FC2ブログ




ひとり

こころ


なに?
わかるの?








って、じぶんなぐさめて、。


すぅーーーーーーーーーーーーーって
待ってる

このまま?これでいい。
って?



そうね
くだらない

そこで~なにかしら居心地よくしたいな
って、思うわがまま



きっと、元気
きっと

きっと

・・・



















会うことも
逢うことも

逢っても
ぜったい、すぅ

夢だから
いまでさえ






ずっと
好きで

でも、もう、二度と















ひとりわいや
そのこと
ずっとおいかけてった

やっぱひとり、いや
って、いっただけ






 2012_03_09


web拍手 by FC2



大好きな「アダージョ ト短調









きづくと
よこがおをみつめつづけてる



ずっと



「どした?」

「・・・」


「なに?ずっとニランデ」

「なんでいわん?」


「え?」

「『アイシテル』って・・・」


「いつもおもってるよ?」

「いわんとわからん!なにおこっとる?」


「おもいすぎていえないときがある」

「・・・^^」



ぼくの一度だけでも褒めた装いを
「見て?」みたいな

そんな子だった












web拍手 by FC2



 2012_03_08


web拍手 by FC2


今朝、お散歩しようとしたとき、デジカメのないことに気づいた。
わんちゃんのれんげをみつめてのお散歩。

こどもわ、サッカー。
だれもいない・・・。


いつもとちがう。



二日前からこころの状態が悪くて不安だった。
なので、おともだちに数人連絡したけど、
・・・なんにも言えなかった。

夕暮れになってやっと、家族がそろったけど、
このままにみんなにあって・・・くらい顔もいや。



いつも思ってわ言い続けてること、
おひとのひとこと・・・それでずいぶんなぁんもかもが
ちがった世界を模ようすよ。

ずっと、落ち込んでて、なぁんもかもが、
それとむずびついちゃって、
気が狂いそうなまでにエスカレートしちゃう。

吐き気でしゃがみこんでわ、悲しくなって。
歩く元気もなくってわんちゃんが心配そうにみつめる。

悟られないようにってまた歩き出す。
ごめんね、楽しくしてあげられないで。

うつむいてると楽。
息がしやすくて、なでるふりしてうつむいてみる。

わんちゃんってわかるのね?
ごまかしがきかない。見つめる目が泣いてた。



だれもそう。
わかってて、でも、どこかで、
じぶんだって、ちゃんと「苦しい」って言ってみたい。



もう、だめよ。
精一杯でだめなのわ、嫌われてるから。

すこし、あきらめそうになってる。
あす、本社に事情を伝えないと。


どうすればお気にめすか?って聞いてるのに
あなたわ、どうしたいんですか?だって

言えば、おっきな声でみんなに聞えるように
「あなたわ、むすかしく考えすぎ。余計にむすかしくしてる」

次年度、いてほしくないんだって感じた。
わたしも、いたくない。


一番のたいせつな時間がこれから始まる。
どうか、笑顔にさせて!
わすれて!たいせつな時を後悔させないで!

あすのことよりも、いま、戻ってこないという今、
ちゃんと安心させたいので気をしっかりもって?


知ってるよ?ほんとに誠心誠意してること。
そのままに、やっぱり進んでほしい。

じぶんえ

本年度、最後まで精一杯!
ね?

このままに・・・。










web拍手 by FC2









 2012_03_04


web拍手 by FC2






そばによりそえるおひとがいる
こんなわたしですって恥ずかしげもなく言える


。。。ひとつのしあわせね?





でも~
よぉ~くみわたせば、・・・いるもの




そんなことを眠れない夜の中で
ときどきにこっ^^ってしながら思ってた

ぜんぶがぜんぶいけないことばかりじゃない
みんな、人、そうなんだぁって涙してた

それわ、きっと、しあわせにちがいない










web拍手 by FC2





 2012_03_01


web拍手 by FC2



02  « 2012_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.