2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
夢・・・ひととしてありたい







こわれそう。
無情な世界で、ただ仕事ばかり。

国から23:00・25:00の強制しないけど、これやって明日までにみたいな。
ひと?そんな感情じみたものなんて無いよ。

ろまんてっくなんてないよ。




DSC00129.jpg






おうちでわ、わたしを待ってるわんちゃん、ねこちゃん。
大自然のあたたかさよ。あなたにつつまれたい。

家族のなんでもない風景。
それわ、なんのけがれもない風景

なんでこうなんやろ・・・。
スポンサーサイト
アバター

おうちの前にあるせせらぎに咲く子
わたしたちがきたないことを知ってるかのように


DSC00061.jpg




ろまんてっくになれないの。
忙殺の「ぼう」わ心なくすって書くのね。

ただ、わたしに一生懸命なおひとがいる。
そのことで、なんとしてもクリアしなければならないの。
 
そんなものでしょ?
恩義って。(ふるぅ)

やるっきゃない戦いにグチわない。
できないものが、なんとしても不具合無くこなさなければならない。

それを辛いといえば辛い。
じぶんとしての結晶を光らすのかくすぼらすのか、
それわ、前をむいているのか横をむいているのかの差、でしかないよ。
 
ロマンわ、きっと、そのなかから芽生える。
一歩半歩の苦しみが、最大級の愛えの憧れを夢見させるの。

苦しいのってだれでもわかるよ。
ひとつひとつこなしてゆこうという哀しい姿がやがて愛の贈り物を賜るだろう。
ちゃんとみてるひとがいる。

けっしてむりなことじゃないし、むりっておもっちゃだめだ。
じぶん、じしんの闘い・・・。

ろまんてっくが訪れたら、まじで泣こう。
最大の感謝を伝えよう。
そのために、われを・・・捨てる。

応援してくれるひとたち、亡くなったみんな、
こころゆるした愛するひとたちの前にはずかしくないようなまえのめり。


母が、・・・
生きるため、子供の為に恥を捨てた。

お前にできるか?
もてる力の数倍のちからをもてるか?

不出来なじぶんをどこまで「普通」にできるか。
小さな世界さ。とんでもなく小さすぎ。

そこにいる愛してくれるものわ、「すぐれたもの」をもとめてない。
どれだけふんばれるか、だと思う。
「帰っておいで」って言う。
爆発できないものが帰れない。
なぁ~んのろまんてっくもないから。

ちゃんと、執着し、真摯であれば、
突破できる!





DSC00068.jpg






自然のなかにいたい。
あそこのお花わ、みれない。
きっと、咲く。咲いてる。

求めて止まない風景とかおりと、ほほをかすむ風の優しさよ。
わたしわ、そこを夢見る。
母のまわたにくるまれるかのような。
自然なたったとの動物として。

愛えのこだわりわ、わたしを孤独ににもしよう。
きっときっと、真実が判明する。

ひとつだけお願い。
わが愛するふるさとの大自然のさりげないちいさなものたちよ、
わたしに力くれ。
大自然よ、宇宙の倫理のなかでわたしをゆるしたもう。
わたしわ、いい。クリアできることを証させてくれ。

そうだね・・・「アバター」
自然にまっちしなければ破棄されるよね。
だったら、前を向く。それっきゃない。

 





その世界であそんでた

ひとことのさなかの語り合いわ
そのことばとしてのありかが日々のせっするなかにあり

そのことがひとつの安心であって
ひとことひとことに慈しむ

なんも話せないぼくわ
それでもたのしげにするようすにちっさなしあわせをみて




そのときをそのときをいきてるさらっとしたようすに
せんぼうをもつ








P1020095.jpg






気持ちだけわ正当で態度がぶっきらぼー
ふつうだとすてられる

すてられないひやひやなぎりぎり
すてられればしぬだけ

そこのぎりぎりとわ

詩的わ深くこころにたどりつくことができて
けっしてみはなされることわない

きっと、そこに「まごころ」があって
ひょんにみえかくれする

善かいしゃくわ
それが愛
どこまでもどこまでも

たかまってゆくのわ
やさしいひとときをもってやりたい

そんなくだらないことが・・・
そんなやすっぽいことで愛がつなぎとめられるのか?






IMG_6556.jpg






愛えのあこがれ
愛えの飢え
愛のありかたとわ

ひとつの愛にいながらに
まだ深めようとしている

こうしてやりたい
こんなきもちでいさせてやりたい
態度とわ真逆なこころのもようよ

それも愛
たくさんの愛風景が過ぎて

なぁんだみっともないじぶんを
強く愛してくれくれるひとの世界に
詩的にあまえてる夢をみてただけ

ゆるしてくれる大掌にころころと



なんとかして
その恩をかえしたい








P1020097.jpg









その陰の陰
すてきな学校に行けたこどもが
うまくいってるよって、それだけに
ぼくわ、生きてる気がする

そっと、あたりまえにすごせればいいな

かなしいこともいい
ただ、できれば、
いっぱいの家庭のようにしてやりたい

かなしさとわ
強さ

追憶のピリオド




終わってしまえばなにかが始まるのかしら?
いつだって、その始まりがあるって思ってて。

それって、まるでエスケープじゃない・・・・?
ただの逃げ先えのたよりない希望にすぎないとしたら。


知ってることって、いまのことだけ。
法理わ、きっとある。
その前に、大切なのわ、この知ってる世界であがきもがきながら、
きっちりとすませることなのかも。


もっと、ずっと向こうからこちらが見えるとこから。
じぶんさえもからとおいとこから。



《白い花》






愛におぼれた
わたしの奥底をくすぐり、ありあまる感情の交錯
それわ、たしかに浪漫で域を超越したこころのありかとその先

いのちをかけた・・・
とてもすてきな情景でなんら悔いわなく








《花枕》








まるで全てをみこしたかくごの背中の線の哀しき
こする甲のしずかななげきよ



同じ風景のさきにみえるものわ
あなたとぼくでちがってたって

いまわ、わかるあなたの思いの先も




IMG_6556.jpg







終わってしまえば何かがはじまるのかしら?
その『終わり』じぶんの終わりで終わり

だから、ふたりだけのもの













はすきーなこころ


もしも?
うらぎる情景があったなら
わたし、しにます











野生に生きて
それが・・・おんな
 
とても
どれもが、夢のよう
 
 
その、ためなら
地獄みてでも
たったのその「おんな」を護りたいって思ってしまう

否、そのまえに
うらぎりたくない

うらぎるようなおとこにわなりたくない
どんなことよりも、それ、、、、だけわ
 




















・~・~・~・~・~・~・~・~・










つたわってくるものがもしもぼろぼろ
そこに「つきつめたこころ」みてしまったとき
そこに身をほろぼしたいと思ってしまう

愛に背信してわ生きられない




なつ?
よく言うよ

・・・
わかってる
 



ただ、
ぼくもしんじつをみさだめたかった
愛わあそびじゃない

ただ、
その片鱗をくぐりぬけなければ
・・・かくにんできないよ
 
それを罪というのならそう
いつまでもいつまでも
自責するのわだから

あとわ、
恥をしのいで
いのち・・・いのちかけるしかないよ

その「いのち」
清き結果をひろげることできればいいね?



ひとのこころわ
たちなおらせることできる

きっと
そのとき、きっと、じぶんわ地獄みる
それ、かくごのうえだったんだもの

若さや、未熟ってにげられない
「事実」として
われ、堕ちまみれようと
われに因としままにまかせます
 
愛にたいしてなら
ちゃんとしねたい
 







どこにむけてなみだする?


この曲に似てる
きみえの存在

しっかりとみつめることのできるとき
この曲がある











きみわ、ずっと、
ぼくたちの内にあそぶ



いつだって
じぶんかって

それでいい
きみがしあわせに感じるのなら










IMG_6517.jpg






すぅって・・・消えた

ほほえみだけをのこして



それでよかったのかい?
きみがよければ、ぼくわ、なんも考えない

しあわせに感じてくれてたのか
ただ、それだけ




なんもなんも
もう、どうでもいいこと

生まれ来るって
・・・







戦場を前にしたとき
わたしというか弱いやつ。
わたしという絶する強いやつ。
 
無茶すぎる無法者。
悪者になってもやさしいやつ。


どう活かすつもり?




IMG_6501.jpg





やさしさにわ、必ず応える。
理不尽にわいのちをかける。

いま、やさしさをみつめてることで精一杯。
こんなにもたくさんあるんだもん。






IMG_6495.jpg






たとえば、ぐしゃぐしゃになっても、
そこにきっと、とてつもない「慈愛」があるだろう。

だから?
うん。怖がってわいけないんだ。
その時のじぶんのすがたが大切なんじゃない?
きっと、そう。









IMG_6523.jpg





苦しみがおおすぎるよ~。
なんでもかんでもが不安だよ~。

こわくてこわくてみうごきとれないよ~。
不安、だよ。






もしも、
もしも、もしも、
わたしのためにみんなが不幸に、めいわくになったら・・・。

そんなんばっかりで、じぶんがなんなのかさえ忘れかけてて、
ううん、忘れてる。

そんな不安な実像、それこそが迷惑・・・。



生きてさえいれば。
いつまでも、じぶんとしていることが。

堂々としてることが。
うちかってゆけるという果敢さが。
どんな悲観をも打ち砕く。

どんなだって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛してくれるのだから。
信じていたい。
どこまでもどこまでも信じていたい。
どんな醜態であっても、弁解も修正もしないで無口でも、、、、じぶんを堂々としてさえいれば、
真実がきっと応えてくれる。
いつか・・・。
 

 






きっと、小さなことにちがいない。
それよりも、そこにこころがそんざいしてるということだけわ忘れまい。
どんなに醜態でも、信じてくれる。
どんなに苦しくても、生きてる限りそれわ修復されるだろう。

もっと、おおらかであってもいいんだ。
そのほうがいい・・・。











『流れる涙を 時代の風にのせて』


たったの礼(儀)
そのことにも力尽くしで

それが礼



17202787_1655213554774660_7345057878464034133_n.jpg




えみちゃんにわ、「友情愛」「イモウト愛」を込めて贈ったよ。
この贈り物のミサンガにわ、「愛」わない。「礼」だけ。

でもね、鳥取から単身でいてこころにわ空っ風でしょ?
そんなとき、たとえ「礼」だとしてもうれしかったの。だから。

その、編むって時のことだけど、時間的にひとつを編み上げるのに4時間足らずの時間が必要です。
どれだけうれしかったか、どれだけの感謝だったことか、わかってもらえるかな?

ただの「礼節」「ギリチョコ」。
でもね、じぶんわ、やっぱりみのがさない。
じぶんのこころの状態や環境をいろいろめぐらさせば、「そんなことくらい」もみのがさないよ。


ただ、迷惑なことってあるかもね?
だから、ありのままに「感謝です」って言える。
(それでも、ゴミ箱にすてられてもいい)
(おしつけにみられてもいい。だって真実わ、ここにあるから)

誠実にだけ生きていたい。真の愛に包まれてる限り。


ミサンガでいっぱい学んだ。
・じっくりと向かい合え。
・だめなことなんてないよ。もいちどやりなおそう!
・なんでもないこと、でも、すこしの手加減や順番の工夫があらたな道を示してくれるよ。
・「本気」でなければ、絶対に最後まで達しないよ。
・今、「けがれなき」ひとときをすごしてる。これを活かそうね?
・・・・喜んでくれてる笑顔を想いうかべるのってすてきだね?
・また、かなしいときにわ、こうしてたい。前向きに考えてゆけるから。
・・・










孤独の為すしわざなら
このまえむきをほったらかしにしないで?

『愛で涙乾かして』
やっぱりまえのめりで進むだけ
前え前え・・・

そこに
そこに、ひとつだけめざすものがあって
それが、たしかにきみだったなら、
すべて、すべて、すべて、すべて、すべて、、、、
しあわせにつなげよう

「ありがとう」って












ひとり。
喧嘩できないひとり。

わたしに喧嘩するともだちわいない。



時   計
プロフィール

夏 夢  (なつゆめ)

Author:夏 夢  (なつゆめ)


ごめんね。


 

ぼくの
好きな花
『夏椿』



わたしの
好きなことば
『夢』











カテゴリ
こころのそば
エール
hope

最新記事
夢花となつ




いつだってさ
もう、つくりわらいわきみにだけ
いちばんたいせつなものの前にだけ
いちばんたいせつなことって
そのこと
いつ?
とても勇気がいる
わざっと明るくしてるようにみえること
それがいやなんだ

もう、そこにしか憩いわない・・・
そこからきっとあらたな物語がはじまる
そこから・・・






いつかしら
しずかなことがいやでなくなってて
かたわらがいやでなくなってて


ひとしれずぼーってしてたり
うつむいてたり
でも、哀しいからじゃない
なにもないことがうれしいの






恋夢にいつかしら遠ざかってゆく
強い愛にひきつけられながら

その愛わかけがえのないものとなって
わたしを薄くしてゆく


恋にいのちかけたつもりだった
愛わひとに言えない哀しささえともない






もしも?なみだ、そこにあれば
わたしがそこにいよう

いっしょにいてあげるだけ
わたしだってそう望むから
なみだにわ涙じゃなくって
沈黙がほしいから

そのとき、
風が吹いてて
おひぃさまがあたってて
お花がこっちだけ向いてて
わすれたころに気づかないほどの
いきものたちの声をきくだろう







笑顔できるのわあなたのおかげ
かなしめるのもあなたのおかげ
たちむかえるのわあなたのおかげ

あたりまえとしてしまったとき
恋の収束わはじまりゆく

はずかしがらないで
ありがとうって言えるじぶんになりたい




事実として
もう還ってわこないということ

それでも一歩まえにふみだすことさえ
「裏切り」にさえ感じてしまう
ただの不器用なだけなのかも

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示