2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
ひととき

もしも、どんなことあっても
いつものように
「好き」っていってくれたら

ううん どんなことあっても

そこからひとつの勇気をもつだろう






P1250406.jpg






・・・くすっ^^
思うさ
なんににもまけないすがた
それわ、あけっぴろげ

すてきだね
きみ
大好きだよ

次第次第に
これまでよりもしだいにしだいに


きれい・・・
(だれにもいわれたことないから・・・)
 
 




っていいながら~~~
どっかいなくなっていないんだよなぁ~~~
いっつも




P1250404.jpg







しあわせだよ
きみがいる、それだけで

ただ、ちゃんといてくれよ
き・ま・ぐ・れ・さん~~~




あははははははっははあはははっははははっはははは







スポンサーサイト
乗り越えられる試練がやってくる


11568599_org.jpg





一生懸命のなかで
ある憩いのある時を想像する

じぶんだって不安
でもきっときみだって不安

この沈黙のなかで
それぞれのなかでもがいてゆく

すこしだけその憩いの時がここにあれば
きっと、もすこしはやく灯火をみいだせるのかもしれない

あえて・・・しないのわ
きっと、のりこえることができる
きっと、のりこえてみせる
そんなこころの微妙がそれぞれのこころのなかにあるから

きっと、18日
わたしわきみと勇気のぶつけ合いをすることだろう

そして、19日わ
きみとわたしわ勇気のひと

りか

natutubakiyume

12年近く使ってる名前
夏椿 夢

なつってみんな呼んでくれてたのに
いまでわふたりだけ

ううんさみしいんじゃないよ
なつかしいなぁって


みくわあいかわらず元気そう
りかえ


P1220644.jpg




とおい
でも、いつも想ってるから

(*゚・゚)えっ?
似た?臆病なとこ
(,_') コケッ


『来月楽しみにしてるから・・・』
て・・・いつよ?









そこにいるここにもいる


もしも
ぼくが一眼レフをもってお写真撮ったら
・・・きっとわたしえの魅力をだれもが半減させるだろう

ださいとこからにじみでること
そんなことっていっぱいあるよね?

こうしていられることのしあわせ
なんで?
そう思ってみると思い当たることばかり






P1220530.jpg





きみが「しあわせ見っけ競争」
って言った

それわ、今のしあわせを感じようということにほかならない





P1220525.jpg







お誕生日おめでとう
たいせつなひとえ








りかえ


ふりかえってみると、ひとりのときがあったよね。
りかがいてくれたらなぁ・・・って思ってたの。






切り替えにじかんがかかりすぎてて、りかに迷惑かけてる気がして。
もすこし。もすこしでこころを並べ替えることができる。

帰ったとき、すぅってむかえてよね?







P1220288.jpg


















こころに「灯り」として存在したい。
ひとことでまるで信じてくれるこころに応えたいから。

ときにちっちゃすぎるから、じぶんかってにひっこんじゃう。
それわ、りかもおんなじかもだけど。

でも、いつも思ってるから。








P1220289.jpg


















ずぅっと、いっしょだから。
またすぐに「希望」になってみせるから。

こころにわ、動かせようの無い、動きようの無い、
信じきるものがあってもいいよね?

・・・そのことが最もしあわせなことって思う。







P1220291.jpg


















おおざっぱのなかの繊細。
それわ、わたしにもふれるのがこわいくらい。

ほんとに確実なことしか言えない。
それが、わたしの礼儀。


きっと、きみの礼儀。











P1220284.jpg






さぁ!
また続けよう。

いくどもいくどもいっぱいなにかがあっても、
「ずぅっと」いっしょだから。






・~・~・~・~・~・~・りかえ
  なつから・~・~・~・~・



夢のなか あっちとこっち でも、こっこ












なんにもわかんないということ
それが夢
そのあとにも夢

がむしゃら?
思い込みだったら?
わかって、了ったあとわ?







P1220139.jpg








なに?
このわきでてくるもの
だれにもないしょのうめきとわ
これ、てなんもわかんないもの
それも・・・夢?

きっと、夢
夢にしてしまう
それって、うつくしくかたちづくられるものこと?
それが夢って言ってしまったあとでがっかり






P1220070.jpg













憶えてわいられてないことのはずかしさわ
そっと宝箱
その百倍のわけ
それだけがわたしのもの

もう肉片血肉にまでもとけこみ
もうそれが思い出とさえも知らない
だから時とともにひとわ変わるのね?








P1220165.jpg








み~っけ
変わんないもの
その夢たる夢
みんながいる
そこにみんながいる
わたしをだっいきらいなひとも
わたしを命と言ったひとも
みむきもしなかったおひとだって・・・
うぅ・・・
みんななかま・・・夢のなかま
みんながつくってくれた











P1220137.jpg











「どしたの?」
「ううん」

「こころ?」
「え?」







P1220150.jpg










みんな知ってる
感じるこのごろ
だからなに?
よかったぁ~
かっこつけなくていいもん

でも、ほんとで泣いたら
おしまいのときって気がする
だから、がんばる








P1220163.jpg















わ~いっ
やぁ~~~いっ
おまえのかぁさん、で・べ・そ~~~~

ぴょ-ん°゜°。。へ(;^^)/ すたこらさっさ










P1220161.jpg










あと、、、、たちなおるしかない
たのむね





ぼくも


いままでとちがってそのしずけさが苦痛じゃない
すこしさみしいだけ

ほんとわ・・・
って思ってもみないようすが好き


そこで元気だってことがいちばん
それだけでもいちばん







P1210301
posted by (C)なつ


あのころ

憶えてる?
ふと、もらったフォルダーに行ってみた。

似てるって思ったけど、まさかこんなに好きだとわ^^。
なついなって思って。どう?









すっごい寒波だけど、北海道わどう?
凍りついてるかい?

うん、ちょっと話してる感じを想いだしてた。
気楽に軽く^^そんな感じになりたくてね。









また、いろんな感想とかきつくとか言ってほしいな。
でも、むりしないでいいよ。
またいなくなるのわこまるからさぁ^^。

(・。・)ぷっ♪










もひとつのおめでとう


いっぱい消えた
いっぱいのもやもや

で?なにが?
hope
春先のような希望さ

なかよしわ
ずっとなかよし



きらわれても~
なかよし

???
どうかしてる・・・
あんまりもうれしいので
ぐちゃぐちゃわ、とんでけぇ~♪
みたいな・・・



わかるよね?
・・・ひとりじゃない
いっしょ



求心

いろんなお話がしたい
いっぱいつもりつもってて、なんも言えないかもだけど

・・・わたしわ・・・普通じゃない
みんなわ普通を受け入れて
わたしのことばわ届かない

けど、きみなら通じる
やっぱ、きみといたい

おーい!
おーい。・゚゚・(o_ _)/[壁]


もう、たったの真実だけでいい
なんも知ってるきみと
おだやかな時間を無言であってもいっしょにいたい

きみえ
9年のきみえ

                        なつ





にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ
にほんブログ村


            
時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示