FC2ブログ



前の「風にのって」からずっと「恋愛詩」に所属してました。
不具合から心訴えた。

7カ月になろうとしてるときの今、
もう、いいかな?
以前のように恋の世界に入ってゆけるかな?

辛かった7カ月を心から抹消するにわ、あとすこしかかるかもしれないけど、
どんどん前向きになっていたい。

だから、恋愛詩に帰ります。
心の詩 にわ、ごめんなさいお世話になりました。

素敵な詩を活発になさっててわたしわ、目が覚めましたよ。
ありがとうございました。

スポンサーサイト




 2019_11_17


web拍手 by FC2




2カ月半ぶりにお友達に会って
2時まで深夜、お話してた

え?2時?







DSC03521.jpg







今日は、あ荒れてなくって よかった。
そうね~。

もう、荒れないさ。ふっきれたから。
よかった。




ほんとわ、まだ疑問符を残してるけど、
もう、追わない。


愛されて
分かったよ。

追ってわいけないものがあって、
追わなくってもいいものがあって。



よくも荒くれてるのに見つめてくれてた。
りゅうのこと、だいたいわかった。

かぁ。


もう大丈夫!
昨日のショーツ、不愉快に思ったかも。
わたし、ぎりぎり。


あとわぁ~昇るだけ。








 2019_11_09


web拍手 by FC2


にゃん!
こいつ~悟ってたなぁ???

なんでほっといたんだ?
すりよってくれればよかったのに


しょいこめないって言ってるのに
ほっとこぉ~かい?

今になって、笑っちゃう
悟ってただなんて

おかしいよね~





20190526005239_201911072100370cf.jpg







今に思えば
そうね~なんでもないことだったんだぁ?

こんどおうちに帰ったら
おもいっきしぎゅっって抱きしめすぎちゃお

クロ!
ほんとの名前わ、「こた」
なんだぁ?
次男がつけたみたい

ひいおじいちゃんわ、ごんたくれでボス
このひ孫わ、いくじない

でも~
なんだろ?もっとそれ以上なとこにいる

かみさま????
ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

かも・・・








 2019_11_07


web拍手 by FC2

正気

Category: 日記 > 日記 2019  



その訳のことを追わなくなって
次第に自分自身が見えだしてゆく

新たな詩の世界を見つけた
そこで本来のじぶんを掘り下げよう

囚われたこころに
安らぎと希望を湧現させよう



2年前のじぶんにたちかえることが
汚れからの脱却




 2019_11_04


web拍手 by FC2



さりげなく使ってたラップ
さりげなく使ってたミサンガの入れ物
壊したおかえし?
うるおい ハンドクリーム
・・・つぎつぎに出てくる

なんの躊躇なく捨てる
なんで?

そこに愛わ、なかったから
あった、のかもしれない
でも、こんなにも無茶苦茶にされて
恥ずかしい思いにさらされ
わたしに愛、なんて見いだせない

憎しみがわたしをもとに戻らせてゆく
それでいいの






DSC03470.jpg







なんの惜しげもなく
結末の良し悪し

それでも、わたしのあげたもの
もってるのかしら?

根のない愛に
どこまでいっても愛たるものなし
じぶん勝手に持ってるといい
けど、すっごく迷惑








DSC03489.jpg






まだ、痕跡がないか
探し尽くすつもり

大っ嫌い








DSC03482.jpg








 2019_10_07


web拍手 by FC2



次第にじぶんになってゆく
大自然がわたしんとこに戻ってくるのがよくわかる

間違いをおかしてた・・・
そんなにそっけに言わないで?

わかってるつもり、自然の生粋
ごめんなさい









P1180250.jpg











 2019_10_05


web拍手 by FC2

157

Category: 日記 > 日記 2019  




もういいだろう、って思ってやめるのだめみたい。
抑うつ剤って徐々に効くけど、やめると元に戻るって。

おしごとに集中できてるし、悪いことを想い出す回数が減った。
もすこしだわぁ。


逆ににくしみさえ覚えてて、それを抑えるのに大変。
きっと、平気になれる。

きっと、。

360-157=203
あと、203日頑張る。

絶対真っ白にしてみせる!



 2019_10_03


web拍手 by FC2


おひさで香川にひとりぼっち。
どこにも出ないつもり。
ここで、読書したり、新聞を丁寧に読んだり、
弾き語りしたり、アイロン掛けしたり、タモリのおさかな煮たり、
お庭の草抜きしたり、家庭菜園のまびきをしたりするの。

そう、葉大根がすっごく元気だわ。
パセリも芽をだした。

楽しみだわぁ。
こんどの連休に来てくれる。
その時にわ、すこしでも塩漬けできればいいな。

静か・・・・・・・・。
徐々に平穏なこころもちになってるのわかるわ。
先回の14~17日の連休で彼女が来てから変わった。
急にこころが穏やかになったもの。

「楽になった」
「そうなんだぁ。じゃぁ~また行かんといけんね?」
「うん^^来て?」





DSC03462.jpg






昨晩もおともだちが来てくれた。
お買い物をして鍋したの。
いろいろ指図がすごくてちゅかれちゃった。

でも、いろんなお話をして、さっぱりした口調になんもかも何でもなかったって思ったわ。
すごいのわ、いつ間にかお片付けまでしてた。
え?
靴までちゃんとそろえてあった。
エビはもってかえるね~って・・・^^。

あさ、ほんとなんもお片付けしなくてよかった。
すてきな人だと思った。






DSC03450.jpg





安定してゆくのが分かる。
ただ一点を見つめてるんじゃなくって、
もっと、ちがった世界もある。

くるしいこと見つめるよりも、
まだ、これからがあるの。

愛わ、散らばってる。
もう、その不可解わ追うのよすわ。

次第にちいさな存在になってゆく。
よくしてくれるおひとっていっぱいいるもの。

そこで生きよ?
このままに私なりにながされながら、受け入れながら、
そのつどかわいくふるまえたなら、なんも問題わないわ。

それができる私だもん。











 2019_09_29


web拍手 by FC2


「おまえは、とんでもない家柄の総領だ!
そのことを胸にして生きろ!」

父わ、そのことによって、歴史研究に生きた。
お金持ち底知れない。




ぼくわ、ぼろぼろの学生服で朝夕刊を450部配達する。
一円のお金も置いてかなかった。





だから、お金が嫌いだ。



父になって、こどもと親を実感する。
わたしの「血」わ、よくなかったみたい。

いつでも恋を追い求めることに費やす。
なごやかにろまんてっくな風景を求めてて、
お金に興味がない

その財産わ、妹一家に。
わたしわ、もっと、やさしいものが欲しかった。


























DSC03456.jpg








自然に。
自然にいられるとこ、時間と自然と。

そこで、ぼーって夢にいるの。
それがわたしをいやしゆく。

捨てrられた5か月間の苦しみわ、
汚点となったけど、想い出さない訓練をした。

きれいなものを見つめると、
いつっものじぶんになってる。



自然と共鳴するにわ、不純なこころがあってわならないから。






DSC03458.jpg









愛されてるんだもの
いいじゃない?

そのことをだいじにしよ?












DSC03460.jpg







何年も思ってくれるおひとがいて、
いま、ここでいたわるおひとがいて、
そのなかで生きようとおもうの。

このふたつが大きくわたしを
励まし、勇気づけ、前に進めてくれてる。

マイナスなこころもちを
もう、やめよう。

まだまだいっぱいある。
すてきなできごと。

そのために。








DSC03458.jpg




 2019_09_28


web拍手 by FC2

霧消

Category: 日記 > 日記 2019  

1+1=2

それ以外わ、だめ。
だから、やさしくできないのさ。





極限の辱めを受けたけど、
わたしわ、前を向くことできる。

たったのそれだけ、割り切ろうとする。
それが、恋の一端だとしても。

恋、・・・。
笑っちゃう。

わがままな一瞬。
じぶんのことだけ。



なんもかもじぶん。
結局じぶん。

そこにろまん、ある?
あとから気づいたけど、もっと早く気づけばよかった。



DSC03455.jpg





わたしがオンナなら、決しくちにしない。

もう、もとに戻らないです。
時間は、かかったけど、吹っ切れました。

エッチしてッて言ったらしてくれる?
もう、あわんわぁ~。
一回あおっかぁ?

愛がそこにないですよね。
まるでこども。


わたしわ?
わたしわどこ?

つまんない恋に出くわして、
恋じゃない、ごめん、であい。


おもいでがあって、
でも、本心がさいごにあらわる。

わたしわ、そう思うの。

次第に遠のく想い出。
これ、よくないわ。




わたしわ、
反面、きびしい局面の中で、
やさしさにくるまれてゆく。


意識をどうするか。
嫌われてる先を追わない。
へぼでしょ?
なのになりたくない。

ほんと、不幸でした。

後悔、だけ。







前に進む。
構築中。

それでいい。















 2019_09_24


web拍手 by FC2



10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.