FC2ブログ



もう、どうでもいいの。
狂ってて、その狂いに肯定的なじぶんがいて、
どこまで人目も憚らず狂えるのかって・・・。
 
なんもわからなくて、おどおどしてるじぶんを感じて、
どうしたらいいのか分からないよ。
 
手が震えて止まらないの。
信じるものなんて、信じて当たり前って思ってるくらいで、
その信って、、、ほんとなの?信じていいの??
そこまで来てるわ。


まだ、8月18日のヒグラシさん聴きながらのいなくなり~わ、
変えてない。
そう、しょぼいねん。考えが、ちっちゃいときと変わってなくって、
しょぼいねん。

でも、そこが好き。




IMG_20190404_054934.jpg

(わたし自身です。ここのお写真わ、すべてわたしのもの。でも、権利の主張わしない。色気ないもの。だれのものって、そんなんどうでもいい。)




愛ならあるわ。
淫らな思いを払拭しさえすれば。
どこに愛を求めるの?
信じられない!なぁんもかも。
それ、、、酷でしょ?
 
どんなに考え、理解しようとしても理解のしようのないこと、
わたしわ、まのあたりにしたのよ?!

もう、傷ってことばで片づけたくもない。
事実。







DSC03192.jpg









どんだけじぶんを辱め、虐め、
屈辱させるか。
なのに、そんなこと、どうでもいいって思ってしまう。
ちいさい、こと・・・。

どんだけ苦しんだの?
ヒトっていっぱい勉強してきたさ。
でも、中国歴史にしかこんなやり場のないこころの動きを感じたことない。
残酷。
この手法わ、決して使ってわいけない。
だれにも。
こころ、って、もってきようで明るく拓けるもののはず。
わたしわ、そう思う。

酷い経験しちゃった。
わたしの安易な「いいですよ~」ってことばが、、、、
ここまでじぶんを苦しめるとわ、思ってもなかった。
 
悔しいです。
おもいっきし苦しいです。










DSC03184.jpg








風に香るテイカカヅラの純真なる。
あなたのようになりたい。
真理を内に秘め、自然に自然としたこころを持続する。

わたしわ、いっぱいなまちがいなひと。
でも、すこしだけ、じぶんの好きなとこがあるの。

大切にするこころ。
それだけ。













スポンサーサイト

 2019_06_17


web拍手 by FC2


奪われると、そのあといっぱい奪われるという気がしてしまう。
だから、だれともおはなしさえもしない。
だいじやね・・・じぶんだけじゃないとこさえも護るって。
憎悪わ、じぶんの業。ほかにだすものじゃないわ。
憎悪にさえも礼儀があるもの。
 
さんざんいわれたわぁ・・・。
傷ついたものえにこんなにもって。
たしかに・・・って思ってる。
 
因たるわ、わたしなんだもの。
職場がやさしい環境なので、救われてる。
でも、いつまでもへにゃへにゃできない。







DSC03107_20190613055841a4a.jpg






 
おんなのこころを持ったわたしわ、
でも、おとこ、 
ゆずれないとこにわ、どしてもゆずれない。
 
おんな・・・(?)
うん。
 
おとこのふりした。
それ、きついよなぁ~。
 
全然隠してないけど、
だって、隠すのがつまんない。
たかが、そんなこと。
 
 
だ・か・ら~自然がいるの。
自然のなかにいれば、受け入れられる。
じぶんだって案じるの、だめかいいよ~かって。
 

 
 





DSC03110_2019061306002273e.jpg








なんで、こころの動きを察するって、
できてるようでできてないんだろ?
 
酷ひどい42日間だったわ。
よく耐えたと思う。なつにわ、絶対にできない。
絶対何とかしてる。

 
でも、相手がちがってた。
こころ、・・・はき違えてる。
 
わたしわ、堂々としたい。
堂々とわ、相手を傷付けないことなり。
 
愛を優先させてそのことを突き切る。
そう思うの。 
 

 






DSC03094.jpg





 
 

 いま、まだ、たちなおってないけど、
すっごくおっきなことを。
残してくださった。
 
命さえも絶つほどに悩んだ。
自分のことを考えてるおひとを慕ってもしぼみゆくだけ。
 
わたし?
なんでも受け入れるA型。だれもしんじないA
型。
 
じぶん中心のひどい血液型にわならない。
ただ、その訳だけが知ることできさえすればいいのに。

 
なんも嫌がってるひとにつくかよ。
なおかつ、「嫌いでわかれるんじゃない」って
恋にきれいごと言うな。
恋って、全力投球で、打ち返されても礼をもってひいて行ける。

 
それ、だけわ、ゆるし、そのよゆうわ、
いちど愛したのなら、持つべき。
 
恋に一番非礼なのわ、「わたしわ、」






DSC03138.jpg








 2019_06_13


web拍手 by FC2

異世界∞

Category:  



DSC03101.jpg





どこまでも歩ける
どこまでも歩きたい
いつまでも
ずっと、

そこにいると
きれいになれるの




気が狂ってるの知ってる
だからなに?

こんな時に普通にしてるほうがおかしい
思いっきり狂うの

それで、すこしでも気が晴れるのなら





 2019_05_30


web拍手 by FC2



かえりたくなるの
ほんとのじぶん





DSC00579.jpg



DSC00577.jpg





ずっと、おなじ音色で時がながれ
風わ、同じ方向からだけながれて

こころが騒ぐ
そのおもき恒常の意味するものに

大自然の理に則り
自然に自然に・・・



逆らうじぶんのちっぽけを
威圧でないほほえみにて
さとらせるかのような・・・

さとらせる・・・?
そうだ、うけいれることができる







DSC00603.jpg








かえるじぶんなんてどこにもない
とっくにうばわれた

開拓したじすんがいる
まけて追いやられてはじきとばされて
からだにダメージをうけながらにも
こころに迷いと常識のあつりょくのはざまで
・・・やっと、あたたかさの年月によって
わたしがある

それわ、わたしでないかもしれないのに
わたしをしらないわたしが
ここに来たかったんだって・・・行き突く

あとわ、
どこに怨念と懺悔と狂気にぴりおどをうち
今が本来とした開拓した「じぶんえかえる」のか









DSC00573.jpg







やっとみつけたこころのよりどころととっぱらった真実
もう、けがれたくわない

そっとやさしくありのままになるがままに
うけいれるじぶんでなければならない



くるしみやつらさわいつでもやってくる
いつにでもそばにいてくれる

いてくれる?
だからしあわせなのだ
はかりしれないこうふんとともに感激させるのわじぶんしだい

しれた程度のじぶんにできるのか?
ぜんぶまやかしの狼の皮
つっぱり、化粧されたまるで迷い子








DSC00607.jpg




ただ、お散歩ができて
ひとことふたことしんじるひとにおはなしがしたいだけ

にこ^^ってしてもらいたい
いっしょにいてなにしてるのかなぁ?ってのぞきこみ
すごいなぁ・・・って言わずみてたいだけ

やんちゃなじぶんのいたずらが
いかにもこどもっぽくて
なのに、あったかすぎるまなざしがほしいだけ

のびのびといたずらができるよろこび
ゆるされるよろこび


そこに
自然のやさしすぎる旋律がほしい
感じる理だ

それがまさに「耐える」ちからであり、
また、「爆発」のえなじー





DSC00574.jpg





「おかぁちゃん!もうひとつやでぇ~」
「いぃや!おまえみたいなゴン太はゆるさん!」

じぶんわ、いま、じぶんにやいとする
「もっとやでぇ~!もっとせんとわからんから」


  


DSC00601.jpg










どうしても迷いがつきまとう
まだ命乞いでもしようとしてるのかしら

開拓したじぶんをどう表現する?
じぶんしだい。










 2017_08_06


web拍手 by FC2





P1170033.jpg







あんな強さなのかな?
わたしも、打たれても打たれても逃げられない・・・・・

打つものの弱さわ、じぶんに勝てない弱さ
ひとつひとつがわが身にふりかかりて







P1180499.jpg








どうにかその場わしのげる
じぶんわ、つおいから

じぶんの子、だったなら・・・
そうおもわざるをえない

じぶんのおかぁさんなら?
じぶんの兄弟だったなら?
じぶんのあ・い・す・る・・・ひとだったなら?

盾になり
しをもいとわない



・・・それも
打つものとおなじゅうなり

「どうにかして争いのない世にできないかのぉ~」
エロ仙人がナルトに託し
・・・

かなしくてかなしくて
いっそ、逃げてしまおうか







17342525_org.jpg









どこに逃げるんよ
どこに









7723711_org_20120229204046.jpg







ちいさくうずくまって
じっとこらえるの

はやくこの時がすぎてって
ぜったいにまたお空をぼーってできるって




そこわ、もう
じぶん、だけ、の・・・世界で
じぶんだけの

だれかのしあわせなきぶんをこわしてわいけない
それだけ














18722379_org.jpg







あの暴力で、おもいだしたことがいっぱい。
でも、
そこここにいっぱい。

なんでやろ?


こころのやすらぎを満たしてあげることわ、
一滴の、そのしずくわ、万倍億倍兆倍、
しあわせな世界を現出するだろう。
夕食の団欒を笑顔で包むだろう。


ひとはの一句が生きてゆくことよりも、地獄というとこにいってしまうことよりも、
もっともっと重くのしかかり、押しもなく引きも為せず、。


いつかしら、
わたしわだれ?









7951605_org.jpg








なんもいらんて。
なんも知らんでええし。
せやけど、しぃーんとしたしずけさわ、
そのどれをもクリアしなければならない。

そのしずけさの思いだけを夢見て、
また、・・・。


嫌わんかったらえぇんちゃうん?
なんか、そんな気がする。
ひとの理わ、わが理とぴったしかさなりえず。
おしつけない、いちゃもんつけない、ちっちゃいことやん



















いつかしぬ。











 2017_02_01


web拍手 by FC2




カメラを失くしたの。
そのショック、じぶんでも信じられないほどです。
たかが・・・かもしれない。買えばいい。

わたしが、どんなに物を大切にするか。
まず、買うということが浮かんでこない。
買ってしまえばわけないことなのにね。

すこし・・・でもお付き合いすると、一途なんだよね。
大事に大事にするの。
まるで、おかぁさんにいただいたものかのように。


すぅって消えちゃった。
彼が望んだのかな?
それでいいのなら、わたしも尊重するよ。

わたしとの十年足らずの日々を大切にしてほしい。
そして、わたしからすっごくな「ありがとう」。








P1230957.jpg











ただ、悲しいよ。正直言って。
ずっといっしょだったから。
いつもわたしと一緒だったね。
どこに行ってもどこにいても・・・。

「愛してた」・・・

 


 2016_10_05


web拍手 by FC2

初恋

Category:  


かたくなに閉ざすくちもと
ひときわの大粒

言えない
言ってわいけない

そのもどかしさゆえ

あなたわおとな・・・
おとなに恋する罪を知る






P1230142.jpg




好き、だけでわ
なんもまえにわ進めない

好きと恋と愛とわ
異次元なんだ
って、知らなかった

好き、そのことがなににも勝るって・・・
ばかね








P1230152.jpg





手の甲をさすり
さみしげなよこがおを・・・

いまになって
痛切、に感じてるって
ばかじゃない?

って、
だからこそ千年も万年もさえ
こころに刻まれゆく
たといそのことがなんも前に進まないうすらよまいごととて























































































好きだったんだ
無性に惹かれ狂い
小さな幼い「護り」に徹したつもりだったおもいちがい







P1230150.jpg








あなたわ
とわにわたしのあこがれ

ずっと

その残照たれ






 2016_04_19


web拍手 by FC2

おとうえ 断絶

Category:  


『あんまり無理しないでね』

見越してひかえめに?
すこし怖げに?

多い言葉に嫌悪するの知ってて?
核としてのことば結晶?



きっと、・・・
覚悟を察知した?
B型にそんな最高の気遣いまでされるほどの様子なのかい?

だからって
なにもかわんない

ううん
このいきつくとこのままならない「狼心」
貫く底辺なりの「やっき」



父わじぶんだけをみつめ暴力をふるい
なんも進展しない恨みを買った

わたしわ、じぶんを棄てる
尚進自捨為愛頼
即ちししても

狼の世界でわ
なにかをやったでわない
なにをすべきなのか
ししてさえなにをすべきなのか


















P1230099.jpg











し、わ
し、であれ
 
ずっと以前に棄てたもの
ただ、欲深にその場所みつめてた
それもわがまま・・・?

憎しみにさいなまれてる
それわ、弁解の世界でじぶんが勝手につくってるだけ
けど
そのことさえも無であったとしたときに
勝手に弄されたちっぽけな一瞬たちの行き場わ?










P1230123.jpg





じぶんかってなやつ
おまえ、、、、、、、、、、
だいっきらいだ

おとぉ











P1230090.jpg












ごめん
ご先祖さま







人王五十九代宇多源氏
佐々木、六角、京極、黒田、だからなに?
だからなに?

そこにたった生きようとしてる
たったのちっぽけを蔑ろにするほどに立派で誇らしく
~空優越をかんじなければならないなにかがあったのかい?

下だ
ばかじゃない?

家族を蔑ろにするやつに
しあわせわない

なにが血筋
ばかじゃない?

小、小にも程有り
エイッ! |。・)ノ‐⌒ο イシナゲ!!


ばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばか
おとうなんて
だいっきらい

ずっとずっときらい
で、
絶対にかかわってほしくない
どんなにご先祖様に恨まれようと
わたしわ、妻の下賤の血統になごみを感じ愛を感じ
そして、生きてる感触をあたえてくれたかわりに
しをもって、つくしたい

父よ!
もう、たちかえることわできない
覆水!
父を憎み、でも、それさえも棄て去ることを
わが身一身にして受ける

なぁんでもないことって思う
いっぱいのいっぱいのニンゲンらしい生き方のへんりんを
わたしわ生きさせてもらった

どうせじごくに生きるさだめと









 2016_04_06


web拍手 by FC2

ひとりあまえ

Category:  



ようやくやっと・・・
じぶんが見えるような気がする

そこにわ・・・
わたしの知ってるひと



ほんのひとりふたりが添えて
わたしわ、ずっとうずくまってて
でも、覚悟をさがしてるような一点の視線

ときどき、にこっって見上げて
精一杯のだいじょうぶをうったえて










ながれ
おしこめることを多くに

ただ、すぎゆく走馬灯に
そのひとつひとつに哀を感じて

なのにそのたくましさに
われわたじろぎあこがれ

いけないのわじぶんだけ
まわりがなんもすてきなのに
じぶんわなにやってんだろ?

だまりこんでみつめてるだけ
いっつも・・・









あなたわわたしの窓辺で鳴くあわれな白い鳥
冷たい雪や風の日わこころあたためる場所がない
震えていないでこの部屋でやすんでゆくがいい
わたしわあなたの大空うをうばうことなどできわしない



ちゃうよぉ
ちいさいお空であまちゃんしてたい

なぁんもむずかしいことのありえないすがすがしい風が吹く
止まったと時と気付いたときにそこに流れる甘い風

どっこもみてない
こっこだけ

きみえ








みけんのけわしさの奥のやさしさよ
どして責めない?

非社会的、非尋常
でも、ちっちゃいでしょ?
そこのとこでこそこそとたわむれるだけ



なにがあったの?
なにがそこまで



わたしわ動物のひとり
それだけ










くるしいです


だれだってくるしい



ちがうの
いま、このとき、
わたしがくるしいの



だから
だまるね

だれも
たったのいっぱいのなかで
たったのちょっとってかたづける


だから
だれにもあまえない
だれにもわけなんていわない

ひとりがすき




 2016_02_04


web拍手 by FC2

宝箱の結晶

Category:  

ぼくの大好きなおともだちが
すなおでやさしくて夢ふくらませてあったかで
きゃわいい~おはなしをした

なんだか・・・いっしょになって夢みたくなっちゃった
くすっ^^

えっとぉ・・・










いつも笑顔なかっぱつなおとこの子がいました
なんでも「いいよぉ~^^」っていう子でした
みんながきもちよくなってくれるのをうれしがってました

あんまりちっちゃいことにこだわることができない子なのかな?
それとも・・・



ある日、いっぱいちっちゃくなるおんなの子が泣いてました
おとこの子わ
「どうしたん?」
おんなの子わ
「・・・」

そしてある日、ほかのおとこの子たちからからかわれてました
おとこの子わ、まるでおかぁさんがいじめられてるようにみえてしまい
いたたまれませんでした

めのまえがなんもみえなくなって
おんなのこのまえでたちはだかりました

もう、・・・なによりもこのことだけしかみえてませんでした
ここ・・から引いたらもう、最低な子になると思い込んだ




気付いたら、だぁれもいませんでした
だぁれも
おんなの子もそしらぬそぶりでした

ひとり
ひ・と・り

「やけ」わいけないよ?
おとこの子わにこっってした



その後、半年のあいだ、、、
だぁれも口をきいてくれない
ひとり


おとこの子わ
いつかしら「これでよかったし、これでなければいけなかった」
ってこころにつぶやった






好きだった園芸のクラブで育ててた菊が
いっぱい入賞したの
いっぱいだよぉ~♪

教頭先生が
「りゅう」
「ううん?」
「さわってみぃ?」
「・・・」
「あったかいか?」
「うん」
「それはな、おまえがただしいからやぞ?」

菊を大切に育ててた、育てることことができたのわ
ひとりぼっちだったから
いつもおはなしをしたの
そしたら、おはなしが返ってきた
やさしいことばしかきこえてこなかった

ううんほんとのおはなし
おとこの子わふしぎな世界を実感した
ふしぎでわなかったのかも

おとこの子わ
もいちど苦しんでもいいからおはなしができればなぁ
なんて思った

けど、二度と菊とのおはなしわなかった
おとこの子わ
でも、いっつも語りかけるの思ったことをささやくように
・・・「自然」を愛し始めた瞬間だよ




なんもわるいことがわるいことじゃないよ
どっちにころんでも
いい方向にかえることができるのわじぶんだし
その基本わ「やさしさ」でいいんだよ?
ほんとに思い込んだやさしさでいいんだよ?

きっと、どんなでも、
きっと、愛されるよ

その愛で生きることできるよ?




って、
そのおとこの子
また、らららぁ~って大手を振ってどまんなかの歩道を
にこやかに歩いてるよ


いっつもいっつも
どんなことにでも
「いいよぉ~」って言ってる子に返ってるよ

たったの愛されてるという閃光の希望にささえられて
たったのそれだけの人生だったとしても






おともだちのかわゆさにくらべればけったい
けど、こんなちっぽけなおはなし、すきだな

ありがとう








 2016_01_13


web拍手 by FC2



05  « 2019_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時   計

プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)







励   み



励   み

夢花となつ





いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR

お便り

お名前:
HP :
件名:
おきてがみ:




PAGE
TOP.