
かわいこぶって手枕してぶりっこしてたり(むかつく)

程よい風
程よい陽差し
今の幸せをゆったり受け止めてるかのよう

そうね
今がよければ・・・・

写真撮りたい・・・
やめとく
みてるほうがここちいい

あの子、りょうちゃんのように
脳裏に刻みます
いっしょにすごした時期があって
いっしょにしあわせで
ううんいっぱいしあわせくれて
なんもできなかった

一緒にすごしてること
それで十分、「わたし」わしあわせ
その先がわたしにわわからない
この子の野生がわかんない
おとうさんわ去年8月に亡くなった
のんびりなモップ猫(お掃除に使ってた)
すこし似ててのんびりでいいんだぁみたいな

ちいさなしあわせのひとつひとつがしあわせで
極あたりまえで自然で・・・しかわからない

それって、いいな
すごいいいな

 2013_03_19

web拍手 by FC2



弱さに怖いのわ、
ほっとかれてしまったとき

あくまでも強く愛されてるかどうかが
そのことで安心する

つよいひとって思う
だからだいじょうぶ・・・って思ってしまう

強さを引き出すのわ強さだ


一切の淀みを越えた
あるひとりの自然児にかえる

あそこに行きたいんだ
・・・

夜の明ける前に
めざす

こころのままって
どんなかわすれちゃったから

 2013_03_19

web拍手 by FC2









夢・・・
時を重ねるほどに
現実をものくろに褪せさせてゆく

そのことがいちばんのよりどころであったとしても
架空に限りなく近づいてゆくものになんて言えばいいの

いつかしらこころに秘めることさえ
苦痛になってゆくとき・・・

わたしわ、うそつきって
「いつもいつだってずっと思ってるから」
そう言ったじゃない?

十数年経ったから
もういいの・・・
いいの?


その「いいの」わ、きっと
わたしを虚無にしてゆくだろう


愛されたことと自信とわ
いつも隣り合わせ

そこに感じる励ましがあるから
時わ流れ行く、でも
こころだけわ時を隔ててわいけない・・・











どんなに感じる風景をさがしもとめてもいけない
もとめててイメージしてるのわただの対比・・・
似通っててもニセモノ
まやかしわまやかし

・・・冷めたお散歩を
100mにも達しないうちにひきかえす

わたしの風景じゃない
ふたりの風景がわたしのいこいの場











計算ことばに飽きちゃった
早く戻りたい感じる世界え

必死なことばって
恋にだけ・・・あるような気がした









しらべにこころしずめよう
まるでやさしいまごころをささやかれたるかのように








 2013_03_18

web拍手 by FC2



あした、なかよしと温泉に
去年も一緒にいちにち過ごした

また行きたい
って

ちゃんと汽車のじかんまで勝手に決めて
行くしかないね

さいご・・・になるかもしれないね
きっといつかまたって思うけど



やっぱ、たのしんでこようって思う
いやならさそってくれないもんね





解散式があって
やっぱりなかよしなんだぁって思った

いてくれたから
だからやってこれた

ちゃんと伝えた













 2013_03_15

web拍手 by FC2



02  « 2013_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











励   み

励   み


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.