FC2ブログ




初めて知った
もっこくに実がなるってこと

うれしい
自然からの贈り物






DSC03516.jpg






ほんの些細にさえ敏感になっちゃう
救いを求めてこころが欲するのね?



涙わ渇れたの
ううん、涙ってなんなの?

幼いころ父に字が書けないって
ボコボコ叩かれた時の水?

じぶんだけがじぶんに向けて流した
おひとにためじゃない

って、憶えた
だから、泣かない

だから、おひとの涙さえ信じてない
きっと、じぶんだけに向けてるって思うから








DSC03450_201911091352469ab.jpg






闘ってる様子を現したい
形振りかまわないで

きっと、そこに涙の化身があるもの
泣きたくっても泣かない



涙って、なに?





スポンサーサイト




 2019_11_09


web拍手 by FC2

順応

Category: 自然のなかで  



滋賀にわ、曽我神社があって、うちの先祖を祀ってる。
宇多源氏である家柄わ、父の誇りとするところ。

わたしに・・・さほどのことわない。
問題わ、今。




DSC03493.jpg







せせらぎがひたすら旋律を奏でるように
地の下にわはるに向けて活発に細胞を増やし続ける

原始の苔から始まる生き続けるひたすらがある
垣間見るスペースの中で生きるのだ

そこに付箋をはる必要もない
ひとつの流れにいちいち注釈わいるものか

おひとわ、そのさりげさに追従する
つかのまにしぜんとのかかわりを感じるから

裸って、じぶんに言えるときなのかもしれない











DSC03474.jpg







欲とわ
護るということ

であってほしい


ただの短い人生にどれほどの欲があっていいものだろう?
誰かを護る・・・
きっと、まわりのみんながそう


自我
ただの短い人生のなかで
どれほどじぶんを主張すればいいのだろ?

なんでもないことのように思えて


ひとつひとつをみつめるということ
そのなかで、開路あり
ゆっくりとね



焦燥 無理やり
強引 一点しぼり

ううん、焦ってわいけない
だって、大切なことを見逃してしまうもの

見失うものがじぶんにとって
よきもの あしきもの
そのどちらもみのがしてわイケナイ

不遇わ、しあわせに通じて
いっときの快楽わ、地獄に堕ちゆ



哀しみわ
いつか、ひと助く

苦しみわ
いつか、おひとの苦しみをやわらげ

涙わ
一滴も流れずも
おひとのなみだをみつめるだろう


そのおひと、だけのもの




涙を信じない
みつめているのわ
本心がなんなのか












DSC03485.jpg





つぎつぎに
感じることが実在する

こわい
だから黙り込む

しずかだわぁ
相槌しない
聞いてない

わたしに話しかけないで
なんもかもがどうでもいいこと










 2019_10_11


web拍手 by FC2



DSC03402.jpg








わたしのこころのおんなを受け付けてくれて落ち着く
おかまじゃない、ホモじゃない。
わたしわおとこ。

ただ、美しいものが好き。
肌のすべやかさ、艶やかさ、しぐさのろまんてっく。

なんか、おひとに汚く思われたくない。
でも、女性っぽいって思われることわなんともない。

ヒトとしてひととしているだけ。
こころが壊れてて、でも、まだ意識わはっきりしてる。

基線の度合いがその部門で常識に逸してるだけ。
じぶんをみとめて素直にしてあげたい。


そのことを了解しながらもかばってくれてること、
すっごくわかる。
それでも愛してるって言ってくれることに、
そのことばと気持ちをこの脳裏に刻み込もうとしてて、。








DSC03406.jpg








わたしのしたいこと、せめてじぶんの思うことのそのとおりを
そのとおりに言えることがわたしえの負担を少なくする。


「ぼくね・・・・」
「どした?」

「いつでもそれなりにきれいでいたいの」
「そうね~」

「ぼくね、お便所のたびに石鹸もってて洗ってる」
「洗ってるて?」

「指入れて中までできれいにしてるし、ティッシュできれいにふき取ってるの」
「え~わたしは、そんなことしたことないわ。」

「うん。いつでもきれいでいたい・・・だけ。」
「いいと思うよ~」












DSC03405.jpg







きれいな下着をつけたいし、それがメンズ、ユニ、レディ、どうでもいいの。
そのことでこころがしなやかでいられたり詩的であることできたり、
ことばとして、ほんとのこころのまんまのこころを発したいから。



激やせしてゆく身体。
こころって、怖いわぁ。
こころの状態をこうもはっきりとさせるのね?


こんなわたし、
なんのこだわりもなく言えてしまう・・・・。
よほどなことって思う。

でも、わたしわ、裸でいられてる。
なんにも飾らないそのまんま。
こころのまといなんてなんもない。
 












DSC_0670.jpg







男としての道理。
でも、そのことが、わたしを苦しめてわたしを堕とした。
理、でわ生きられないのよ。

わたしわ、もっと、やさしくってにこやかで自然をあいしてやまない子。
おひとわわたしがどうのこうの真理を訴えてもじぶんの世界で生きてゆく。

親として、云々。
子として云々。


父わ、泣きそうな顔で
「もうちょっとおってくれよ~」
それ、まるでわたしをみたわ。そっくり。

最後に父の別れ際、
「龍!おまえのことを護ったる!護ったるからの?」








DSC03318.jpg





行動、それの道だって知ってる。
だから苦しむの。思うようにしてわ生きられないもの。

ただ、、、、わたしわ、わたしの心、
「おんならしいとこ」をもう隠さない。
それがわたしだとするのなら。

だれもわたしを嫌悪しないと思う。
厳しすぎた。
なんてことないにこやかな女っぽいわたしでありさえしてれば。











DSC03312.jpg








「お誕生日おめでとう!」
「ありがとう」


「病気のこともあるけど、ぼくわ、こころをじぶんなりの女性にしたいって思うの」
「そうね~りゅうは、やさしい。そのままで思うようにしなさい?」

「きもくないの?」
「ううん。知ってる。」


下着が似合うすべやかな肌を保ちたい。
こころだって、かわいくいたい。

だれに見られたって逃げない。
わたしだもの。



そんなとこに、わたしのこころの迷いを慰めたいって、
すがるような思いです。
まず、生きなきゃ。

みんな、すべて了解の上・・・、ってわたしわしあわせ。
拓けゆく。
どんどんと。

2年1月わきっと、わたしに転機がくるの知ってる。
いつもそうだから。そのあとの9か月後。
それまでわ、じっとうずくまってる。

何があっても。



















DSC03322.jpg







「ぼくね、自然を判断の基準にしてるの」
「へ~」(B型なのでそっけない)

「夏わ、ぼくの生きてる時間、生きてるって実感できる季節なの」
「うん。そうだね~」

「もう、終わっちゃう。でも、いまこうしてることに感謝してる。
おまえに静かに愛されてるこことだって」
「わたしは、どんなだってりゅうのことを愛してる。一緒にいたいよ」
「・・・・・・・・・・・」




父、妻、子
妹、甥、姪

わたしわ暴れん坊の嫌われ者
次第にそのわけが解き放たれようとしてる

いつまでもわがままでいられる
なんの欲もない真実な行いをしてきた結果だって思う

これからわ、そのやさしさのなかで
しなやかに生きれたらいいな?

ただ、女性っぽくだけど^^
その女性っぽくあることにわたしの安らぎをみるわぁ

開路を見出すお誕生日です









20190514064701s (1)

















 2019_08_18


web拍手 by FC2

決意

Category: 自然のなかで  




一時間前にわ晴天で
その一時間後にわ雷雨のすさまじき

でも、雨ってやすらぎ
こころの状態をなぜてくれて

もっと降って?
わたしのこころをお外に向かわせないで






きっと夏を見せてあげたかった
も一度わたしの夏を見てほしかった










DSC02967.jpg







わたしから離れてゆくいくつものこころ
責められ続けてなをも鞭をうち

なんも言えないでいるわたしを
これでもかこれでもかって




こんなにちっぽけなわたしじゃない?
責めてもなんの意味もないよ

こうしてちっちゃくなってるのに
なんで?



ここわ、わたしの居場所でなくなってた
さみしさをはっきりと意識しなきゃいけない場所

こんなにも攻撃されれば
結末も考えちゃう


08.18にひぐらしを聴いた後で
わたしを終わらせようと覚悟した

ひそかに念じた
生きててもしかたない
愛されないのだから









DSC02979.jpg






「ぼくって、ずっとさみしいの。なんで?」

「そうやなぁ~あんたわいつもそうやって悲しいね?」



「おとなしくしてなさい」

「おとなしくする。こんなにもだれからも愛されないのいや。」



「あんたわ、じぶんをじぶんで苦しめてるのよ?」

「うん。わかってる。」



「いいひとなのに。・・・にくったらしくなるの」

「わかった。なんも言わないよ。だから、3か月だけ夢をみさせて?
ちゃんと、家族として。」












DSC02974.jpg






ひとつを失えば、次々に失ってゆく。
そのこと知ってる。
こころが悶え苦しみ孤立したじぶんを
どうしてやることもできなくなってしまう。

おっきな苦しみをもっと大きくおっかぶせる圧力。
どこをみつめればいいの?
どっちを向けばいいの?

孤立・・・。慣れてるつもりだった。
今、わたしの魂までも迷い子。

なつをどう救うのか。
それしかないって思った。
冗談みたいな覚悟。







DSC02993.jpg










雨わ風のないしずけさのなかで振り続ける
怖いくらいの静けさ

大自然のお答え
いま、感じる

流れに順じます
こころのゆきつくとき
そのときをみつめて



  





 2019_05_06


web拍手 by FC2





もう二度とあえないのなら
さいごにあったことをしぼりだそうとする
 
あえないことにさみしさなくて
愛のたりなさをふりかえる

切磋琢磨されおひとわ
はてしもなく変化する

ここでずっとたたずんでいていいですか?
そこ、行きたくないの

すっごいなぁって思う
みんなすごい

けど、
けど、
ぼ、ぼくわ、
自然のほんの瞬間とおはなしができた
信じてもらう気
ない

真実わいつでも永遠にいっこ
それでいいじゃない?

はやく自然のほんの一原子になりたい






7723711_org_20120229204046.jpg






すこしでものぞみをもって
もたあいたい・・・

自然ちゃんわなんも思ってくれない
どこまでも自然

そのつめたさのなかに愛をみいだす
どれが感性
そして励みにできる
それが純真

つまんない風景でも
その風景わじぶんを見つめる

ほんとのじぶんを
見られていきぐるしくなって
でも、だってじぶんだもん
じぶんであってきた
じぶんでしかない、これから

だって、一般常識なのわ自然だもん
きらわれてあたりまえ

もう~いいやっ!
うしなうものわない
ながれに沿うよ


もいちど、
だいすきなあったりきなつまんないと思える風景を前にしてにこ^^ってしたいな










P1170037.jpg








 2019_02_01


web拍手 by FC2



あなたわそこに
いた・・・

わたしのブログのはじまりとおなじときにはじまって
7年をとてもすてきに生きた

旅立ちなさい?
そして、復っておいで?





DSC01813.jpg






7年でおひとの細胞わ
その7年活動した細胞わ
すべて一新されるという・・・

変われる・・・のじゃなくって
変わるの
いいもの、事だけをのこして

そうでしょ?







DSC01822.jpg






教えて?
その、ながれのまんまを
そのこころもちを

ことりさんが
パクッてあなたをのみこむかもしれないのに
それでもへいきでうけとめることのできる理を

かなしいです
そんなことも、なんもわかれないことが
いかにも自然の申し子きどりしてて
なぁんもわかってないから

もっと尊大な理が知りたい
ううん、そのこころもち、こころがまえを教えて?

毎年毎年あなた、たちわ、
わたしに一瞬のさびだけをのこして
ふくみわらいでどっか行っちゃう

その勇気と覚悟と
ううん、その自然さがとてもはがゆい



おしえてなんてくれないよね?
ニンゲンになんて









DSC01840_20180910154141edd.jpg








わたしがかってに決めて
この何月何日にわあなたわいるわけがないって・・・
決めつけ焦点を定めた
なのに、そこにまだあなたわいる
うれしい、かなしい
どんんだけなみだすればいいんだろ?

夏が好き
夏が・・・きらい・・・
わたしのやさしいひとときをくれた
・・・夏、好き・・・
でも、さみしさを残すとこ、だいっきらい!
でも、好き・・・
好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き

好きです大好きです
わたしのあなたがいちねんのひとつです
それだけをたのしみに
生きてます
そんなつれないあなたを思って












DSC01830.jpg







あなたのお空わ蒼い
潔いすみきったお空
でもわたしのこころわ、闇・・・
あなたたちがいないことで
この沈黙なしずけさにどうすごせばいい?

悲しいです
わたしの夏、こんどやってきたら、
もっともっと、あなたたちのなかのなかの中のめっちゃなかのおくまで入って
絶対に満足してやる
ひとつなんだよぉって
いっしょだよぉって







DSC01846.jpg







さよなら
またね!

きっとね
きっとね
さよなら
大好き!























 2018_09_10


web拍手 by FC2


せせらぎだって
なびく・・・
ひまわりさんだって

なびけるっていいよなぁ
でも、とても自然

葛藤があるけどさ
うしろめたさみたいな

・・・やっぱ、できないわぁ
あたまわるいもん






DSC01691.jpg





そうね~
あたまわるいことや
おかおもぶさいくなことや

でも、そこが好き

深いわけがあるにちがいないもの
きっとあるのよ





 2018_08_10


web拍手 by FC2



やさしい先生でした。
「原因がなんなのか、断言できるのは、わたしだけです!」
「どう?ほら~顔が明るくなって安堵してる!」

MRIで、「脊髄のこの部分が「うつ」にしてる。」
「薬ばかりをのんだら、あなたは二階からとびおりちゃうよ。」


ほんとわ、おくすりさえもらえたらなんとかなるって思ってた。
なんとかしなきゃいけないし。

先生わ、そんなことなんも尋ねなかった。
すべておみとおし?
こころあたりを全て当てた。

いつもなら先生をたよってなみだする。
けど、なんだろ?「希望」(こいけさんじゃないけど)をぎゃくに感じた。
すごい先生だよ。

いろんなこころや身体の傷みのあるひとは、たずねてみるといいかも。
高知市の「青木脳神経外科医院」。









DSC00902.jpg





やさしいふるさとよ
わたしをたすけて

花でも火花わいや
やさしいやさしいときをすごしたい

どんなにくるしくても
こころのあるところにいたい

鞭うたれながら
じぶんの才能さえはっきできそうにもない環境わいや

つねにつねに圧をかける
そんなに逼迫するようすがあたりまえでいいのですか?
なぜ、そんなにもして有利な位置づけを確保するのですか?
だれかをやりだまに想定してやりくりする運営に疑問わもたないのですか?
なぜ、それわ、わたしの責任ですって本気で言えない人間になれるんですか?











DSC00893.jpg









苦しくて、動けば吐く。
しばらくそっと伏せてたとき、
「ぼくにわ、恋愛中の息子がいる。なんとしても不安にしてわいけない!」
じぶんだけのじぶんでなく、ただ、じぶんだって一個のにんげん。
くるしみだってあるさ。こころとからだわ密接。

一歩さえふみだせないのわ、なぜだ!
かんたんなことだろうが!!!

なんどもじぶんに言い聞かせる。
こころがないてばかり。わかってるのにただ苦しいって思うばかり。
なんとかしないと大変なことになる。

動けない。
一歩もふみだせない。
こわいんだ。
しんじることができないんだ。
異世界。その汚濁。










DSC00895.jpg








わたしの大好きな谷のうちのひとつを日曜日お散歩したの。
高校になって彼女がいて、そっちにばかり目をむけてる息子。

よくここにお散歩してたんだ。
めっちゃかわゆくてね。なんでこんなにもやさしい子なんだろ?って。

その夢のような想い出をさぐるのさ。
それだってしあわせ。

彼女からラブレターもらって、「彼女が手紙をくれたんだから・・・」
おい!!!付き合いだしたんだったら、だれがじゃない!おたがいさまだ!
もう!二度とそれを口にするな!

って、こころを鬼に。
きゃわいいのわ、「うん。わかった。」って言いやがった。












DSC00909.jpg


しあわせ。
めっちゃしあわせ。
自然わ、わたしをどう思ってくれてるんだろ?
もし、忌み嫌ってたらどうしよう?
わたしのすむとこがなくなってしまう。










 2017_09_27


web拍手 by FC2



おうちの前にあるせせらぎに咲く子
わたしたちがきたないことを知ってるかのように


DSC00061.jpg




ろまんてっくになれないの。
忙殺の「ぼう」わ心なくすって書くのね。

ただ、わたしに一生懸命なおひとがいる。
そのことで、なんとしてもクリアしなければならないの。
 
そんなものでしょ?
恩義って。(ふるぅ)

やるっきゃない戦いにグチわない。
できないものが、なんとしても不具合無くこなさなければならない。

それを辛いといえば辛い。
じぶんとしての結晶を光らすのかくすぼらすのか、
それわ、前をむいているのか横をむいているのかの差、でしかないよ。
 
ロマンわ、きっと、そのなかから芽生える。
一歩半歩の苦しみが、最大級の愛えの憧れを夢見させるの。

苦しいのってだれでもわかるよ。
ひとつひとつこなしてゆこうという哀しい姿がやがて愛の贈り物を賜るだろう。
ちゃんとみてるひとがいる。

けっしてむりなことじゃないし、むりっておもっちゃだめだ。
じぶん、じしんの闘い・・・。

ろまんてっくが訪れたら、まじで泣こう。
最大の感謝を伝えよう。
そのために、われを・・・捨てる。

応援してくれるひとたち、亡くなったみんな、
こころゆるした愛するひとたちの前にはずかしくないようなまえのめり。


母が、・・・
生きるため、子供の為に恥を捨てた。

お前にできるか?
もてる力の数倍のちからをもてるか?

不出来なじぶんをどこまで「普通」にできるか。
小さな世界さ。とんでもなく小さすぎ。

そこにいる愛してくれるものわ、「すぐれたもの」をもとめてない。
どれだけふんばれるか、だと思う。
「帰っておいで」って言う。
爆発できないものが帰れない。
なぁ~んのろまんてっくもないから。

ちゃんと、執着し、真摯であれば、
突破できる!





DSC00068.jpg






自然のなかにいたい。
あそこのお花わ、みれない。
きっと、咲く。咲いてる。

求めて止まない風景とかおりと、ほほをかすむ風の優しさよ。
わたしわ、そこを夢見る。
母のまわたにくるまれるかのような。
自然なたったとの動物として。

愛えのこだわりわ、わたしを孤独ににもしよう。
きっときっと、真実が判明する。

ひとつだけお願い。
わが愛するふるさとの大自然のさりげないちいさなものたちよ、
わたしに力くれ。
大自然よ、宇宙の倫理のなかでわたしをゆるしたもう。
わたしわ、いい。クリアできることを証させてくれ。

そうだね・・・「アバター」
自然にまっちしなければ破棄されるよね。
だったら、前を向く。それっきゃない。

 






 2017_05_13


web拍手 by FC2

素肌

Category: 自然のなかで  


さみしいときわ
きみおもいだし
 
いっときのことと
こらえる

それ、できないなら
もう、愛する資格さえないと

じぶんにいいきかせる
きつくきつく、これでもかこれでもかって


16265688_1813344338926442_598882618311063639_n.jpg




じぶんをかなしく見えたとき
そのことに負けそうになる

ちがうよ
けっして弱くない

ただ、ひとりぼっちわ・・・
つらい

ただ、
けっして下を向くな、うつむくな



それでも愛してくれるもののために
じぶんのなかで負けてわいけない











IMG_6419.jpg






『筋』だけをつよくじぶんに
そこが逃げ道

どんなに卑屈でも
筋が通っていればいい

・・・だれにもそれいじょうわ攻めてこれないから・・・
弱虫・・・・

うん・・・







IMG_6416.jpg






どんなでも
ずっとずっと愛してほしい

きっと、いつか・・・
最高のなみだをながさせてあげるから

きっと、、、











冬の冷たい雪わ、なににもましてあったかい。
ほら、山肌の輪郭がくっきり。
まるで裸。

だから、わたしも裸になりたい。


こずえのひとつひとつをみることできる。
その動きや思いうけとったよ。

ありがとう。







 2017_01_30


web拍手 by FC2



11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.