FC2ブログ


ちょこ

Category: 日記 > 日記 2012  



子猫のチョコが調子わるいみたい。
あぁあ・・・むずかしいな。生きるのって。

溌剌としてるといい。
その子がしあわせって思ってるなら。

おしっこどこでもしていいよ。
うんち、おふとんにしてもいい。

でも、いてくれることがいちばんいい。





 2012_07_10


web拍手 by FC2





けさ、おひさで具合がわるい。
なにか怖いもの、ことがありそうな予感。

のりきれますように。



ちゃんと目の前のこと判断ができて、
おちつけますように。


おねがいです。




 2012_07_09


web拍手 by FC2







pianoのなかで時を過ごすの
ふぅんわりとしなやかに

あのこと、そのこと、
もう、脳裏に描かないで

でも、その旋律わ泣けという
いつまでもやさしいヒト


涙わ勇気にうつりゆき
哀しみわ一過とたしなめられ

こぼれそうな大粒を
そっとまぶたに戻そう

雨に消された慟哭よりも
・・・まだまし・・・

真実としてはずかしささえ遠のけ
ほんとのじぶんとして辱めを受けよう

ことばでわないことばの
伝わりくることばのやさしさ
















わたしのそばにきみがいてほしい
なにもかも失いかけてるそのときでさえ
きみを遠くみつめていよう


あまりのやさしすぎる別世界の中で
「力をちょうだい?」なんてつぶやり
みてるようでみてなかった目の前に
おっきく見開き
「やるんだ!やるしかない」
一歩でも前え前え・・・

きみのくれてる勇気
知らないよね?そんなこと
















なかよしが、
「自然を離れてわいけないですよね?・・・」

え?思わず振り向いた
にこっってしてる横顔にはずかしさがなかった

「ほんとに大切なもの・・・って?って」
「そうだね?ゼロのこころにしてくれるよね?」


なんだか、なかよしって思ってるだけって思ってた
でも、なにかもっと深い感情の行き来があるのを感じた













web拍手 by FC2




 2012_07_08


web拍手 by FC2




気づくとこころが荒れてた
そのことに気づくと哀しくなってた

『さみしい』
なんどもなんども言うだけで
なぜって言えなかった












たくさんの時間を
おひとのなかにいるから

どっか山んなかで
ぼーってしてたい












 2012_07_07


web拍手 by FC2





求めるからこそ偶然わ訪れ
嫌悪するからこそ不本意な結末を生み

夢の世界でいることができ
じぶん破壊にまでも因縁付けてしまうことも













負の思い巡りを打ち消し
係わりのややこしい糸をみないでいる

ふゎぁって
それでも時わ過ぎゆく

無理しなくっていいんよ
じぶんを追い詰めんでいいんよ













おちつける風景を
じぶんの風景を信じていよぉ

なぜことなるの?
それわ・・・そこにこころがあるからさ



どんなにうそぶいて好きになろうとしても
うそわうそ

じぶんのいけないことだって
ほんとわ嫌いになれないのよ

たとえば、だからこそ苦しみ涙するとしても
だからこそ、愛を感じるおっきな機会でもあるのだから












きっと、みててくれてる
愛に満ちたほほえみで

いつもほほえんでいよ?
いいじゃん、それにくらべれば
俗なんて・・・ちっぽけ









 2012_07_03


web拍手 by FC2



06  « 2012_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.