FC2ブログ






愛して愛されて
そのことがゆったりとさせる

でも、ときにその愛の類が
ごっそりとちがう次元のものもある

どの『愛』もおなじということでわなくて
感じる愛の波長が合うときにこそ

安息があるのかしら



愛を機軸におひとわ行動してる
言動もしかり

そんなふうに思いつめてると
憎しみや嫌悪をいつかしらわすれさってゆく


わたしにわ、どんなにつらいって思うことも
根底にその『愛』の発動があるんだぁって思うと
ただ、じぶんに謙虚であれって律する

なので
おひとをよからぬすがたにみることができなくなる


怖れおののいてしまうのわ、だから
じぶんを責めるというところに一方的に向かってしまう


勇気付けることのできる世界と
ただ、一直線上の白黒で白黒に判断を置く世界もある


おひとを寛大にみえるおひとと
一刀両断に断及することを信義とするおひと


たとえば、時間的、経過的わともあれ
結果がおなじゅうなら、
わたしわ、なごやかがいいな?

こころを圧することなく
おおらかにさせた本領の発議


どんなであっても
励まされてゆく洋楽の大陸のおひとの
やさしさにあこがれる

じぶんをさえ最高に認め
その延長線にまでおひとのこころを勇気付ける

そんなようすが
いまのわたしにわほしいことの一番なの
スポンサーサイト




 2012_01_29


web拍手 by FC2



12  « 2012_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.