FC2ブログ


 夏

Category: 日記 > 日記 2018  

ひとつひとつがいなくなってしまう
ひとつひとつの面影を追って
まっさおなお空をみてわ
ただただ哀しくなって

ほんのつかのまのわたしの世界
幻想?






DSC01751.jpg






追っても追っても追いつくことのできない夢・・・
さりげなさにこころがつまってしまう

もう二度とめぐりあわない時たち








スポンサーサイト

 2018_08_22

web拍手 by FC2



こんなふうな思いの時って
こんなふうな関係のことがやってくるのね?

そのこんなふうな思いとわ?
だめ・・・!もうだめ!どうにもならない!
って思い

悲観的にわそのようなおひとの事象がじぶんに飛び込んでくるものね?
だったら、逆わ?・・・・
気楽にしてると、気楽がやってくるのね?

ちいさいことなんだけど・・・
ちいさいことからなんだかこころのなかで騒ぐものあり






DSC_0288.jpg







どうしようもないことにぶちあたって
むかっ!
汗流しながらの修正
 
ふと、えぇやん?きっと、なんらかのほのめかしかも・・・
切っちゃお!

固くきんきんなもつれた鎖
これって頑なに戻らない

お気に入りの猫ちゃんでつないだら
あらぁ~
わくわく~るんるん~♪


そんなもんなんだぁ?
ひとの人生の流れだって!

 





 2018_08_16

web拍手 by FC2




しずかに遠のいてゆく
もう、真夏じゃない

わたしの夏よ
愛してる






DSC01677.jpg







この風にのりかおるやさしいなにか
ひぐらしさんがかすかにささやく
おっかけでにいにい蝉さんたちの
聞こうとして聞こえるのでわなく
感じるその音色

ただただ、夏の中にいるみんなに
ありがとう
かなしいけれど、またくる日まで
待ってる






 2018_08_04

web拍手 by FC2


わたしわ、10年以上村に在籍します。
先代の「風にのって」から。

恋愛詩でずっと。
そんなに上位にあることってなかったの。でも、気にならなかった。

注目記事にのることのほうがうれしかったの。
そんな村のようすが好き。

ただ、なぜかしら、ご訪問くださったらこちらから訪問させてもらう。
そこに村があればポチするじゃない?あたりまえで。
でも、けっしてぽちしないおひともいる。
わたし、なぜ?って疑問におもうことがいやなの。
だから、押してくれないおひとんとこ行かないの。疑問に思うことがいやだから。
清純な思いにけがれるから。

そう、してもらったことわ返す。
それわ、いいことでもそうでないことも。

いいかえれば、やられたらやり返す。
わたしの基本的な筋道です。
ひと、なら、そうじゃない?

ポイントが欲しくって、右往左往するのいや。
訪問したなら、真剣に記事を拝見する。
だって、たいせつな応援者さまだもの。
だから、多くの応援者さまを欲してない。だって読み切れないもん。

来てくださる方を大切にします。
すっごく不愉快だったので、風にのってにわごめんなさいだけど、
こんな頑固さをしたためさせていただきます。

どこまでもろまんてっくでいたいの。
けがらわしい思いをすこしでもじぶんに存在させたくない。
ごめんなさい。


 2018_07_30

web拍手 by FC2




ただただ愛に時間をゆだね
じぶんのすべてでたちむかってゆく

それわ、ひとりよがり?



DSC01548_201807230659028ed.jpg





それほどまでに
愛されてるの?






 2018_07_23

web拍手 by FC2

しぜん

Category: 日記 > 日記 2018  


ひさびさに帰ったふるさとわ
自然がそっぽむいてる

それにわ、そっぽむかれるひとだから
そのことにたりるから

わたしから逃げてく自然
それがなにを意味するの?







DSC01515.jpg







わたしわ、悪い子
でも、だからって変えられない

不器用なの
それが、きっとじぶんによくないかもしれないって解って、ても

たかが、
人生
みんなしんでくの
真実











DSC01504.jpg










あなたといっしょにみつめた風景があって
そのことそれを信じてるだけ
だってみえてるのがそれだけだとすれば?


あなたがどんなひとって
そんなのもういいの
わたしわ愛してる
わたしがどんなにか悪い子って
あなたが知っても
わたしわ変わらない

そっと愛し続けるの










DSC01511.jpg






わたしのちっちゃく幼稚なせかいにいやけがさす
みんなそう

わたしわ、ちっちゃく幼稚なせかいが、いごこちいいの
わたしそのもの・・・だから





見つめるせかいが、ほんのつまんないとき
最大にわたしのこころが安息なとき
そこにほんとのしあわせをみるの

あなたわ、そのことわかってくれますか?
それはなに?っていちいち聞きますか?

絶対に答えない

じぶんにわ、やっぱじぶんのせかいがあって
どっちに転ぶかわからない不安定を愛します

それが、ゆるされることなかった
わたしの’意思’

わたしわ、
ひとりになってでも、恋してる
それがわたしなの












DSC01523_20180602155322c82.jpg
















 2018_06_02

web拍手 by FC2



そう・・・わたしわいつでも恋をしてなきゃいけないひと
すっごくここちのいいとこでもないかも・・・
葛藤とジェラシー、なのに愛をそのかたちをたしなめてたり

ほんとの意味での「愛」について
そこでわたしわいつでもちゅうちょする
わたしの愛ってほんものなの?って







こぎだしたお舟
もう引き返せない

あとのことって
どんなにかこころを豊かにすることができるの?
いつまでも好きでいられますように・・・
そんなことをこころでつぶやくだけ

わたしの恋をやっぱり夢にしたいから
すてきな夢に・・・












 2018_05_21

web拍手 by FC2

Category: 日記 > 日記 2018  


1か月に一度更新▪▪▪
そんなことこれまで無かったことなのに

よほど乱れてるみたい
▪▪▪のがれられない



P1180690.jpg







pc、壊れて
こころ、も、壊れそうで

恋▪▪▪
しなかったほうがよかったのかしら











 2018_05_08

web拍手 by FC2

疑 問

Category: 日記 > 日記 2018  

やさしいうっすら新緑すかしの山々よ
あったかな新緑のかおりを含んだ風よ
目をつむると、時をきざむようなさらさらと流るせせらぎよ
冷たいと感じるその清流の水わみずからの不潔なとどこうりをながし
そのすべての大自然からのつつみこみを感じながら
わたしわ、しずかにつつまれゆく

かなしみも、苦悶も、不浄も、怒りも、屈辱さえも
ひとつぶだけをしめらせてわ去ってゆき去ってゆき
ひとつぶひとつぶに我きよめられんと



目をつむるそのひとみのおくのおくに
存在して消えないでいる風景
わたしのふるさと









あなたわ、どうしてわたしをきりはなしたのですか?
独りを病的にこわがってるわたしを
なぜに


その苦しみをはるか超えたころ
わたしわ、ただの野良犬になった
ううん、だれもにうらみも責めもしない
ただ、野良犬になったことがうれしいの


だれにもみられず
だれのまえにも空気のごとくにうすくながれゆく
歩むほはばもゆるくそのままのじぶんであるということに
ほくそえむ


なぜ?
なぜにあぶなくわたしを独りほっぽりだしたのですか?

わたしのさみしさわ、・・・
このさき、わたしをどうおためしですか?

ここにかえってくることができるのですか?
ここにいなければ、わたしわ・・・・






 2018_03_19

web拍手 by FC2

わたし

Category: 日記 2018  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 2018_03_16

web拍手 by FC2



10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

励   み


夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.