FC2ブログ


1/人生

Category: 日記 > 日記 2019  


姫路につたう。
感謝にこの最後の一日を捧ぐ。




DSC02100.jpg





恋があなたにあって
あなたが恋にある

あなたわだれ?
こんなにも恋焦がれてあなたといたい

どのシーンにもあなたがやさしく
うれしいのになみだつたう
・・・わたしの姫路







DSC_0389.jpg







最後の日の今日、引っ越しの準備さえもできなくて。
すこしでもこのままに。

この今を感じていたい。
ずっとの流れのつづき。

胸がはちきれそう。
おしころすなみだのわがまま。

あなたとの一年をまだまだ感じていたいよ。
どうすればあなたにつたう?

きっと、きっとまたやってくる。
わたしの「魂のふるさと」!

きっと、苦しいときにわたしに現れてほしい。
違和感のこの時代のやるせないさみしさのそのときに。

なんどでも唱える。
「ありがとう。ありがとう。ありがとう。・・・・・・・・・・・・・・・」



あなたにふさわしくささやかせて?
「またね^^」












スポンサーサイト

 2019_03_29


web拍手 by FC2


素敵。
一年間みまもってくれた。ううん、一緒にあった。
姫路のやさしさよ。

揖保川。千種川。林田川。
ぼくわ、今、夢前川に包まれる。



あなたたちって、・・・やさしすぎた。
ちっぽけに迷いつづけてた。
偉大な堂々に我はずかしむ。

ずっと哀しむとおもうの。
でも、あなたたちを感じて、
ちっちゃいことにも真剣で真摯でいたい。
決してまちがってないもの。

寒いから?
誰もいない。
そんなことさえありがとう。

わたしわ、悪い子。
でも、生きるしかないの。



 2019_03_21


web拍手 by FC2




そんなになんもかもいいことばっかしじゃない
でもでも、
なのにそんなにいけないって思えない

ううん、いけないからこそ
なぜかしら・・・いい




リミットで助けられてたり・・・
さいこうなことよりもよかってたり
そんな気がするんだぁ


ちょっとしたよろこび
ほんのちっぽけで
よくよくみつめてないとのがしちゃいそうな

先んじてあせらなくっても
ゆったりとしたらえぇやん?

そんな気がするんだぁ






IMG_6476_20190228194421c3c.jpg






時わ流る
時を遅くしたりできること
時をめかくしできるということ

時っておひと?
おひとのようにきまぐれ?
よ・わ・い?

感情があって
時にあそぶ?

そんな気がするんだぁ

ないしょ!
あそばれてみたい
いいやん~

リミットって
じっくりとみつめるってこと
ダメージ覚悟

きっとじぶんって
そこが好き

くすっ^^;






 2019_02_28


web拍手 by FC2



はなれたこころわ
帰ろうとしない

たとい帰ったとしても
不信をかくせない

それって、
いつでも憎しみにかわってゆくの知ってる

 

 2019_02_26


web拍手 by FC2


柳生に行ってみたかった。
中学のころからの。
剣道人だから。


DSC_0106_20190128225049c1f.jpg





きれいなお庭にひかれて。
なつかしいたたずまいにおちつく。

自然から遠ざかって、
人造にひかれれるなんて。

ありえないわぁ。
でも、ひとだからこそおりなすものもあるのね。
そっぽむいてたのに。






DSC_0111_201901282307025f2.jpg





ひとこいしい。
だいっきらいなくrに。





DSC_0102.jpg
























 2019_01_28


web拍手 by FC2


お関り、ながいなぁ・・・。
きつく言われちゃった。

でも、うぅ~ん・・・「わかりました」って言える。



きついのに、全然きつく感じない。
なのに、「ありがとう」
ぁ、ううん、きつくないよぉ。
「生きろ!」かぁ・・・^^。

うれしいな。
言ってもらえて。


おひとのこと、聞いてみたくなった。
じぶんにとって、いいことでもそうでなくっても。



DSC02073.jpg





そこにわ、メールでわつながるおひとがリンクにある。
かなりなるけど、もう活動しないおひと。
でもね、つながってるさ。

そんな気がするんだ。
 

 2019_01_17


web拍手 by FC2

ひとり

Category: 日記 > 日記 2018  

s-DSC02138.jpg


ひとがいる。
そこにひととしてぼくがいて、
そしてひとりのぼくが、ひとりって
つぶやく。

だったらいいのに・・・。


ひとりでもいいや。
ううん、もういいや。

おさけのもっと。
じぶんを愛したい。

好きだから。
でも、それって、ほんとだと思う。

ぶさいくでたまんない。
でも、よくやってるよ。
すごいと思う。

だれにもわかってもらえない。
言葉って、いやね。


なんもかもうばってゆくもん。
それでもじぶんを好き?

なんもいらないひとだからね。
 

 2019_01_16


web拍手 by FC2




インナーに凝ってる。
「きれい」って言われたら、もっときれいに見せたい…って。

それが、美的にじぶんを占めてきて・・・はまっちゃてて。
こころにすっごく影響あって、、、いいものね~って思った。

みえてないところのおしゃれっていいね。
こころに〈どきどき〉があって。








DSC_0390.jpg






もっとよくみてもらいたい・・・。
それ、恋愛からの『贈り物』・・・でしょ?
きっとね。

すごいね。
ほめられるって。








 2018_12_01


web拍手 by FC2

 夏

Category: 日記 > 日記 2018  

ひとつひとつがいなくなってしまう
ひとつひとつの面影を追って
まっさおなお空をみてわ
ただただ哀しくなって

ほんのつかのまのわたしの世界
幻想?






DSC01751.jpg






追っても追っても追いつくことのできない夢・・・
さりげなさにこころがつまってしまう

もう二度とめぐりあわない時たち









 2018_08_22


web拍手 by FC2



こんなふうな思いの時って
こんなふうな関係のことがやってくるのね?

そのこんなふうな思いとわ?
だめ・・・!もうだめ!どうにもならない!
って思い

悲観的にわそのようなおひとの事象がじぶんに飛び込んでくるものね?
だったら、逆わ?・・・・
気楽にしてると、気楽がやってくるのね?

ちいさいことなんだけど・・・
ちいさいことからなんだかこころのなかで騒ぐものあり






DSC_0288.jpg







どうしようもないことにぶちあたって
むかっ!
汗流しながらの修正
 
ふと、えぇやん?きっと、なんらかのほのめかしかも・・・
切っちゃお!

固くきんきんなもつれた鎖
これって頑なに戻らない

お気に入りの猫ちゃんでつないだら
あらぁ~
わくわく~るんるん~♪


そんなもんなんだぁ?
ひとの人生の流れだって!

 





 2018_08_16


web拍手 by FC2



03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.