FC2ブログ











なぁんだ・・・
いつもおしゃべりなのに
やっぱ、じぶんに返った時

お仕事以外わ、いっぱいしゃべっちゃう
ほんとわ・・・なんて言っても信じないよね









子猫のチョコが甘ちゃんする
どうにかして引っ付いていたい!みたいな

いつまでこうしてられるかわからない
そのなかで、なんて貴重な瞬間だろ?

愛おしい
やさしさに素直なときが気持ちいい









なんか・・・
ひとり、だけこども

「こども」にあこがれてたの
まねっこみたいに
いつまでもこどもらしくありたい

そのとき、すっごく心地いいの
すこしく哀しみみたいのあってさみしいけど
どっかにだれかに本質をみやぶられてるような
たったの、そんな自分勝手な思い過ごし





 ღღ




この猫ちゃんといっつもいっしょにいたいな?
変なクロもすき

わんちゃんのれんげ
さくら・・・

あすわさいごの日
かかわりをいっぱいもってたい

こどもも4人そろって
ことばすくなにいるわたしをわかってほしい

ほんとわ、いつもそばにいたい





やさしい環境
白血病のちょこにいつもレバーをあげて
なんか、野生的なオオカミの洞窟

一番のオオカミわ無鉄砲で
で、。。。哀しみ深い

見守るということの美学に
安心させてくれる対象のいることに
ふがいなさと、安心と、
その対象を信じてるじぶんのしあわせ













ねぇ
こんなしあわせって
夢じゃったじゃない?

だから、さみしがらないで
よろこぼ?

わたしも、こんなにしてたかったな?

だったら、もっといい子だったかも
きっと















スポンサーサイト




 2012_08_13


web拍手 by FC2



07  « 2012_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.