そのときどきの愉快が薄くとおりすぎてゆき
ずっと先を急いでたり描いてたり

安定のあたりまえと
不安定のあたりまえと

不安定であるからこそみえてる情景もあるの
こころからその情景についておはなしすると
変な目でみられることが多いのわ
孤独にも似たおもいにさせてしまう











あとになってかみしめる温和なせかいと
あとになってよみがえることばたちを
かみしめかみしめて
ぼくたちわひとことの簡単をみのがしたことに
そのことばとともにもがきくるしむ

愛にみちあふれるとき
こどもになって思い描き
そのまんまを声にだしてはしゃげばよかった


それでさえもこころわときめき
胸をいたくするにちがいないのに


















スポンサーサイト

 2012_01_31

web拍手 by FC2





愛して愛されて
そのことがゆったりとさせる

でも、ときにその愛の類が
ごっそりとちがう次元のものもある

どの『愛』もおなじということでわなくて
感じる愛の波長が合うときにこそ

安息があるのかしら



愛を機軸におひとわ行動してる
言動もしかり

そんなふうに思いつめてると
憎しみや嫌悪をいつかしらわすれさってゆく


わたしにわ、どんなにつらいって思うことも
根底にその『愛』の発動があるんだぁって思うと
ただ、じぶんに謙虚であれって律する

なので
おひとをよからぬすがたにみることができなくなる


怖れおののいてしまうのわ、だから
じぶんを責めるというところに一方的に向かってしまう


勇気付けることのできる世界と
ただ、一直線上の白黒で白黒に判断を置く世界もある


おひとを寛大にみえるおひとと
一刀両断に断及することを信義とするおひと


たとえば、時間的、経過的わともあれ
結果がおなじゅうなら、
わたしわ、なごやかがいいな?

こころを圧することなく
おおらかにさせた本領の発議


どんなであっても
励まされてゆく洋楽の大陸のおひとの
やさしさにあこがれる

じぶんをさえ最高に認め
その延長線にまでおひとのこころを勇気付ける

そんなようすが
いまのわたしにわほしいことの一番なの

 2012_01_29

web拍手 by FC2





ねこちゃんの病気
肌地をあらわにして

でも、なんの差別もなく抵抗もなく
愛撫してるようすをみてて



愛のホントの姿みる
これが愛

わたしも
おなじようにする

あたりまえのように



ひとって生きるとき
こんなたったのことがあると安心ね

すごいなって思った























 2012_01_28

web拍手 by FC2



なんて恋に恵まれてるの
おひとにも恵まれて

ただ、お仕事わ、別
技術的な問題でなくて
・・・

単純なミスが重なってしまう
集中してチェックしてても

こころ、
不安症、鬱という壁

そのことがてきめんに出てて
じぶんのこころわままならないの


だれもがいらっしゃるところで
辱めをうけるのがこわくて
でも、結果がいつもおひとにしっかりきかれてたり

はずかしいよ^^
とっても


その一角に「不信」いだいてて
つっぱねるぼくのこころ
ばかだなぁ・・・

だれもにするように笑顔すればすむのに
ぜったいできないの
みてしまったから






なのに
やさしいおことばをほかの部所からいただく
チームからもはげまされて

こんなつまんないやつなの
卑下がもう、身についちゃったのね







わたしが護らなければならないことよりも
たとえば、だいじなの?

いつもじぶんに放つ戒め
・・・だめなの・・・

 2012_01_28

web拍手 by FC2




こどものように・・・
きれいで、あどけなくって
単純でさ

くすっ^^
そうありたいな

なんもいらんよぉ
だって、ほしいものって
やわらかなもの

めっちゃやわらかなの
なんでもないことなのにさ^^


うれしくって、
だまっちゃうの

あんまりうれしすぎて
なのに、ひとつぶふたつぶ
なぁんにもいえなくてなぁんにもいわない

いっぱいうれしいの
なのに、いっぱい

ほんとのところ
そこにいつもいるようなきがする

いっつも、おねがいしてたとこ



そのままをやさしいの
にこっ^^って


こんななのに~にこっ^^って
「いいよぉ?」
って






だいすきだよ!
って、いえないまま

いえない・・・
いわないでいたいから

いえない
いえない・・・

こころで思ってるだけじゃ~
つたわらない・・・^^




いいの
いっつも、そうだから
いっつも

いっそ、
まやかしのことばさえなくなってしまえばいいのに






はすかしくって
はすかしくって
・・・

でも~にげられない
泣けたらいのに・・・



だれもいなくなってから
泣くのって、、、あんまり

ぜんぶ脱ぎ捨て・・・
泣いてみたい



でも
それわ・・・きみと
いるとき、だけ





だから、そのときまで







 2012_01_26

web拍手 by FC2










今度、おうちに帰れば
弦に触れてみよう

なにかが見えてくるかもしれない
きっと・・・





南天ひいらぎ






 2012_01_25

web拍手 by FC2




そこにわ
正視してわいないけど
こちらを気にするまなこがある

平気でいようとする裏腹
おちょけでごまかしてみたり

隠しきれないもどかしさに
ふたたびわれにかえりて




P1180496.jpg




動悸がすごい。手がふるえて、息が手でもふさがらない。
。。。なのに、一歩おそとにでれば、
また・・・にこにこしてるのかい?

いいかげんに正直にしてなければ、
えんまさまにしかられるよ?














自然がいいよ
そのなかにいたい

どれだけいても
足りない




P1180500.jpg






だれかにほんとのこと話したい










 2012_01_24

web拍手 by FC2



テルの声を聴くだけでさかのぼってゆく
いまここにあるかのように












たくさんのさよなら
なのにひとこともさよならを言わないで

ほんとわ
幻だったのよ・・・




























 2012_01_23

web拍手 by FC2


この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 2012_01_22

web拍手 by FC2









週一回だけテレビを観るの。
「ナルト疾風伝」。

こころのなかの闇と闘うのじゃなくって、
闇のことをみとめてた。

闇にやさしくしてた。
闇わ、泣いてた。

消えるんじゃなくって、
「俺のなかに返れ、いっしょだ。
おまえがいたから俺でいられた」って。





正々堂々。
あこがれのことば。


おひとを朗らかにさせるじぶんがぼくのなかにいる。
臆病でおひとからのよりそいを遠ざけてしまうのに。





きょうわ冬。
好き。

もし?明日が秋なら、
きょうわ、嫌い。

明日が春だから、そしてすぐに夏だから、
冷たいこの冬が大好き。


明日わ、自然のなかのちっぽけなじぶんでいられる。
自然のささやきの舞うそのなかでもてあそばれる。

うずくまってても、だれの目もない。
しくしくしても、だれの目もない。

女々しく小花に手を添えたとしても、
だれも変に思わない。


じぶんのままに、おもうままに、
自然のまんまをうけいれるだろう。

やっと、ひと?としてのじぶん。
ううん、子猫ちゃんとしてスキップしてるだろう。









 2012_01_20

web拍手 by FC2



12  « 2012_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











hope


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.